« ジジババがやって来た | トップページ | 肩こり »

大変だ!

昨日の午後から梅雨の走りと思われる雨が降り始めました。

天気予報で晴れだったらおじちゃんも休みを取って、尾瀬の水芭蕉を見に行こうかと計画していましたが、どうもだめそうなので、中止。

おじちゃんは普通に会社に行きました。

その割には午前中けっこう良い天気だったので、カネゴン一人でどこかへフラフラとも思いましたが、のんびり昨日の濡れた傘を干したり、片付けをしたりして過ごす事にしました。

Cimg0005_5

結婚式に履いて行く草履を出してみました。

何だかとてもスマートで上品な感じの草履で、記憶をたどると、どうも一度しか履いていないような気がします。

私の足は、おじちゃんに言わせると大地を踏みしめる農耕民族の足だそうで、正直私もこのスラ~っとした草履が入るかしら、とちょっと心配になりました。

恐る恐る素足で履いてみると、何と足の指の半分以上が草履の外にはみ出ているのではないの!

ああ誰も見ていなくてよかった‥。

あわてて足袋をはいて、纏足のように足を小さくして履き直したら何とか格好がついたのでちょっとホッとしました。

Photo_183

が、安心したのも束の間、何だか鼻緒がきつい、足が痛いじゃないの。

まるでタイ式だか中国式だかの足つぼマッサージをされているようです。

痛キモ?、大脳が刺激されていい?なんて思ったのはほんの一瞬でした。

歩いてみたら、ますます痛い、3分と持ちません。

以前はこれほどでもなかったはず。

足が太った?体重が重くなって鼻緒に掛かる力が増えた??

それとも草履が新しいから?しばらく履いていなかったから?

とにかく早く気が付いてよかった。

こんな状態では一時間半も電車に乗って都心になんか行けません。

これから結婚式まで約1ヵ月、家の中で履きならす事にしました。

掃除機をかけながら、ちょっと履いては脱ぎ、また履いて、ちっとも仕事が進みませんが仕方ありません。

そういえば数年前、職場の向いにある医院のDr.が「お祭りの拍子木」という大役を仰せつかった時、一週間ほど前から白衣を着ながら、足は足袋と草履、という異様な姿で診察をし、患者さんから奇異の目で見られていた事がありました。

あの時、私らは笑い転げていましたが、その気持ち、よくわかりました。

おじちゃんが帰ってきたら、どういう御言葉があることやら、フ~ッ。

|
|

« ジジババがやって来た | トップページ | 肩こり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/15267075

この記事へのトラックバック一覧です: 大変だ!:

« ジジババがやって来た | トップページ | 肩こり »