大寒

昨日20日は大寒…1年のうちで一番寒い時期になりました。

明日は大雪snowsnowという天気予報もでていますbearing

このところ茶々丸は毎朝、エアコンの風の通り道に陣取っていますspa

20180120_091205

  おはよーっすsign01   なんか、いい感じだよッnote

今までの小物入れは小さくて、いまひとつ使い勝手が良くなかったのですが、使わなくなったババの小箪笥を持ってきて、周りに散らかっていたガラクタをすべて突っ込んだら随分すっきりしました。

20180120_093458

おかげで、お坊ちゃまはエアコンの温かい風spaの吹き溜まりにもスッポリ収まることができ、御満足のようですsmile

昼間は一頃のような寒さもなく、茶々丸は時々庭で日光浴sunを楽しんでいました。

20180121_151604

                         本当に明日は雪?

20180121_114028

近所の公園のロウバイも花咲き始め、良い匂いを放っています。

カネゴン家のロウバイも少しですが花が咲き、仏壇の小さな花瓶に供えることができました。

今のところ、全く雪の気配は感じませんが、「心配だから」とおじちゃんは、カーポートに支柱を付け、物置からスコップも出して、万全の体制で臨んでいますgood

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

コタツ

この週末は寒波がやってきて、とても寒かったですbearing

ファンヒーターやらエアコンやらを使っても、足元が冷えて冷えて仕方ありませんdown

隣の部屋には、ジジババが使っていたコタツがあるんだけど…spa

20180114_161516

リビングには似合わない物ですが、寒さには勝てず、とうとう持ち込んでしまいましたcoldsweats01

最初は反対をしていたおじちゃんも、テーブルが大きくなったので自分の携帯充電用電源を備えつけちゃっていますsmile

20180114_101443

                      オレ様もうれしいnote

コタツは快適なんだけど、いったん入ってしまうと出たくなくなり、スゴ~く物ぐさになっちゃうのよね~bleah

お義母さんの病棟で数人がインフルに罹り、面会はできるものの、お義母さんを病棟の外へ連れ出す事ができませんdanger

ババの病棟は今の所、異常ありませんが、職場でもかなりインフルの患者さんがやってきています。

しばらくは皆さま気をつけましょうsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

京都初詣

この連休、叔母の一周忌で京都へ行ってきましたbullettrain

今回はババが施設に居るし、「一周忌は自宅で行い、平服でどうぞ」という事なので、気楽に出かけられます。

おじちゃんは茶々丸catとお留守番smile

せっかくなので、京都駅前のビジネスホテルに泊まることにして、前日に伏見稲荷大社へ行ってみることにしました。

外国人がたくさんの、かなりの混雑を覚悟して行ったのですが…

20180106_133054

…やはり大勢賑わっていますcoldsweats01

でも、お正月も終わったせいか、お参りするのに、それほど並ばずに済みました。

時々着物を着た若い女性も見かけられ、ちょっと遅れた初詣という感じです。

あの騒々しい国の方々は、たまに見かける程度で、「雰囲気ぶち壊し」という事もなくホッとしました。

いつもはチャッチャと形だけのお参りしかしないのですが、さすがに今回は「カネゴン家の平穏無事」をしっかりお願いしましたconfident

実は伏見稲荷を訪れた本当の理由は、千本鳥居を見たかったからなのです…smile

コマーシャルなどで見た、朱塗りの鳥居のトンネルを是非一度通ってみたかったのです。

でもさすが人気の場所で、大勢の人がいて、とても静かな雰囲気でというわけにはいきませんwobbly

20180106_134914

