« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

夕日に祈りをこめて

2007年最後の日没です。

1cimg0009_21

明日の天気予報は晴れ。

初日の出にはどんな顔をして登場してくれるのでしょう。

たぶん明朝私がお目にかかる時は、すっかり眩しく輝いている頃でしょう。

2008年が良い年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年もあと一日

今年もあと明日の大晦日を残すだけとなりました。

何だかあっという間の一年でした。

小学生の頃には一年がとても長く感じられたのに、年々時が速く過ぎ去っていく感じがするのは、年のせいか、はたまた毎日追いまくられた生活を送っているからでしょうか。

こんな事ではすぐに60、70歳になってしまいそうです。

それでも今年はブログのネタさがしを兼ねて、いろいろ仕事以外にも目を向け、結構楽しい年だったような気がします。

 

ジジババがこちらでお正月を迎えるためにやってきました。

久しぶりに御馳走です。

1cimg0001_31

すき焼きとカニ!!

カニは明日の大晦日に食べる予定でしたが、待ちきれず出してしまいました。

そして皆が卵をといて、いざ、すき焼きを突っつこうとした瞬間、ちょっと待て!

いつもは食い散らかしてから「しまった、写真を撮るのを忘れた」と後の祭りが多いのですが、今日は間に合いました。

そして、あっという間に食べつくしました。

皆が元気で揃う事はうれしい事です。

 

しかし、料理のレパートリーの少ない私、今日カニを食べてしまったから、明日のメインはどうしよう‥。

まさか、年越しそばだけってことはないけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

五十肩

今年も押し詰まり、いよいよ寒くなってきて、このところ毎朝畑に霜が降りています。

1cimg00011

布団から肩口が出ていて冷えたのか、仕事で老人ホームの錠剤つぶしをひたすらやりすぎたのか、このところ肩が痛くなってしまいました。

これが四十肩か?(ウソつくな)

いやどうも五十肩らしいのです。

普段はなんでもないのに、ふと高いところに手をのばしたり、背中をかいたりすると、ズキッ、ビリッときます。イタタタ‥。

右肩なので動かす事が多く、日に何度もイタタタ、イテテテ、を繰り返します。

湿布を貼るにも、打撲なら「ここ!」とはっきりするのに、さわっても押しても痛みが無いため、どこに貼ったらよいかわからず、今日は肩から背中にかけて、今度は首筋にかけて、といろいろ試してはいますが今ひとつかんばしくありません。

今日はよっぽど整形外科に行ってこようと思いましたが、よく考えてみると、行ってすぐ良くなるものでもないし、第一この年末時期の病院が患者さんであふれかえっているのは、自分の所を考えれば想像がつきます。

風邪なんかうつされても大変だし、今回はしばらく様子を見ることにしました。

それにしても寒くなって膝も痛いし、干し柿の食べ過ぎか前歯の差し歯があやしいし、ああいやだねぇ。

だんだん年寄り向けのコマーシャルのターゲット層になってきた?

来年になるとまた一つ歳を取るし‥。

ダメダメ!!そんな事を言っていないでシャンとしなければね。

さあ、明日一日頑張れば休みだぞ~。

‥‥でも明日いったい何時に仕事を終えられるのだろう‥‥

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

クリスマスイルミネーション

クリスマスだといってワクワクしていたのは、いったい何歳までだったんだろうと思うほど最近はクリスマスに対して無頓着になりました。

というより、毎年この時期、正月休みに向けてクリスマスの事を考えるゆとりもないほど、働け、働けの毎日なのです。

せめて写真だけでもクリスマス気分をという事で、クリスマスイルミネーションを載せてみました。

 

