« 牧場 | トップページ | ロッジシラルトロ »

乗馬

御主人が道産子のロッキーを連れてきました。

私らの乗馬は2年ほど前に富良野でちょっと乗ってみただけで、本格的に馬にさわるのは初めてです。

馬に慣れるために引いて歩いてごらん、と言われて手綱を持って歩いてはみるものの、何ともぎこちない私‥。

Photo_184

蹴飛ばされないかしら考えていたら、足を踏まれてしまった!痛い!

お願い、ロッキーちゃんどいて。

どうも私は馬にくっつきすぎて馬の進む所に足を出してしまったらしいのです。

象でなくてよかった‥。

      

その後しばらくおじちゃんと交代でこのロッキー乗って練習を始めました。

そのうち御主人がクォーターホースのハリー連れてきました。

クォーターホースはよく時代劇の撮影に使われる、サラブレットより少し小さめの端整な馬です。

道産子よりも背が高く、当然おじちゃんが乗ると思ったら、これオカアサンに乗ってほしいんだ、というではありませんか!

ここの御主人はなぜかしら私らの事をオトウサン、オカアサンと呼びます。まあいいか。

       

Photo_186

ハリー、カッコいい!!  

これ私が乗っていいの?

おじちゃんは恨めしそうに私を見ています。

そう、おじちゃんは重いから、道産子のようなしっかりした馬でないとダメなの!

(いえ、ただ鞍に付いているアブミの長さの違いです。)

へへっ、やったね!

ところが私の短い足ではアブミまで届かない‥。情けない‥。

ビールケースを持ってきてもらって、ようやく足が届いたのはいいけれど、よじ登るのも大変です。

タテガミをつかんでようやく乗る事ができました。

眺めは良いし、快適、快適。

Cimg0148_3

御主人の息子さんの若いお嫁さんと交代で練習しましたが、彼女もビールケースを使ってよじ登っていたので、ほっとしました。

でもあちらは降りるときは颯爽と飛び降り、私はズリズリと滑り落ちです。

        

夕方になって大分涼しくなってきました。

暖かいと言って上着を持ってこなかったおじちゃんは我慢できず、御主人のジャンパーを借りる羽目になってしまいました。

少しずつ広い所に移動して、こんなに素敵な所で乗馬ができました。

Photo_190   

交代で乗った息子さん夫婦はキタキツネを見つけましたが、残念ながら私らは見る事ができませんでした。

この牧場にはもっと広い場所があるのですが、今回はそんなに遠くまで行けませんでした。

御主人はまだまだ乗っていても良いという口調でしたが、おじちゃんが寒さとちょっとお腹具合の悪さで4時頃ギブアップしてしまいました。

残念でしたが、また必ず来ます、と言って牧場を後にしました。

商売抜きで一所懸命教えてくれようとした御主人、気さくな奥さん、まわりを見渡しても隣の家なんて見えない広い牧場、「まるで大草原の小さな家」を思い出させるような、とても心地良い時間を過ごすことができました。

はまってしまいそうです。

|
|

« 牧場 | トップページ | ロッジシラルトロ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

乗馬かっこいいね!!

投稿: hw | 2007年5月12日 (土) 16:05

>hwさん   以前、80才過ぎのおばあさんが一度乗って見たかったと、引き馬でですが、乗ったそうです。

投稿: カネゴン | 2007年5月13日 (日) 12:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/15025709

この記事へのトラックバック一覧です: 乗馬:

« 牧場 | トップページ | ロッジシラルトロ »