千本鳥居は2列あって、混雑を避けるために、行きは右側、帰りは左側の鳥居を通ることになっています。

20180106_135004

伏見稲荷は山なので、千本鳥居を抜けても、山の上まで鳥居は続いています。

2018_2

今回は一人だったうえ、午後だったので、途中で戻ることにしました。

20180106_140620

千本鳥居を外側から見ると、やっぱりぎっしり連なっています。

千本鳥居から先へ進む人の多くは、帰路は再び千本鳥居を通らず近道で下りてくるようです。

そのため帰り道用の千本鳥居は、行きよりもずっと人が少なくなっています。

20180106_141225

お陰で、ちょっと人が途切れた隙に、「いかにも静かな千本鳥居」の写真を撮ることができましたbleah

20180106_141904

             おぬしは何しにここへ来たんじゃannoy

その後、満員電車で京都駅に戻った時は午後3時…think

せっかくなので、駅から徒歩20分くらいの所にある東寺へ行ってみましたshoe

20180106_152559

ジジの一周忌に御経をあげに来たお坊様から「真言宗の総本山である東寺の立体曼荼羅が素晴らしい」と聞いており、また、ここでジジの仏様に手を合わせるのも供養になるかな、と思ったのです。

20180106_155646

何度か新幹線の車窓から見たことのある五重塔も趣きがあります。

桜が咲いていたら、もっと綺麗だろうな…happy01

写真撮影は禁止でしたが、大日如来を中心に21体の仏像が並ぶ、立体曼荼羅は予想以上に立派で圧巻でしたsign03

夕方4時近かったせいもあって、観光客もそれほど多くなく、拝むのも忘れて正面に座ってしばらく見とれていました。

是非また訪れてみたいお寺でしたgood

20180106_174459

そして翌日…

叔母の家のすぐ近くに晴明神社があったので、ちょっと覗いてみました。

20180107_101812

昔、叔母の家に遊びに来た時には気づかないほどの神社でしたが、あの陰陽師が有名になってから、随分と賑わってきたようです。

20180107_101337

そして最近は羽生結弦選手が2回も直々にお参りに来たようです。

20180107_101614

有名人の絵馬を集めて飾ってある場所の一番高い場所に、羽生選手の絵馬が飾ってありました。

熱心な陰陽師ファン、羽生ファンと思しき方々が結構いましたよsmile

ちょっとミーハー的な感じもしましたが、せっかく来たので、私もしっかりお参りさせていただきました。

 

叔母の一周忌という名を借りて、伏見稲荷大社、東寺、晴明神社の三つの神社仏閣にお参りしたカネゴン…

今年は良い事がありますようにconfident

Img_0145

             オレ様のこともお願いしてきたろうなッ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年元旦

            2018年元旦fuji

20171228_144008

カネゴン家は喪中のため、お正月飾りはしませんでしたが、ババーズの施設には大きな鏡餅が飾ってあります。

元旦の午前、ババーズに新年のご挨拶へ行ってきました。

小さな重箱に蒲鉾や伊達巻、煮物など定番の物をチョチョッと詰めた、よく言えば質素なbleah御節を持って、談話室で一緒に食べる事にしました。

続々、他家の皆さまも立派な御節shineを持ってやってきます。

思わず覗き込みたくなるような御馳走を持ってきているご家族も…sign03

20180101_104119

ボケボケ同士のババーズは、最初は頑張って、かみ合わない会話をしていましたが、やっぱり長くは続きません…sad

あとはお互いそれぞれのババに「あれ食べる?これ食べる?」と御節を取り分け、その後、車椅子で屋上を散歩して、ほとんどまともな会話もないまま任務終了coldsweats01

おそらくどちらのババも今頃は、今がお正月という事も、一緒に御節を食べたという事も忘れてしまっているでしょうけど、揃って新年を迎えられた事は良かったと思っていますconfident

