« 秋の気配 | トップページ | 台風接近の一日 »

子猫2007

去年の7月頃、我が家のミョウガの中を棲みかにしていた子猫たちが去ってから一年が経ちました。

あの猫たちの一族と思われる子猫の鳴き声が、何処からともなく今年も7月頃から聞こえ始めました。

去年、何とか手なずけようと、さんざん追い回して嫌われてしまったせいか、今年のねぐらは50mくらい離れた茶畑のようです。

それでも時々カネゴン家を訪問しているらしく、帰宅した時、雨戸の開閉の時など、何度か白と白黒の2匹の子猫を見かけましたが、警戒心が強く、あっという間に逃げ去ってしまいました。

それが、この所ずうたいが大分デカクなってきたとともに、態度もデカクなり、堂々と庭を横切って行くようになりました。

いまひとつ可愛くない顔ですが、まだまだ子猫、猫好きの私としては、見かけるとすぐに駆け寄りたくなります。

しかし相変わらず警戒心が強く、近づくと

Photo_2

すぐに逃げていきます。

     

家の中から、そっとカメラを向けて

Photo_4

やっと撮れた、と思ったらまた逃げて行きましたが、

Photo_6

しつこいカネゴンは別の窓から、後姿を撮らせていただきました。

ノラとして充分立派に生きているようだし、この一族の大人になった顔を知っているので、今年は餌をやりません!

       

午後から仕事で講習会に行かなくてはならないというのに、こんな呑気な事をしていたら、昼飯は駅の立ち食いそばになってしまいました。

9月になり私は秋の鼻炎が始まりましたが、会場の中庭のサルスベリは満開で、セミも賑やかに鳴いていました。

Photo_10 

|
|

« 秋の気配 | トップページ | 台風接近の一日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この猫、すごく良いね!
101匹ワンちゃんのダルメシアンみたい。
今から手なずければきっと慣れるよ。
この際だから、飼ってみたら?
猫って可愛いよ〜!

投稿: ヨシコ | 2007年9月 3日 (月) 10:59

この画像の顔はまずまずだけれど、いつもノラ独特の
目つきの悪い、もっとすごい顔をしているんだよ。
カネゴンはもっと顔の丸いサバ猫系が好きなんだけど
ねぇ。
猫飼いたいけれど、飼っちゃうとあっちこっち気軽に
遊びにいけなくなるから、我慢するよ。
        

投稿: カネゴン>ヨシコちゃん | 2007年9月 3日 (月) 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/16321464

この記事へのトラックバック一覧です: 子猫2007:

« 秋の気配 | トップページ | 台風接近の一日 »