« 私の好きな風景 | トップページ | 芦之湯から箱根関所へ »

箱根湯坂路

江戸時代に旧東海道(箱根旧街道)ができる前の箱根越えの道で、湯坂路(鎌倉古道)というのがあります。

この湯坂路はその昔、源頼朝や小田原攻めの徳川家康や豊臣秀吉が通った由緒ある道だそうです。

昨年10月、江戸時代の人の気分を味わおうと、箱根旧街道を箱根の関所からやっとこさ箱根湯本まで下った事に懲りもせず、今回は鎌倉時代や戦国時代の人の気分を味わおうと、この湯坂路を箱根湯本から登ってみようという事になりました。

箱根湯本から浅間山に向かい、鷹の巣山を通って箱根芦之湯温泉までを4時間ほどかけて登りました。

                    (画像をクリックすると大きくなるよ) 

Photo

おじちゃんが休みをとれたので、22日(木)平日早朝、折りしも通勤時間帯、混みあう電車の中、邪魔くさいリュックを背負い、皆の白い目に耐えながら出かけました。

町田からロマンスカーに乗り、ようやくほっとして自分の席を見つけて座ったとたん、隣に座っていた、ちょっと気取った60歳くらいの紳士?に「あなたの格好はいわゆる中高年の登山というヤツですよね。あなたも中高年ですよね。寝たきりにならないために良い事です。」だって!

そりゃ、中高年ですよ。

でもね、自分としては、毎日通勤電車で見かける奥多摩へ出かけて行く中高年より一世代若いと思っていたんだけどねぇ。

やっぱり傍から見たら、同じ中高年か‥ショック‥‥

箱根湯本に着いて、気を取り直し、出発です。

湯坂路には途中トイレはありません。

しっかり用を済ませ、コンビニでお昼のおにぎりを買い、準備万端ととのいました。

箱根湯本から国道一号線を山のほうに数百mほど歩いた左側にひっそりと登り口がありました。

Photo_221

うっかりすると見過ごしそうです。

すぐに急坂がありました。

朝、今年一番の冷え込みという事で、かなり着込んできましたが、これを登るとなるとかなり汗をかきそうだったので、車の通る道端で上着とセーターを脱ぎ、リュックの中に押し込みました。

出だしから、鬱蒼とした山道です。

このあたりの紅葉はまだです。

Photo_43

やがて石畳が見え始めました。

昨年歩いた箱根旧街道よりもデコボコしていなくて、ずっと歩きやすい道です。

Photo_51_3

途中、木の根っこをまたいで行くような道もあります。

Photo_71_2

もう早、ハーハーしながら、背中には汗をかいています。

「徳川家康も豊臣秀吉も歩いたんだ」とロマン?を感じながら頑張りました。

途中平坦な所もあります。

標高が上がっていくにつれ、木々も紅葉してきました。

Photo_91_2

Photo_101_5

天気予報では晴れのはずで、小田原の方面も青空が見えているのに、山の上の方や頭上は曇っていて、残念ながら、せっかくの紅葉が映えません。

平日のせいか、この道を下る人はいても、登る人はあまりいないのか、2、3人元気な人が私らを抜いていったくらいで、この辺まではあまり人を見かけませんでした。

3時間ほど歩き、ようやく浅間山に着いた頃、ようやく青空が見え始めました。

浅間山は箱根湯本から以外にもいろいろなルートから来る事ができるので、たくさんの人が座ってお昼を食べていました。

Photo_111_3

私らもここでお昼です。

標高804mまで登ってきたうえに、休んでしまうと、やはり寒くなり再びリュックから上着を出し着込みました。

ここから山を少し下りさらに登って鷹の巣山に向かいます。

せっかくここまでがんばって登ってきたのに、また下るなんてイヤダ‥でも仕方ない‥。

歩きだしたらまた暑くなり、また上着をリュックにしまいます。

でも手が冷たく、今度は手袋を出しました。

紅葉がだんだん綺麗になってきました。

Photo_141

鷹の巣山の頂上近くなり振り向くと、小田原の街や駿河湾が遠く美しく 見えてきました。

Photo_181_2

疲れが一気に吹き飛びました。

浅間山から30分、鷹の巣山に到着。

あとは下りです。

20分ほど下って行くと車の走っている道路が見えました。

国道一号線です。

やっと湯坂路を登りきりました。

Photo_201

さあ、これから温泉、温泉!!

昔からある芦之湯温泉の「きのくにや」という所に泊まる事にしています。

ここから1キロくらいの所にあるのであと少しなのですが、これがまた、国道1号線をひたすら登りでした。ゲッ‥。

ようやくたどりつき、宿の人に感心され、お風呂に入って、あ~、極楽極楽。

いにしえの人たちもこうやって箱根の湯につかり、疲れを癒していたんでしょうねぇ。

Cimg0078_62

ちなみにこのお姿、宿の貸切風呂の正徳の湯という江戸時代を再現したお風呂に入っているおじちゃんです。

ちょっとぬるめでした。

|
|

« 私の好きな風景 | トップページ | 芦之湯から箱根関所へ »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした
紅葉綺麗だったでしょうね!!
hw

投稿: hw | 2007年11月24日 (土) 18:31

きのうは秋の同期会でした。21人集まりましたよ。カネゴンのブログ、Y君の日記からリンク出来るようになっているのだそうです。カネゴンのブログの事、話題になりましたよ。何であんなに写真が綺麗に撮れるのだろうって・・・
いつもいつも本当に見応えのある風景をありがとう。

投稿: ケイたん | 2007年11月24日 (土) 22:13

天気がもっと晴れていればよかったのに、
曇っている事が多く、今ひとつ紅葉が映え
ませんでした。
やっぱり紅葉には青空がよいです。

投稿: カネゴン>hwさん | 2007年11月24日 (土) 23:06

フラフラ出歩いていて、同期会に出席できずごめんなさい。
春には出席するようにするね。
  
ブログの事、見てもらえてうれしいような、恥ずかしいような‥。
でも書く張り合いがでます。
   
写真も一眼レフのようないいカメラだったら、もっとよく撮れるんでしょ
うけれど、使いこなせそうもないし、持って歩くのが大変そうだし、しば
らくは誰でもつかえる普通のデジカメで我慢します。
  
夜景とか花火なんかは、やっぱりこのカメラではダメだけれど、天気の良
い日は何枚か撮っていると、けっこう良く撮れたのがいくつかあるので、
そんなのをブログに使っています。

昔のフィルムの時代はもったいなくてできなかったけれど、デジカメはい
くらでも撮れるからいいよね。

投稿: カネゴン>ケイたん | 2007年11月24日 (土) 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/17163170

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根湯坂路:

« 私の好きな風景 | トップページ | 芦之湯から箱根関所へ »