帰りはせっかくだからと、近くの塩船観音に寄ってみました。

20180101_120704

初詣の参拝客が行列を作っています。

混むのが嫌で、いつも元旦の初詣は避けていたのですが、やっぱり凄いのねぇ~coldsweats02

並ぶ気になれず、中にある行列していない「ぼけ封じ」のお堂にだけお参りしてきました(これ、一番大事sign03

20180101_120831

日向では、もうロウバイの花も咲き始めていました。

我が家の茶々丸君の元旦は…cat

20180101_155702

       なんでイヌ年があるのに、ネコ年は無いんだannoy

カネゴンに甘えっぱなしですlovely

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年さようなら

「今年のカネゴン家の漢字は?」と問われたら迷わず「別」と答えてしまうほど、今年は悲しい別れが多い年でした。

ババとも、11月にそれぞれの生活を始めました。

そんな2017年も終わろうとしています。

ババのお世話をしなくて良くなったとは言え、ババーズのご機嫌伺いに行ったり、掃除したり片づけたりと、何かと忙しい年末ですsweat01

Dsc_4911

            オレ様の世話の手抜きはしないようにsign01

Dsc_4917

喪中ですが、新しい年を気持ちよく迎えようと、ババの冷蔵庫やら衣装ケースが積んであった床の間を片づけ、実家にあった「梅に鶯」の掛け軸をかけました。

花を飾ったら本来の床の間の姿になりましたhappy01

4年間ジジババの寝室だった和室は、再び茶々丸の運動場となりdash畳に爪痕が出来始めていますangry

せっかく畳替えしたというのに…sad

カネゴン家も少しずつ、元も生活…いや新しい生活を歩み始めています。

介護で6キロ落ちた体重は、すっかり元に戻ってしまい…ちょっと残念down

でも年を取ったら、あまり痩せてると却って老けて見えるっていうから、まあ良いわよねbleah

さあ来年は私の節目の年sign01下向きのベクトルを上向きに修正しなくっちゃsign03

1dsc_4901

                   2017年よ サヨナラ~  

2018年は良い年でありますようにsign03 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

クリスマス

今年もクリスマスxmasがやってきました。

一頃は家の中にもクリスマスの雰囲気をshine…と、パッチワークの飾りxmasなど出したものですが、数年前からは「忙しいsweat01」を理由に、普段と全く変わりばえのしないカネゴン家であります。

でも今年は久しぶりにこんな物を出してみましたsmile

20171224_131408

         無理にクリスマスにしなくてもいいのに…down

そうね、夕食だって、湯豆腐とクリスマスチキン…なんて訳わかんない献立だったしね…coldsweats01

ババの施設では、あちらこちらクリスマスの飾りでいっぱいですshine

20171224_141504

こんなかわいい飾りを見ると、来年はちょっと気合入れてみようかと思ってしまいますnotes

鬼が笑うよ…coldsweats01

20171224_144302

ババはここの生活にも慣れてきたようで、行くといつも計算ドリルや塗り絵、間違い探しなど、頭の体操をしています。

家に居た頃に比べ、すべて至れり尽くせり世話を焼いてもらっているせいか、だいぶ認知症も進んだ感じがしますが、お互い安心して生活できるので、こちらにお世話になって良かったと思っています。

 

今年もあと一週間…取りあえず1階の窓ふきだけ終えました。

(汚げに見えるけど、外の景色が映ってるだけですよwink

20171223_151736

家に戻って来て、窓から覗いている茶々丸catの姿を見つけた時は、いつも幸せな気分になりますlovely

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

師走

先日、亡きジジの兄が101歳の大往生を遂げました。

今年は身内のお葬式が多く、伯父が亡くなって、「またか…」という気持ちはあったものの、年齢が年齢だけに驚きもせず、「よくここまで長生きしたなぁ」という思いがほとんどでした。

70歳くらいの時に癌を患い、何度も手術であちこち内臓を取り去ったにも関わらず、90歳過ぎまで10キロ近くのカメラの道具を抱えて自転車であちこち写真を撮りに行ったり、真冬の北海道でガリンコ号に乗って流氷の写真を撮ったりしていた、凄~い生命力の伯父でしたcoldsweats01

長い事、歩きshoeや自転車bicycleの生活をし、老後は随分健康に気を使っていたせいか、骨もとても丈夫だったようです。

お骨上げの時にやっとこさ骨壺に収まっていただくような、係の方も「信じられないsign01」と言うくらい立派なお骨でした。

寂しくはなりましたが、湿っぽいお葬式ではなく、今頃あちらの世界でジジと楽しく喋っているのではないかと思いますconfident

 

