« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

南天

Photo

玄関脇の南天が実をつけました。何だかみすぼらしい実のつけ方ですが、植えてから8年、これでも今までで一番実をつけたほうです。

いつも、一枝に数個しか実をつけません。

南天の枝のほうは、すぐにぼうぼうになるほど元気よく伸びるし、毎年初夏には後で掃除をしなくてはならないほど花を咲かせるのですがねぇ。

この実ももう少ししたら、鳥たちに食べられて、まもなく坊主になってしまうんでしょうね。

Cimg0058

                                 

10日ほど前に咲き始めた小菊がにぎやかになってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

おじちゃんの土鍋

Cimg0062_1

だんだん寒くなってきて、鍋物がおいしい季節になってきました。

一昨年おじちゃんが陶芸教室で作った土鍋、初心者が作ったにしてはとてもよくできている、と思うのですが、鍋焼きうどんには大きすぎ、鍋物には浅くて小さく、最初は飾り物かな、と思っていました。

ところが、しゃぶしゃぶに使うとちょうど良い事がわかりました。昨年も何度か使って重宝しました。

今シーズン初めての登場です。

しゃぶしゃぶ以外の時はお店で買った鍋が登場しますが、どちらの鍋を使うにしても料理の苦手な私にとって、鍋物は身体が暖まるし、簡単だし、野菜はたくさん取れるし、おじちゃんも大好き、ありがたい料理?です。

ちなみに、おじちゃんの陶芸はそれっきりです。私としては、ガラクタ(ゴメン)が増えなくて、ほっとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

箱根旧街道

江戸時代の人の気分を味わってみたくて、箱根旧街道を歩いてみました。

Photo_8

初めは箱根湯本から関所まで4時間半かけて登ってみようか、と思いましたが、今回はちょっと根性がなくて、電車とバスで箱根の関所まで出かけて、箱根湯本まで下りることにしました。

Photo_41

朝早く家を出て、10時前には芦ノ湖に着きました。

天気予報では、晴れと言っていたのに、箱根は雨こそ降らないものの、どんよりして芦ノ湖から富士山が見えず残念でした。

箱根の関所あたりをうろうろして、腹ごしらえのラーメンを食べて、11時頃いざ出発。紅葉はもう少し後です。

平日のせいもあって、たまに修学旅行の小学生たちがいるくらいで、山道にはあまり人はいませんでした。

Photo_26石畳の道を歩きながら、13キロの道を楽しく下って行くはずでしたが、何という道でしょう。

石畳はごろごろ歩きずらく、その上、苔むしているため滑る、滑る、緊張をしいられながら歩いて行きました。

本当に江戸時代の人は、この道を歩いていたの?

それしか、方法がないから当たり前、とは思いながらも、さすがに「箱根の山は天下の険」でした。

4時間かけて下りてきましたが、箱根湯本近くの数キロは狭い車道を歩かなくてはならず、けっこう気を使い、今日の山歩きは思った以上に大変でした。

一度は歩きたい道、でももう一度は歩きたくない道でした。

7時過ぎに家に帰ってきましたが、今日お休みを取っていっしょに出かけたおじちゃんの万歩計は2万歩を超えました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

御岳渓谷

Mitake_1

お昼を食べに出かけたついでに御岳渓谷に寄ってみました。紅葉はまだちょっと早いですね。

Photo_14それでも、カヌーの人、絵を描く人、釣りをする人、観光の人たちでにぎわっていました。

紅葉した頃、朝早く人で混まないうちに、また行ってみましょう。

Kosumosu_7                                           

黄花コスモスが咲いていましたが、もうそろそろ終わりのようです。 

                                                                                                

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヤキヤキ

今日は久しぶりに友人たち4家族8人が集まってヤキヤキと称する飲み会をしました。

Photo_18

日暮れもだんだん早くなってきたので4時頃から開始しました。

最近は以前に比べて食べる肉の量がぐっと少なくなりました。

その代わり定番のものに加え、ちょっと今までとは違う物も焼きました。

 

Photo_85 

ニカさんが作ってくれた魚介類のホイル焼き。

アサリとエビとサケと、きのこが入っています。

   

Photo_87 マミさんが作ってくれた焼きおにぎりは、きりたんぽ風で、焼いたしょうゆの香ばしさが何ともいえません。 

暗くなり、酔っ払って寒くなってきたところで、残り火を囲みながら、たわい無い話をするのも楽しいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

小菊

Photo_2

庭の小菊が一輪咲きました。これもカネゴン家にぴったりの何もしなくても勝手に伸びて咲いてくれるというすぐれもの。

ただ放っておくと、ものすごく間延びしてだらしなくなってしまいます。

今しばらくは、かわいい状態で咲いていてくれると思うのですが‥。

ただ明後日ここで友人たちとバーベキューをやる予定。煙をあびて、酔っ払ってふんずけたりして、無惨な姿になるかもしれません。でもこのたくましい小菊は決してめげる事はないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

にんじん

Photo_28 

畑のおばあちゃんにニンジンをいただきました。

土と、とりたてのニンジンの 独特のにおいが合わさって、とてもよいにおいがします。

Photo_10

お店に並んでいるのはあまりにおいがしません。

高齢にもかかわらず、いつも黙々と畑仕事をしていらっしゃり、頭が下がります。

雑草も丁寧に手で抜いています。

Photo_20

カネゴンといえば、手で抜くではなく、手を抜く手抜き!