丸ビルのそばで見つけたパンジーのクリスマスツリーです。

その時はただフ~ンと思っただけでしたが、今日のテレビで、夜、これにLEDの光を当てるととても美しいイルミネーションになるという映像をやっていました。

1cimg0004_31


六本木に行った帰りに、5時頃ちょうど暗くなった新宿南口で寄り道して見たイルミネーションです。

とてもきれいでしたが、一人でカメラを向けていると、なんだか寂しいですねぇ。

1photo_51

1photo_61


そして先週、仕事が遅くなったため外食し、その後ちょっとおじちゃんと行ってみた奥多摩の大丹波のイルミネーションです。

とうとうこんな所にまで‥。

奥多摩町の町興しでしょうか、山に大きなクリスマスツリーのイルミネーションです。

1cimg00051

本当にイルミネーションなんかあるの?と思えるほど普段は街灯もあまりない、夜の静寂に包まれるこの地域ですが、車でどんどん奥へ入っていくと、突然ラブホテルか?(失礼!)と思われるような派手に飾られた家が現れました。

すると、次々と、競い合うようにイルミネーションを点けた家々が並んでいました。

1photo_71


広い無料駐車場に車を止めて、これはセンスの良い家、これは今一つなどと批評しながら見て歩きましたが、夜の奥多摩は寒く、急ぎ足で車に戻ってきました。

 

イルミネーションは綺麗でいいけれど、エネルギー削減なんて言っている時に、どこもかしこも、こんなにキラキラさせちゃって良いのかねぇ。

クリスマスをロマンチックに味わえない者のひがみ?なんて言われちゃうかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

冬至

冬至は一年で一番影が長くなる日です。

昨日は冬至の前日でしたが、朝8時15分、駅にホームに立つ私の影も随分長くなりました。

1dvc00036_21

ここは駅のホームの中でも数少ない朝日の当たる場所です。

上りのホームは、都会へ向かう大勢の電車を待つ人たちで緊張感が漂っていますが、下りのホームはのんびりしています。

冬の弱々しい太陽の光であっても、背中を日向ぼっこすると、とても気持ちのよいものです。

この陽だまり、今は私が独り占めしていますが、これからが大変です。

1月、2月になり、もっと寒くなってくると、皆この陽だまりに集まってきます。

その頃になると、だんだん影も短くなり、陽だまりの面積も小さくなってきます。

立つ位置を間違えると、すぐにさりげなく、よその人の影が私にかぶさってきます。

電車を待つ数分の間ですが、ちょっとしたせめぎ合いになります。

 

今日は冬至です。

昨日とは打って変わってどんよりとして、どんどん寒くなってきました。

夜半には雪になるかもしれません。

今夜は鍋にしようっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

六本木でのランチ

都会の人込みは苦手な私でも、誰かが案内してくれるレストランとなれば話は別です。

nonちゃんが六本木の東京ミッドダウンのユニオンスクエアを予約してくれ、moちゃんと久しぶりに3人で、ちょっとセレブ?な気分のランチを楽しみました。

おじちゃんに「何人悪友がいるんだ!」と罵られようとも、ウキウキ、ルンルン出かけました。

初めて、新宿から地下鉄大江戸線に乗りました。

電車に乗るのに、エスカレーターで地下深く下りる事、下りること事。

六本木に着いて、地上に出るまで、エスカレーターで上がる事、上がる事。

辿り着いたミッドタウンでもレストランを見つけるのにウロウロし、思ったより時間がかかってしまいました。

それでも、ちゃんと予約の11時には3人揃い、まずは前菜のマグロのカルパッチョ。

1photo_41

おいしいねぇ。

ふと、周りを見たら、ニュースキャスターの木村太郎氏がいるではないの。

一緒にいる人達も、何だか普通の人っぽくないし、よく見回したら、他にも随分普通の人にしては垢ぬけているような人たちがたくさんいました。

さすが六本木だねぇ。

1photo_51_2

1photo_72

パスタ、デザートを食べ、ここで3時間もおしゃべりをしたにもかかわらず、次には京はやしやでわらび餅を食べてしまいました。

ああ、たくさんおしゃべりもしたし、お腹も一杯。

冬の夕暮れは早く、ミッドタウンを出た4時半頃にはイルミネーションが点灯し始めていました。

1photo_111

今日の昼は昨日の残り物のお弁当だし、お腹一杯で夕食を作る気にもなれない私のおかげで、、ホッケを焼いただけの夕飯を食べさせられたおじちゃん、スマン!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