このところ朝の冷え込みが強く、朝はファンヒーターだけでは足りずに部屋が温まるまでエアコンと両方使いをしていますspa

220171214_075458

夜中はカネゴン、明け方はおじちゃんの布団に潜り込んでいる茶々丸catは「こんな寒いリビングじゃやってられんannoy」とばかりにエアコンの温かい風下spaに陣取っています。

去年まではジジババの部屋のコタツspaがあったのに、残念ね~smile

 

ババが施設に入ったので時間にゆとりはできましたが、仕事休みの日は施設に居るババーズの訪問に加え、このところ何かと用事が多く、バタバタした日々を送っていますsweat01

802

                オレ様は寝てばかり…sleepy

おじちゃんは咳風邪でゴホゴホしています。

職場ではインフルエンザや胃腸炎も流行っており、この暮れの忙しい時期にうつったら大変ですcoldsweats02

210171214_094906

           手洗い、うがいも忘れずにねsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

動物病院のシロちゃんと予防接種

今朝、茶々丸の予防接種に行ってきましたhospital

最近は病気もしないので、年に一度の予防接種だけお世話になっている、近所の動物病院へGOdashです。

扉を開けるとニャーニャー鳴き声がするので、患猫さんcatと思ったら、獣医さん家の御年23歳shineのおばあちゃんニャンコ「シロちゃん」がいました。

20171206_100009

椅子の下のベッドで気持ちよさそうに日向ぼっこですsun

20171206_095156

人懐っこくて、おじちゃんの指にもチュッheart04

とても23歳には見えない毛並みと動きをしていますgood

さすが獣医さん家の猫sign03

20171206_095228

茶々丸が何してようが、我関せずマイペースnote

茶々丸ももうすぐ10歳ですが、シロちゃんから見たら、まだまだひよっこですcoldsweats01

シロちゃんを見ながら予防接種を受ける茶々丸は…混乱中impact

20171206_094845

何なんだアイツsign01 その上、注射だなんてsign01 シャーッて言っちゃうぞannoy

20171206_102406

クワバラクワバラ、二度とあんなとこ行かないッdown

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

スカイツリーと浜離宮

一度は上ってみたいものだと思っていたスカイツリーですが、「混んでいるんだろうな~think」なんて考えているうちに介護が始まり、結局今に至ってしまいました。

あのジジババでさえ、ディサービスの旅行で上ったのに…catface

昨日水曜日、平日だし天気も良い事だしsun行ってみようsign01と出かけてみましたtrain

おじちゃんとスカイツリーに行くのは、2010年10月に建設中に出かけて以来7年ぶりです。

ワーッ やっぱり高いわsign03

20171129_131333

午前11時頃、混んでいるかと思ったチケット売り場には、全く人が並んでおらず、その後もハイハイと手荷物検査を済ませ、意外なほどスムーズに天望デッキに到着し、その後もチャッチャと一番上までのチケットを購入し、あっという間に天望回廊フロア450に到着しましたgood

Img_0056

おお高いsweat01足がすくむ…coldsweats02

長~いスカイツリーの影が地面に映っています。

冬のポカポカ太陽sunのおかげで、フロアは温室のように暖かくspa いや、暑いくらいでしたspaspa

この日はいつもより気温が高かったせいか、天気が良い割には霞がかかり、遠くの景色は残念ながら、もやっていました。

Img_0069

富士山fujiもうっすらと見えたのですが、撮った写真を見ると、やっと確認できる程度の物でしたsad

きっとキリッと寒い冬晴れの日なら景色は最高なのだろうなと思いますshine

スカイツリーに上って、ちょっとテンションが上がってしまったカネゴン家は、ソラカラちゃんのカチューシャを付け、あの「下が見えるガラスの床」の上で記念撮影なんぞしてしまいました…bleah