寒さに強いパンジーを買ってきたものの、植えたら植えっぱなし、水やりを忘れたりして、春までもつだろうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

紅玉

生協で紅玉を買いました。スーパーではあまり見かけなくなり、年に一度、この季節だけなのでこのところ、毎年買っています。

Photo_1

小ぶりで真っ赤でかわいい。ちょっと酸っぱくなつかしい味がします。

ジャムやパイを作るとおいしいんですが、これらは、カネゴン家にとって毒以外の何物でもありません。

サツマイモと煮るとおいしい、というので作ってみましたが、どうもおじちゃんには不評のようでした。

やはり、このまま皮付きのまま、ガブリ!

これが一番なんだけれど、最近、歯が耐えられなくなってきているのが悲しい‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秋の雲

3 

刷毛で描いたような秋の雲。うろこ雲もあります。今日は洗濯日和。

布団も干したし、洗濯物もよく乾きました。

Cimg0004_1

暑いくらいの一日でした。

今日少し早かったかもしれませんが、寒くなっておっくうにならないうちにと、チューリップの球根を植えてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

かわいい?

今日、散歩の途中で出会った生き物

Photo_111

カマキリ君

おじちゃんは気持ち悪いって言うけれど、かわいいと思うんだけれどな‥。

Photo_113

みーこ

ニカさんちの外飼いネコ。目つきは悪いが私の好きなタイプ。

Photo_115

霞川のカモ

何を食べて生きているんだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

実りの秋

Photo_86

今日は穏やかで良い天気。近くの田んぼでは稲刈りをしていました。

Photo_94

 

実りの秋です。

散歩の足を止めて見とれてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

尾瀬の紅葉

_013_6

読売旅行ツアー「秋の尾瀬を見おろそう」の至仏山登山日帰りツアーに参加しました。

朝5時半、家を出るときは晴れ。天気予報ではあまり良い事を言っていませんでしたが、至仏山はせめて雨が降らなければ、と祈っていました。ところが鳩待峠に着いたらかなりの雨と風。登山はとても無理との事で尾瀬ヶ原に下りる事になりました。

_004_1

尾瀬の草紅葉を見た事がなかったので、それでも良いか、とは思いましたが、かなりの悪天候でした。

数日前からの雨で尾瀬の木道はあちこち水没しているし山道は沢登りのようでした。

_040_8

足元に気をとられ、まわりをゆっくり見るゆとりはありませんでしたが、今年初めての紅葉はとてもきれいでした。

明日は良い天気になると思うとちょっとくやしいけれど、来年は絶対、至仏山に登ってやるぞ!

_032_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

あした天気にな~れ

Photo_83

昨日は大雨。今日も大雨かと思ったら天気になりました。低い雲が風の乗ってどんどん流れていきます。その間に高い青空が見えます。まるで3Dアートを見ているようです。

明日は至仏山登山。    あした天気にな~れ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

栗ご飯

Photo_92職場で「年に一度は食べたいよね」なんて栗ご飯の話をしていたら、無性に食べたくなってしまいました。

ところが、生来めんどくさがりで、料理があまり好きでない私としては、栗の皮むきを考えるとおっくうになり、何度かいろいろなスーパーをまわって、むき栗をさがしましたが、売っていません。

それじゃ、炊き込み栗ご飯のセットでも買いますか、と思って見てみると、セットになっているのはどの栗も甘いシロップ漬けではないですか。

いやっ! やっぱり年に一度の栗ご飯の栗の味はただの栗の味がいい!

あきらめて生栗を買ってお休みの今日作る事にしました。20個ほどですが、ああめんどくさい、と皮をむいているうちに遠い昔がよみがえってきました。

中学一年の頃の秋晴れのある日、3,4時間目の先生が「こんな良い天気には勉強よりも外へ行こう」と授業中止。今なら考えられない良き時代でした。

皆で学校の裏山へ行って、昼寝する者、駆けっこする者などいる中、私は、だれかが自生していた栗の木に登ってゆすって落としたイガグリをせっせと拾っては木の枝で栗を出していました。そして生のまま、歯で割ってがりっと食べたっけ。

そうだ、包丁に疲れたら、歯で割る、という方法もあるかと、かじってみましたが、差し歯が折れる! やめました。

そんな事を考えていたらいつの間にか、むき終わっていました。

Photo_84さて栗ご飯を炊いて、今日はめんどくさい事のついでにもう一つがんばっちゃおう。

トンポーロウなんか作ってしまってちょっと主婦をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久しぶりに日曜日の雨。

おじちゃんの万歩計も、毎日夜に家の中でその場駆け足なんぞして結構歩数を稼いでいるし、さすがのカネゴン家も今日は一日家でゴロゴロしてよう、と昼間からビールなんて飲んでしまいました。

Photo_80 ところが、家から往復3キロくらいある図書館に予約していた本が入っているとメールが入っていました。

外はかなり雨が降っています。車で行くわけにもいかず、運動を兼ねてトボトボ二人で出かけて行きました。

ズボンの裾はビチャビチャ。やっぱりお散歩は晴れの日に限ります。

お願いだから、こんな日にクリーニングから戻ってきたばかりのきれいなズボンをはかないでよね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »