« 初夏 | トップページ | 大変だ! »

ジジババがやって来た

おじちゃんが今朝、向いの公園にある、多分ナツグミだと思いますが、きれいな赤い実の写真を撮ってきました。

Photo_178

昨日から暑くなってきました。陽光も夏を感じさせます。

そんな昨日、ジジババが電車を乗り継いでやってきました。

姪っ子の結婚式に何を着ようかと考えあぐね、結局着物を着ようと決めたまでは良いのですが、先日10年以上ほとんど開けたことのないタンスを開いて、思わずため息をついてしまいました。

ババから譲り受けた地味な留袖を着るべきか、30代前半に着た華やかな訪問着を着ようか。

それ以上に紐は何本いるのだっけ?帯揚げは?帯締めは?この程度の襦袢の襟の汚れは妥協できるのか?

長い事、着物を着ていないのですっかり忘れてしまっています。

考えただけでどっと疲れてしまいました。

昨秋骨折入院して以来、ぐっと元気がなくなってきたババでしたが、電話で相談したら急に元気になって、ジジといっしょに来てくれることになりました。

ありがたや、ありがたや。

ババの開口一番 「あんた、伯母さんなんだから留袖を着なさい!」

着物に関してはババ言う事を聞いたほうが良い、というのは重々わかっています。

しかし私の気持ちとしては、まだ地味な留袖は着たくない‥。

そうババに言うと、「じゃ、もう少し地味な訪問着はないの?あんたは伯母さんなんだから。」

そうオバサン、オバサン、と言わないで。

「ない! これ以上年をとったら着られないのだから、最後にもう一度この訪問着が着たいな。」

ババはため息をつきながらも妥協してくれましたが、せめて帯はもっと地味にしなさいと、持参してきた50年以上も前の金の帯を締めるようにと仰せになりました。

Photo_180

確かにそうだよな‥。

気持ちは若くても、もうお嬢様の格好をするわけにはいかないものなぁ。

ババ曰く、「この帯を締めて何度か仲人をしたけれど、今でも皆幸せなんだから、ちょっと古くても縁起の良い帯なんだよ」との事。

よし、これで行くか。

とりあえず小物もババに確認してもらって、あとは帯揚げを買うだけです。

(さすがに、私も今持っている、ピンクやオレンジの帯揚げをするつもりは毛頭ありません。)

ありがとうね。お母さん。

最後にババの一言、「主役はあんたでない、お嫁さんなんだからね。」

はい。肝に銘じます。

ちなみにジジと言えば、相変わらず、マイペースでパソコンをいじっておりました。

そしておじちゃんに「この格好でいい?」と確認したら、「何でもいいよ」とのお返事。

舞い上がっているのは私だけ?

|
|

« 初夏 | トップページ | 大変だ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様…
でも、お母様も頼られてやっぱりうれしいし、元気がでたことでしょう。
それに楽しい事だし、幸せな気分になれて良かったね、きっと…
親に相談するというのも親孝行なんだよね。

私はアオジ風ワンピースにストール。おばさんを自覚せず、ちょっと派手かも…

投稿: wake | 2007年5月29日 (火) 14:09

>wake  母に相談して着て行く物を決める事ができてよかった、と思いました。

が、この写真を見た職場の人たちは、帯を地味にしなくてもいいんじゃない?派手ではないよ、という意見が出て、どちらかと言うと若い格好で行きたい気持ちもある優柔不断の私はまた悩んでしまいました。

投稿: カネゴン | 2007年5月29日 (火) 22:08

カネゴンの30年前の着物!と聞いてすぐに恋・恋・恋・・・・・・恋のピンク着物を思い出しました。
あれは、小紋でしたね。
1回しか見ていませんが、忘れられない程、大好きでした
凄い記憶力でしょ。

投稿: まり | 2007年5月29日 (火) 23:06

>まりちゃん   よく覚えていてくれましたね!うれしいです。
あれはマミさんの結婚式で着たかしら?
付下げなんですけれどね。
私も大好きな着物で、今回も出してみましたが、さすがにいくらなんでも着られません。
大事な思い出の着物として、大切に取っておきます。

投稿: カネゴン | 2007年5月30日 (水) 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/15219214

この記事へのトラックバック一覧です: ジジババがやって来た:

« 初夏 | トップページ | 大変だ! »