20171129_215827

ちょっと恥ずかしい…coldsweats01

スカイツリーのフードコートで昼食のうどんnoodle(いまひとつ…down)を食べた後、午後2時過ぎに吾妻橋船着場から浜離宮まで水上バスで隅田川を下ることにしましたship

浜離宮の紅葉mapleが綺麗かもしれないと期待して…happy01

Img_0081

船着場のそばの建物に映るスカイツリーもなかなか趣きがありますgood

Img_0088

吾妻橋船着場からの乗船はカネゴン家だけで、他のお客も次の浅草でほとんど降りてしまったので、あとはガラガラ、ほぼプライベートデッキ状態でしたhappy01

Img_0091

やっぱりお出かけは平日が良いですねnote

Img_0100

ちょっと肌寒い感じもありましたが、天気も良くsunとても気持ち良いクルージングでした。

Img_0101

頭をぶつけそうな感じのdanger橋の下をいくつもくぐり、40~50分ほどで浜離宮に到着です。

Img_0121

浜離宮は徳川将軍家の庭園で、都会の喧騒から離れた静かな場所です。

Img_0127

紅葉mapleは期待したほどではありませんでしたが、池に映る「夕日を浴びた高層ビルと昔ながらの日本庭園」がとても美しく、しばし見とれてしまいましたshine

ババが施設に居るので、もう帰宅時間は気にしなくて良いのですが、茶々丸様catがお待ちですので、東京駅で夕食の焼き鳥を買って遅くならないうちに帰ってきました。

20171118_103059

出かけるときは、オヤツの補充を忘れないでよねannoy

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

小春日和

先日の真冬並みの寒さが収まり、この週末は「小春日和の穏やかな日sun」となりました。

Dsc_4879

茶々丸catはカネゴンの布団の上で窓越しの日差しを浴びながらsunセッセとお手入れに余念がありません。

Dsc_4888

それが終わると気持ちよさそうに昼寝…sleepylovely

見ているこちらもホッコリしますconfident

Dsc_4889

庭のトサミズキの葉もすっかり黄色くなりました。

施設に入ったババの事…

ババは私が行くと、いつも「ああよかった、迎えに来てくれたの?」と言い、やっぱり帰りたいのかなと、ちょっと切なくなります。

でも施設の人が言うには、「今日帰るの?」と言われて、「今夜一晩泊まってね」と答えると素直に言う事を聞くそうです。

私が帰るときも「帰る」と言うととても不安そうな顔をするので、いつも「すぐ戻ってくるからね」とか「仕事に行ってくるから」と言ってババのもとを離れます。

おそらく数分後には私が来ていたことも忘れてしまっていると思うので…

施設の人が良くお世話してくれるので日常困ることはないし、可哀そうだけれど、変に覚えているよりも本人にとって幸せかもしれません。

なるべくマメに顔を出してあげようと思っています。

20171123_124728

ババの所へ行く道すがらの紅葉mapleも間もなく終わりとなりそうです。

小学校の裏手の道には熟した銀杏の臭いがプンプンしています。

来年は少し気合を入れて集めてみようかな…smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ババーズとヨシコ様

