« オバサンたちの修学旅行 | トップページ | クリスマスキルト »

八高線

だんだん冬至も近づいてきて日の出も遅くなってきました。

7時少し前にようやくお日様の赤い色が見えてきました。

Photo_44

今日はジジ、ババの様子を見に行くため、いつもより少し早い時間に普段はあまり乗らない八高線の駅までおじちゃんに車で送ってもらいました。

Photo_49

今年は暖かいといいながらも、木の枝から葉っぱがすべて落ち、いつのまにか初冬の景色となりました。

八高線のこの駅は改札もなければ、駅員もいつもいる、というわけではないようで、まさにローカルな駅です。

Photo_61

単線のため、途中何度か駅で交換待ち合わせをします。

12月になって寒くなり、冷気が入ってこないように、すべての駅でドアは自分でボタンを押さないと乗り降りできないようになりました。

おかげで車内は「ぬくぬく」です。

行きは誰かが開けた所へ乗ったからよいのですが、帰りは駅に着いてもボーっと立っていていつまでたってもドアが開かず、ハッと気が付いてボタンを押してドアを開けあわてて降りたカネゴンでした。

|
|

« オバサンたちの修学旅行 | トップページ | クリスマスキルト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/12971892

この記事へのトラックバック一覧です: 八高線:

« オバサンたちの修学旅行 | トップページ | クリスマスキルト »