« 三頭山 | トップページ | 雨上がりの日曜日 »

タミフルに思う事

厚労省よりタミフルの10代への使用の自粛を求める通達がありました。

「やっぱり」という気持ちと「どうするのよ」という気持ちが渦巻いています。

発売されてから7年くらいになるでしょうか。

私もこの間何百人という患者さんにこの薬をお渡ししてきました。

確かに何人かからは、部屋の中をうろうろ歩きまわっていた、夜泣きがひどかった、友だちに電話をかけまくっていた、ハイテンションだった、というお話を伺いました。

それでも幸い今まで私の関係では大事に至った方は誰もおらず、ほとんどの皆さんが1日、2日で熱がすっと下がって元気になったとおっしゃっていました。

ただテレビ等の報道を見るにつけ薬の効果とリスクをどう患者さんに話すか迷ってきました。

リスクばかり説明していたら、患者さんは不安で飲んでくれません。

処方箋を書くのはDr.ですが、それを受け付けて薬を渡す以上は、やはりきちんと飲んでいただきたいです。

かと言って安全ですとは絶対言えません。

先日も大人男性の方がDr.と話をしたにもかかわらず、タミフルの現物を見たとたん心配になり、「気をつけて頂きたいけれど、あまり心配しすぎないで」と言うと「絶対大丈夫?」と言われてしまいました。

「それは言えない」と言うと、薬を受け取るかやめるか考え込んでしまわれました。

いろいろメリット、デメリットの説明はしましたが結局「あまり遅くなって飲んでも効果はないけれど、家に帰ってよく考えて」と無責任な薬の渡し方をしてしまいました。

インフォームドコンセントと言うけれど、よく話しを聞いて、自分で納得して判断すると言う事は患者さんにとってすごく難しい事だと思います。

多分、だれもが気持ちとしては、正しい情報を教えてほしい、でも最後に大丈夫だよ、と言ってほしいと思っていると思います。

それができないもどかしさを感じ、この年になって改めて医療の難しさがわかりました。

タミフルといえば数年前インフルエンザ大流行でひどく品不足になった年がありました。

その時は問屋からめったにタミフルが入ってくる事はなく、小児科の処方箋を扱うこちらとしては、小さい子のために何とか確保しなくてはとタミフルを持っている病院等に無理に分けて頂いた事がありました。

処方先のDr.と相談し、大人は自力でなおしてもらい、タミフルはカプセルをはずして小さい子優先に出そう、ということになりました。

何とか一番脳症の心配な幼児には全員最低2日分お渡しできました。

患者さんも薬が無い事はよく知っていて、大人の方は納得して頂けましたが、小、中、高校生には薬を渡せずに親御さんに泣かれてしまった事もありました。

あの時は皆が分けてほしいと思っていました。

そんな神様のようだったタミフルも今は心配の種。

これでもし新型インフルエンザが流行してしまったらどうしましょう。

早く、因果関係がわかってほしいです。

もういいかげん今年のインフルエンザの流行も終わってほしいものです。

お彼岸が過ぎて、暖かくなってきました。

カネゴン家もおじちゃんの希望によりイチゴの苗をプランタに植えてみました。

Cimg0005_2

育てやすいのにしたら?と言ったのに、大きい実が成るのがいいと言ってびっくりイチゴとやらにしました。

ものぐさなカネゴン家で果たしてうまく育って何個か食べられるのでしょうか?

|
|

« 三頭山 | トップページ | 雨上がりの日曜日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 益々ご活躍のご様子。患者さんとお話している姿が目に浮かびます。
タミフルの件は、本当に頭を悩ませますよね。
脳症の危険を考えると、せっかくの薬を使わないのもどうかと思うし・・・・。
加えて、臨床試験に係わっている私としては、各種の報道のされ方についてもちょっと影響が「大」です。
いかにも、すべての臨床試験の裏にお金が動いているような印象を与えられてしまうようで、正当な研究費だってあるし、物凄く厳しい規制の中で、治験が進められているのに悲しいです。

投稿: まり | 2007年3月25日 (日) 21:59

>まりちゃん  まりちゃんも仕事がんばっているようですね。
そうだよね。テレビなんか見ていると、時々一方的に答えを決めつけてかかってきているじゃないかしらと思う事があります。
こちらは、それに振り回されず淡々と冷静に動かなくてはね。
とは言ってもなかなかそうもいかないんだけどね。
  
最近はすっかり呑気な薬局のおばちゃんになってしまいまい、ちょっと難しい事があるとアタフタしてしまいます。
今度まりちゃんに刺激をもらわなくてはね。

投稿: カネゴン | 2007年3月25日 (日) 23:11

タミフルに思うこと、いっぱい書いたね…
こちらのDr.は結構リレンザがないと知るや、やはり今まで通りタミフルをだしています。ただ、私としては2日以上経った患者さんや体力がありそうな患者さんには必要最低限度にしてほしいな…と思っています。少し長引いても治る力は多かれ少なかれあるはずですから…でも、やはりいつの世も一番勘弁してほしいのはTVなどで騒がれ過ぎて世の中がパニック状態になる事っです。皆、少し冷静に判断できる程度に報道を抑えてほしいのですが…

投稿: wake | 2007年3月27日 (火) 22:01

>wake   こちらは20歳以下と小学生はぐっとタミフルの使用が少なくなりました。一人18歳で本人の強い希望で処方された人がいましたが‥。
皆、自力で何とか治ったようです。考えてみれば10年前は皆自力で治していたんだものね。

ただ、小さい子が39度の熱でぐったりしているのを見ると、やはりタミフルは必要かとも思います。

大人の人は仕事があるせいか、本人納得の上タミフルを持っていかれる方が結構います。

でも何よりかからない事が一番!我々も気をつけようね。

タミドラ、今年で期限切れの物しか入ってこない事、これも頭の痛い事です。

投稿: カネゴン | 2007年3月27日 (火) 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/14345214

この記事へのトラックバック一覧です: タミフルに思う事:

« 三頭山 | トップページ | 雨上がりの日曜日 »