ババが施設に入って10日が過ぎました。

認知症は明らかに進んだ感じですが、穏やかに楽しそうに過ごしています。

行ける時はなるべく行ってあげようと、今日も午前中ウォーキングがてら行ってきましたshoe

20171119_105335

今の時期、天気の良い日は紅葉mapleやイチョウの黄葉がとても綺麗なので、歩くのが楽しみです。

今日は、別病棟にいるお義母さんをババの病棟へ連れてきました。

おそらく、義父の葬儀以来20年ぶりくらいの対面ではないかと思います。

おしゃべり好きのババと無口なお義母さん…どうなるかなぁthink

ハイ、こちらババーズですshine

20171119_101611

案の定、お互いに「初めまして…」bearing

初めましてじゃないでしょうcoldsweats01

いくら説明しても無理sweat01

ババは「良い息子さんをお持ちですね」

お義母さんは「ありがとうございます」

ただただ、その会話の繰り返しsad

あとは二人とも黙々と持参したヨーグルトを食べていましたsmile

午後になって、ヨシコ様夫婦が茶々丸catのオヤツを持ってやってきましたnotes

20171119_135948

                      ヨシコ様~heart04

20171119_135953

             実はオレ様スゴイやきもち焼きなんだ

最近、外猫チャップリンブラザーズcatcatcatと仲良しのヨシコさま…

いつの間にか、玄関のヨシコ様の靴の周りには、たっぷりとチッコ垂れされておりましたcoldsweats02sweat01

靴にライバルcatの気配を感じたのかい?smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ぼけ封じ

4年前、突然の介護が始まってから、時計はすべてジジババを中心に動いていました。

テレビをゆっくり見るという事がなくなり、自分の食事も落ち着いて食べられないという事も何度もありました。

しかし、4年の歳月は、すっかりそれを当たり前のような感覚にさせてしまいました。

ババが施設に入って肩の荷は下りたのですが、今度はその隙間をどう埋めて良いのか分からず、戸惑っています。

ちょっとした介護ロスなのかもしれません。

戸惑っているのはババも同じと思われます。

環境が変わると認知症は一気に進む、とよく言われますが、まさにババはその状態になりましたbearing

昨日は私の事を何度訂正しても「妹」だと言っていましたcoldsweats01

今日、おじちゃんと行ってきたら、おじちゃんの事もやっぱりすぐには認識できないでいましたsad

1日何度も書いていた日記も全く書く気配はなく、腰が痛いからと言って毎日自分で付けていたホカホカカイロや湿布も、ベッドサイドに置いてあるのに、ひとつも使っていません。

その代わり喋ること喋ることcoldsweats02 全く会話のキャッチボールは成り立ちませんが、ひたすら一人で喋りまくっていました。

私のボケの進行はゆっくりだったけど、ここで急激にきたね…

何がなんだかさっぱりわからない…

ショートステイのお泊りは、もう年をとったから、今回で終わりとさせていただきましょう…

認知症の人がひたすら喋るのは不安の現れでもあるらしいです。

帰りたい…と泣くことはないので助かっていますが、やっぱり可哀そうです。

早く慣れてくれると良いのですが…think

ババが入った施設はお義母さんと一緒です。

お互いにやきもちを焼いてもいけないので、別の病棟にしました…coldsweats01

お義母さんの所へ行ったら、こちらはこちらで、今日は全くつながっていない状態でして、私は兄嫁さんと間違えられましたsad

ボケないで長生きするのはなかなか大変なようです。

 

今日は天気も良かったのでsun塩船観音にも寄ってきました。

20171111_131645

何はともあれ、こちらにお参りしなくちゃなりませんsign03

20171109_093347

              猫がボケたらどうなるんだろう…

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

新しい生活の始まり

この選択は間違っていない…分かってはいても、やはりこの日は辛いものでした。

昨日ババを健康診断と偽って介護療養型医療施設に入所させました。

朝、何も知らないババは、いつものディサービスだと思って張り切って支度をしていました。

「今日は、健康診断だからディサービスはお休みだよ」

「えっ、市の健診なの? 今度はボケの検査もしてくれるのかしら? へへへッup

この日もババは舌口調ですcoldsweats01

しかし、いつものように10分もしないうちにその記憶は消え、何度も何度もディサービスのお迎えの時間を確認する始末…仕方ないので、いつものディサービスの持ち物を持って出かけることにしました。

入所施設の病院に着いて、やっと健康診断ということに納得してくれ、しっかりと私の手を握り、「大丈夫? あんた付いていてくれるよね…」と心細そうに言われると、ほんと心が痛みます。

しかし病院の先生も看護師さんも「健康診断ですよ~happy01」と口裏を合わせてくれたお陰で安心したのか、いつものよそ行きの顔で「生まれは北海道のボケモンで~~なんタラ、かんタラよろしくお願いいたします」と堂々と大勢の前で演説していましたcoldsweats01