中島みゆきのコンサート

友人から、用事ができて行けなくなったという事で、東京国際フォーラムにおける中島みゆきのコンサートのチケットを譲り受けました。

Cimg00061

5時半開演でしたが、せっかく都心に行くのだから、新しくできた東京駅の駅ナカを見たり、新丸ビルでお買い物をしたりしようと、張り切って早昼を食べて出かけました。

Photo2

ところがクリスマスが近い事もあって、あちこちとても大勢の人で、何だかいるだけで疲れてしまい、何も買わずに早々に退散。

結局、皇居東御苑に行ってしまいました。

大手門から入りました。

Photo_21

ああ、静か、清々する。

ユリカモメが気持ちよさそうに羽づくろいをしていました。

Photo_31

東御苑の中の雑木林では最後の紅葉です。

Cimg00282

落ち葉がサクサクと気持ちよく、先ほどの都会の喧騒から数百メートルしか離れていないのが嘘のようです。

Photo_101

もっとゆっくりしていたかったのですが、今日の目的はコンサート、小一時間ほどで東御苑を後にしました。

早夕飯のカツ丼を食べ、腹ごしらえも終わり、いざ、会場へ。

前から24列目という、私らにとってはとても良い席でした。

やっぱり生は迫力が違いました。

まあよく、ああエネルギッシュに歌えるのでしょう。

あれだけ朗々と歌えたら気持良いだろうなぁ。

とてもおじちゃんと同年代とは思えません。

「宙船」があり、アンコールで「地上の星」があり、おじちゃんも満足です。

私らの席のあたりは熱狂的なファンの方々のようで、突然隣の女の人が一人立ち上がり歌に合わせて大きく手拍子を始めたり、かなり圧倒されましたが、なかなか良いコンサートでした。

始めに係の人から「コンサート中は立ち上がらないで」と案内があったにもかかわらず、アンコールの時には、次々立ち上がり、結局、前の人が立つから、私らも見えないので立つ、そしたら、後ろも立つで、振り返ってみたら全員立っていました。

コンサートが終わった頃には身体が暑くなり、イルミネーションを見ながら冬の寒い中を余韻にひたりながら歩くのは、気持ちのよいものでした。

Photo_111

今日はめまぐるしいながらも楽しい一日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ゆず湯

2週間ほど前、柚子を頂きました。

「家に10本くらい柚子の木があって、勝手にたくさん実っている」という何ともうらやましいかぎりな話です。

ちょっと料理に使い、あとは冬至にゆず湯にしよう、と大事にとっておいたのですが、さすがにダメになってきそうなので、今日、お風呂の中に入れてみました。

Cimg00031

いつもなら、1個か2個なのに今日は6個も入っています。

お風呂の蓋を開けるとフ~っと良い香りがします。さすがに6個入れただけあった!

湯船に入ると、柚子の酸で肌がちょっとピリピリしましたが、次第に慣れ、6個の柚子を抱きかかえて香りを楽しんだり、蹴とばしてみたり、沈めてみたり、久しぶりにお風呂で遊んでしまいました。

お風呂から出ても体がホカホカ、暖まりました。

てな事で、ブログなんか書いていたら湯ざめするぞ。さあ寝よっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

寒椿と赤穂の塩味饅頭

久しぶりに雨が降りました。

このところずっと晴れが続いていたので、干し柿にとっては良いものの、人間様としては、お肌カサカサ、髪の毛はパサパサ、のどはイガイガ、何とかしてくれ、という状態だったのでありがたい雨です。