それを見てちょっとホッとしたのですが…

病室のベッドを見た途端「お泊りなの…?嫌だな」とちょっと不穏な顔に変わってきました。

ここはもう施設の人に任せたほうが良さそうです。

1時間ほど入院の手続きやら説明やらで、その場を離れた後、戻ってみるとババは他の入所者と一緒に元気に体操をしていました。

遠くから手を振るとアッカンベーをされ、これなら大丈夫かな…と思ったのに、おじちゃんを死んだジジと間違えるし「さあ帰るんでしょdash」と言われる始末ですsweat01

ここできちんとババに本当の事を言おうかと思ったのですが、看護師さんたちからは「今はやめておいた方が良い、少し落ち着くまで健康診断にしましょう」と言われました。

いったん家に戻り、夕方また行ってみると、また体操をしていましたが、今度はとても不安そうな顔をしていました。

私の顔を見つけるなり、「あんたチョコタンだよね、チョコタンだよね、私どうしちゃったんだろう?もう帰れるんだよね」と半泣きの状態で、私も切なくなってしまいました。

ババは認知症が進んできたこの数カ月前から、私の事をごくごく幼い頃の愛称「チョコタン」と呼ぶようになりました。

もう私の本名忘れちゃったのかな…

後ろ髪を引かれる思いで「また明日来るから」と病院をあとにしました。

主の居なくなった部屋…

20171108_214758

介護保険でのレンタルの手すりを、おじちゃんが座椅子にもなるようにと工夫して、ジジ亡き後はババが重宝して使っていました。

これももう返却です。

テーブルを片付ていたら、菓子皿の下からメモがでてきました。

20171108_214611

木の葉一枚動かない、絵のような庭

年寄りは眠い…永遠の都が見えるよう…

まあ、いつも同じような事ばかり書いてるわcoldsweats01…と思いながらも今回ばかりは涙がでてきました。

20171108_204547

茶々丸も心なしか寂しそう…    それはウソbleah

今日、午前中ババの様子を見に行ってきました。

隣の席の人と何やらお話したり、機嫌が良さそうですnote

別席で私と一緒にお昼にすることにしました。

ちなみに私は隣でお茶japaneseteaを飲んで見てるだけ~down

天ぷらと、うどん 美味しそうです。

20171109_120525

ババは、この場所は健康診断だったり、ショートステイだったり、ディサービスだったりと話がこんがらかっていました。

「いつ帰るんだっけ?、こんな所つまらないから、さっさと帰ろうup」と何度も言いながらも、すぐに帰ろうというほどの帰宅願望はなさそうで、自分の席に戻った途端、隣の人とのおしゃべりに夢中になっていました。

あとから顔を見せに行ったおじちゃんは「見たことある人だけど、どなたでしたっけ?」と言われたそうで、「あんなに世話したのにannoy」とプンプンしてましたpout

1日にして、認知症がまた進んだようですが、まあ何とかなりそうです。

カネゴン家もババも、それぞれの新しい生活が始まりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

決心

10月は雨rainばかりの天気でしたが、11月に入ってようやく秋晴れsunが続くようになりました。

Dsc_4865

                 やっと庭に出られるよ

Dsc_4857

庭の菊も満開です。

 

ババは元気ですが足腰が大分弱くなり、畳と布団の生活で最近は時々立ち上がりに苦労するようになってきました。

ディサービスへは「昔の学校と同じ、頭の訓練をさせてもらいに行くnotes」と、この1年間風邪もひかず、1日たりとも休むことなく張り切って出かけています。

しかし帰ってくると…

ボケババァ、今日も1日間違いなく、無事に過ごせた。これも家族や皆のお陰だ、ありがとう、ありがとう…

やっぱり家が一番だ、ホッとするね…

ああ眠い、あの世とこの世のハザマを歩いているようだ…down

そう言いながら、だんだん緊張の糸が切れ始め、頭のスイッチflairがおかしくなっていきますsad

在宅介護の限界は人それぞれですが、そろそろ私にとっての限界かと思われます。

先日「空きが出たら…」とお願いしていた施設から「今なら入れますが、いかがですか?」と連絡がきました。

自分の気持ちとしては、年明け頃かな…と思っていたので正直戸惑いました。

せめて今月末…と思ったのですが、施設としてもそうそう空きベッドにしておける訳はなく、かと言って次はまたいつになるのか分からないので、思い切って入所の決断をしました。

今度の水曜日、ババは施設に入ります。

ババには何も言っていません。

今、言っても混乱するだけです。

ディサービスのスタッフにも、最後までいつもの通りに接して…とお願いしてあります。

「健康診断に行く」と言って連れ出し、施設に着いてから話をしようかと思っています。

「ババは泣いちゃうだろうか、怒っちゃうだろうか、それともよそ行きの顔をして笑っているだろうか…どちらにしたって切ない事だわthink」と何とも言えない気持ちで、この連休は書類を書いたり、薬の用意をしたり、ババの入所の仕度をしていました。

Dsc_4854

土曜日、ババはデイサービス、茶々丸は昼寝sleepy…天気が良かったのでsun午前中に気晴らしに飯能まで出かけてきましたcar

20171104_124456

美杉台団地のモミジバフウの紅葉が見頃でしたmaple

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

猫と花とマダムたち

先日ジジの一周忌が終わった後、ほんとの命日に、ジジが亡くなった病院から立派なお花が届きましたcoldsweats02(そういう施設なのです)

ありがたい気持ちの一方で、正直、困ったなthinkという気持ちのカネゴン…

茶々丸の大好きなnoteカスミ草とカーネーションがいっぱいなのですup

その上、猫catに猛毒dangerのユリまでついています…

20171023_202046

家の中で茶々丸が入れない場所と言えば、トイレしかありません。

しかし、せっかく「仏前に」と頂いた花を、トイレの床に置いておくというのも憚られますthink

取りあえず猛毒のユリだけ抜いて、仏前も置く場所がないので玄関の下駄箱の上に飾ることにしましたconfident

ユリだけは香りも強いので、花瓶に移して申し訳ないけどトイレの床へGOsweat01coldsweats01

その後…

案の定しょっちゅう玄関のあたりで、ドスンドスンdashという物音がして、床には食いちぎられたカーネーションやカスミ草が散らかっていました。

…犯人はキミだねangry

20171029_093348

               だって、退屈だったんだもん

120171029_150506

結局、食いちぎられたカーネーションは小さな器に入れて、こちらもトイレの棚へGOsweat01coldsweats01

その後下駄箱の上の花は、悲惨な状態になる一歩手前で周りをガラクタで囲み、茶々丸が上がれないようにして、何とかアレンジメントの状態を保っていますsad

ところで、もう10月も終わろうとしているのに、またまた台風typhoonがやってきています。

そんな昨夜、恒例ご近所マダムの会が開かれましたshine

ババがショートステイに行っている日だったので、久々に夜の宴会ですbeerwine

20171028_183409

ヨシコちゃんのフィレンツェ土産話airplaneや日々のストレスを晴らすおしゃべりで5時間近くも盛り上がってしまいましたnotes

ババを施設に入れようかと思い悩むカネゴンの背中も押してもらいました。

そのババが先ほど、ショートステイだったこともすっかり忘れて、ご機嫌で帰ってきました。

「ああ~やっぱり家が一番だわ。ホントにあんたには世話になるねぇ。よくしてもらって私は幸せもんだheart04

……そんな事、言わないでよcatface

不機嫌で帰ってきてくれれば良いのに…

私の決心が揺らぐじゃないの…

20171029_093210

ジジの植木鉢の菊を面倒みきれないので、地植えにしたら、たくさん花が咲きました。

その花を仏前に供え、ジジの写真を見たら「もう良いんじゃないの」って言ってくれているようにも見えました…

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

«ジジの一周忌と台風