どうせ雨だし、寒いし、「お染カット」に行ってこようと、急いで掃除だけ済ませて、朝から美容院に行ってきました。

家を出た時は雨だったのに、2時間ほどして美容院を出た頃には雨が上がっていました。

バスを待っている間、少しフラフラしてみたら、近くの学園の植え込みの寒椿が咲き出していました。

Cimg00051

寒椿は冬の雨の少ない時季に咲いているので、葉っぱや花が何だかほこりっぽい感じがするし、花の終わりにはボトボト落ちるし、などの勝手な理由で、私個人としてはあまり好きな花ではないのですが、雨に濡れて生き生きとしている花を見たら、ちょっと写真に収めたくなりました。

もしかして雪景色の中で咲いていたら、もっときれいかもしれないなぁ。

真白な雪の中に落ちた花‥

時代劇でそんな情景があったよな‥

 

いろいろ想像していたら、思い出しました。

明日は忠臣蔵の討ち入りでした。

毎年この時期に赤穂の塩味饅頭をくださる患者さんがいらっしゃいます。

ご先祖が赤穂浪士なのか、やはり昨日「今年もいよいよね。」と言って、くださいました。

Cimg0051

まるで塩のように真白な落雁の中にとても甘~いアンコが入っています。

たぶん隠し味に塩が入っていると思います。

おいしいのですが、とても甘く、苦いお茶といっしょに少し食べるのが良いようです。

 

その塩味饅頭を家に持って帰ってきたんだっけ。

食べよ、食べよ、家に帰って食べました。

やっぱりすごく甘い‥。

直径5cmほどの小さなお饅頭なのに、私には半分食べたらもうちょうど良いくらいです。

あとの半分は、夜のおやつにしよう。

ゲッ、また太る!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

飛行機雲

遊びに行くとなると5時起きもいとわないのに、予定がないとなると、どうしても寝坊してしまいます。

大変、大変、冬の日は短い、急いで洗濯して干さないと乾かない!

おじちゃんは「朝ごはん何?」なんて言っているし、ああ忙しい、日曜日なのに‥。

洗濯物を干していたら、青空にくっきり一直線、太陽の光線を横切って伸びる飛行機雲が現れていました。

Cimg00032

飛行機雲は上空の空気が冷たく、湿っている時に現れるものらしいですが、確か夕べ雨が降っていました。

関係あるのかな?

飛行機雲は間もなく消え、しばらくすると、また別の飛行機雲が現れました。

きれいだなぁ。

「この上を結構飛行機が飛んでいたんだ‥どこまで行くんだろう?」と、しばし洗濯物を干す手を休めて、見とれていました。

さて、今日は出遅れたし、家でのんびりしようという事にしましたが、暖かくよい天気だったので、おじちゃんが高圧洗浄機で外の窓ガラスを洗ってくれました。

Cimg0011

ついでに、強い水圧で玄関灯のセンサーライトのプラスチックのカバーをも壊してくれました。いや壊れました。

これで窓がきれいになったはずなのに汚れている‥。

これは内側が汚れているんだと気づき、雑巾で拭いてみると真っ黒‥。

もしかして一年以上窓ふきをしていなかった‥?

「こうなったらやるしかない、ピカピカにならなくてもいいから、せめて真っ黒だけは何とかしなくては」 と拭き始めたまでは良いのですが、台所の窓を拭きだして、もういい加減うんざりです。

流しによじ登り、拭いても、拭いてもきれいにならず、「よくぞここまで放っておいたな」ってな感じです。

「もう適当にやめちゃえ」 と言ういいかげんな私と 「いやいや、せっかく色々どかして拭き始めたのだからちゃんとやろう」 と言う妙に几帳面な私が頭の中で喧嘩しながら拭き掃除をしていたら、気づいた頃にはもう夕方になっていました。

「飛行機雲が夕日に光ってキラキラとすごくきれいだよ」 と買い物に出かけていたおじちゃんが帰ってきて言いました。

急いで外に出てみましたが、飛行機雲は、もうすっかり消えてなくなっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

猫のタペストリー完成

昨年の秋から作っていた猫のタペストリーがやっと完成しました。

001_31

65cm×50cmで大した作品でもないのに一年以上かかってしまいました。

猫4匹をアップリケするまでは良かったのですが、回りのラティスのチマチマした三角を作るのがいい加減イヤになり、半年以上もほったらかしになっていました。

色合いは秋である事だし、何とかクリスマスの賑やかさがやって来るまでに完成させなくてはと9月頃より再開しました。

夜になると、目が見えなくなってくるので(ああ、悲しや、5年前くらいまではこんな事なかったのに)もっぱら職場の昼休みにコツコツやっていました。

そうなると、ひたすら作業です。

楽しみというより、とにかく完成させなくては、という事で、布が足りなくなろうが、キルト線が曲がろうが、もう細かい事は気にしないで、不器用ながらもひたすら縫い進めました。

もうこうなったらただの意地です。

ロクな物ができないだろうな、と思っていましたが、出来上がって壁に飾ってみると、あら、なかなか良いではないの。

ほとんど自己満足の世界です。

 

庭のトサミズキの葉が芸術的に黄葉していました。

Cimg0003_31

一枚づつの葉っぱが緑から黄色くなり、茶色くなり、そのグラデーションとくっきりと現れた葉脈を見ていると、それぞれが絵のようです。

思わず、こんな布がほしい、こんな布で何か作ってみたい、と思ってしまいました。

ダメダメ、布は山のようにあるんだから。

その、山のような布の箱をひっくり返してみよう。

こんな感じのがあるかもしれない‥。

そしたら10cm四方くらいの大きなピースで座布団カバーでも作ってみようかなと、ひたすら頭の中で考えているものの、たとえ始めたとしても、完成はまた多分来年の秋以降でしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

オバサンたち熱海で騒ぐ

女子寮時代の4人組のオバサンたちの修学旅行、今年は熱海に行ってきました。

日頃の頑張りに対する御褒美か、いやオバサンたちが恐ろしかったのか、今年も神様はこのオバサンたちに「晴れ」という贈り物をくれました。

今日のお昼を食べたレストラン「春陽亭」からの景色は、海を背景にした紅葉で、いつも山ばかり見ている私にとって感激するものでした。

Photo2_3

今回の旅行もひたすらしゃべる、ひたすら食べる、そしてちょぴり景色を堪能する、といういつものパターンでした。  

昨日朝9時過ぎにosagiの車で東京駅を出発し、まず向かった所は湯河原の先にある「麦とろ童子」です。

11時半の開店前に到着してしまいましたが、何度かテレビにも放映されていたせいか、開店と同時に満席になり、早く着いて正解でした。

Photo_51_2

Photo_71


今日は一番人気のしらす丼を注文しました。しらすがたっぷり乗った麦飯に自然薯をかけて食べます。

Photo_101_2

心配していたカネゴンの胃腸もほぼ復活し、とてもおいしく、ただ一応用心のため麦飯を少し残しただけで、ほぼ完食です。

その後熱海に向かい、次に行った所は宿のチェックインまでの30分ほど時間つぶしのケーキ屋さん。

おなかいっぱいなのにケーキは別腹です。

Photo_131

どれにしよう、どのケーキもおいしそう。

何で4人で行ったのに、ケーキが5皿なの!

この頃、私のお腹もほぼ復活から完全復活に向かっていました。

そして夕食、もう何でも食べちゃうぞ!

Photo_151

3日前には気持ち悪くて絶食していたなんてウソみたいです。

食べて、しゃべって、笑って、ああ苦しい!

Photo_171

この写真をみておじちゃん一言。

「50才のオバサンがやる格好か‥」

この部屋は本当はベッドに2人、隣の和室に2人寝るはずだったのに、ホテルの人に頼んで布団を2組持ってきてもらい、結局和室に4枚布団をギュウギュウ敷き詰めてもらいました。

それを言ったら、おじちゃんさらに一言。

「だから民宿でいいって、いつも言っているだろう。」

とても楽しく盛り上がり、今度から修学旅行を年に2回にしようかと‥。

それを聞いておじちゃんは、

「なに~!!」 

 

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »