« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

お年玉切手

今年もカネゴン家のお年玉付き年賀はがきの当たりは切手シート3枚のみでした。

Cimg0004_81    

年賀状150枚そこそこで切手シート3枚は確率的にはそんなものでしょうけれど、今まで一等、二等どころか、三等すら当たった事もなく、せいぜい昔レターセットか何か一度か二度当たったくらいなものです。

生まれてこのかた半世紀、知人、友人、親戚でも「当たった!」という人は聞いたこともなく、おじちゃんは「一等、二等の当たり番号のはがきは実際には作られていないんだ!」とまで言う始末。

こんなんだもの、宝くじなんて10枚ぽっきり買ったって当たるわけないよねぇ。

それでも郵政民営化されたせいか、今年の切手シートはちょっとかわいらしい感じがします。

切手収集をしているわけではないけれど、物持ちのよいカネゴンが本棚の奥から引っ張り出してきた物がこれ。

Cimg01_21

12年前と24年前のねずみはちょっと地味でしたね。

ちなみに36年前の「ねずみ年」はねずみではなく宝船でしたし、さすがに48年前はありませんでした。

節分の前だというのに来年の話をすると鬼に笑われるけれど、

来年こそは「牛の切手」の他に是非もうひとつ‥‥

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

忍野の富士

冬の美しい富士山を間近に見たくて山梨にやってきました。

忍野八海からの富士山です。

Cimg0024

昨年圏央道が中央高速まで繋がったおかげで、一時間で行くことができました。

雪を被った茅葺の屋根と、湧水、干したとうもろこし、富士山の風景は、まるで絵に描いたようです。

Cimg0028

朝9時、まだ氷点下ではないかと思われる空気の冷たさでしたが、驚くほどに透明度が高い湧水は、思ったより冷たいものではありませんでした。

Cimg0017

鯉だの、ニジマスなどの魚が悠々と泳いでいて、思わず見とれてしまいました。

そして、今朝7時過ぎにしっかり朝飯を食べてきたにもかかわらず、まだ10時前だというのに、おじちゃんにつられて焼きたての草餅を食べ、蕎麦まで食べて、ああまたやってしまった‥

山中湖のそばの花の都公園から見る富士山も綺麗だと聞いていたので、すぐ近くなので行ってみました。

Cimg0061

こちらは遮るものがないため、富士山が裾を広げた姿を見ることができます。

花の季節は一面お花畑らしいですが、今は雪の原っぱです。

でも富士山は今の季節が一番美しく見えるそうです。

花の都公園は冬の間、3月の中旬ころまで入園料が無料です。

何もないだろうなと思いながら、ほとんど人気のない公園に入ってみました。

Cimg0064

太陽も高くなり、気温も上がってきて、外を歩いても気持ちが良い感じです。

Cimg0094

除雪が行き届いているので、歩く場所はほとんど雪が融けていて、普通の靴で何も問題ないのですが、ちょっと近道しようと道をはずれると‥

Cimg0104

それもまた楽しいかも‥

公園の中に温室がありました。入ってみました。

Cimg00721

Cimg00872

真白な外とは異次元の世界です。

ランや大きなユリやベコニアや色とりどりの花が咲いていました。

秋から冬になりしばらく花を見ていなかったせいもあり、余計美しく見えました。

所々、春の準備をしている係りの人たちと、暇そうな売店のお姉さんがいるだけで、他にお客さんはなく、タダで綺麗なお花を見せてもらって帰るのは申し訳ない気がして、ハーブティーを注文して飲んできました。

花があるから、冬は閉めるというわけにはいかないのでしょうが、これで採算がとれるのかなぁ。

そして、「紅富士の湯」という富士山の見える日帰り温泉に入って帰ってきました。

ちょっとワクワクした一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

お江戸の白梅

今日は友人のお見舞に都心へ行ってきました。

面会時間まで、ちょっと近くを散策してみました。

芝の増上寺。 東京タワーが間近に見えます。

Cimg0008_21

昨日の雪は跡形もなくなっていましたが、かなりの強い風が吹いていました。

青梅の梅はまだまだ固い蕾ですが、芝公園では一部、早咲きの梅が咲いていました。

Cimg0043_21

まだ蕾の木がほとんどなので、咲いている木を見つけてうれしくなりました。

歴史ある寺と白梅を見たら、ふと「お江戸」という言葉が浮かんできました。

    

足の手術をした友人は、内臓は至って元気なため、病院のレストランでケーキを食べながら、ひとしきりおしゃべりに花を咲かせ、気がついたらすっかり日が暮れていました。

Cimg00471

     

帰ってから夕飯を作ると遅くなるし、そうだ、この前、テレビでやっていた東京駅の駅弁を買っていこう、と買ったのがこれ。

Cimg00511

東京駅の銀の鈴と日本橋をイメージした和食の駅弁です。

Cimg0055_41

1800円もしますが、いろいろ日本橋のこだわりも入っているようで、なかなかおいしいとおじちゃんは言っていました。

私も食べたかったのですが、実はこれが今日最後の一個だったのです。

仕方なく私はこちらにしましたが、

Cimg0053_21

Cimg00561

鮭やイクラやホタテ が入っていてこれもなかなか美味しかったですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

月曜日の朝は雪になるという予報だったので雪靴まで買って構えていたのに空振りでした。

今朝も雪という予報でしたが、朝起きてカーテンを開けても、またもや雨も雪も無し。

ところが、一時間ほどして、仕事に出かけようと外を見たら、かなりの雪が降り始めていました。

Cimg0001_3

こんな日は患者さんも少ないだろうと思っていましたが、さすがにお年寄りは少なかったものの、インフルエンザの患者さんがかなりやってきました。

いよいよインフルエンザの季節が始まったようです。

寒い、寒い!!

自動ドアの開閉が頻繁なのと、すきま風で待合室は一日中ちっとも暖かくなりませんでした。

夕方には雨に変わりましたが、寒い事には変わりなく、今夜も手抜きしながらも体が温まる湯豆腐にしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カマキリの卵

すっかり葉を落とした庭のドウダンツツジの中に、なかなか落ちない葉があるな、と思っていたらカマキリの卵でした。

Cimg0038

ネットで調べてみたら、どうもオオカマキリのようです。

そういえば、昨年10月頃、よくこのドウダンツツジの上にカマキリ君がいました。

Photo_22_2

このカマキリ君、視線を合わせると、挑戦的な目をしてカマを振り上げる、おもしろい奴でした。

いや、卵を産んだのだったらカマキリさんだったのかもしれません。

虫嫌いのおじちゃんは、そんな卵、焼き捨ててしまえ、とか言っていますが、いやなこった。

昆虫観察なんて子供の頃にした事があったかどうかですが、春になって、このカマキリのミニチュアがたくさん出てくるのが、ちょっと楽しみです。

          

2週間前に見つけたロウバイの木がどうなっているか、再び散歩がてらのぞいてみたら満開でした。

Cimg0026_2

あいにく今日は青空ではありません。

天気予報では今宵より雪になるとありました。

春はまだ先のようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

雪化粧

このところ毎日寒いなと思って、今朝カーテンを開けてみたら、外はうっすら雪化粧をしていました。

道路には全く積もっていないものの、屋根や畑が雪で白くなっていました。

初雪です。

蕾が赤くなってきた沈丁花も雪をかぶり、

Cimg0016

冬のパンジーも雪が積もれば寒そうです。

Cimg0019

10時頃には日差しも戻ってきて、雪もすっかり融けてしまいましたが、外は冷たい北風が強く、部屋の中で縮こまっている一日になりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

厳寒の万座

今年も万座へスキーにやってきました。

昨日、雨上がりの日曜日、朝7時過ぎに家を出たらすでに遅し、連休という事もあって関越自動車道は渋滞していて、一般道を通ったり、上信越自動車道にまわったりして、予定よりだいぶ遅れ、昼頃万座に着きました。

途中軽井沢のあたりまでは天気もよく、一年ぶりの雪景色にワクワクしました。

Cimg0008

ところが標高が高くなってくるにつれ、だんだん雪、風が強くなり、 万座に着く頃には吹雪で視界もほとんどなくなってきました。

Cimg0015

昨年に続き、今年のスキーの天気も大ハズレです。

それでもリフト券付きスキーパックでホテルを予約してしまったため、午後から吹雪の中をゲレンデに出ました。

Cimg0019

時折薄日は差すものの、地吹雪でホワイトアウトのような状態になるわ、突風に吹き飛ばされゲレンデに叩きつけられるわ、リフトに乗れば凍えるほど寒いわで、何も修行に来ている訳ではないので数回リフトに乗って滑っただけで、早々に部屋に戻ってしまいました。

10年前なら、リフト券の元を取るまで意地でも滑っていたのにねぇ。

Cimg0026

実はこのホテル、新年早々ノロウィルスの食中毒を出したとかで、しばらく営業中止で前日の土曜日に営業を再開したばかりでした。

レストランも大幅に規模を縮小され、食事は火の通った物のみのバイキングで、もうお楽しみは温泉しかありません。

宿泊客がいつもより少なかったおかげで、大きなお風呂をほとんど貸切状態で入り、五十肩をさすりながら束の間の極楽気分を味わいました。

さすがに今朝5時、氷点下10度を下回る中、屋根付きとはいえ誰もいない露天風呂に一人で入り、吹雪が吹き込んできたと時はやめればよかったと思いましたが‥。

                       

今日も雪が降って寒いため、一時間ほど滑って退散しました。

雪質は良く、天気が良ければ最高なのですがねぇ。

帰り道、山を下るにつれ、悔しいことに冬晴れの天気になってきました。

Cimg0028 

途中、雪を被った浅間山もきれいに見えました。

Cimg0038

ここ何年かスキーの天気に恵まれませんが、次回こそは、天気の良い中、気持ちよく滑りたいものです。

それにしても、あと何年スキーができるかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

筋金入りだるま

今日の夕方から青梅のだるま市です。

駅前ロータリーに近くの大学の学生が作った、大きなだるまが現れました。

Dvc00037_2

後ろに回ってみると‥

Dvc00036

張りぼてかと思ったら、鉄筋の骨組で重さ300キロもあるそうです。

お昼頃から冷たい雨が降り始め、準備も大変そうです。

どんどん寒くなってきたので、今年はだるま市を見ないで家に帰り、夜は湯どうふにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

極楽整形

昨年暮れからの肩痛の具合があまりかんばしくなく、「最近の整形外科は気持ちが良いよ」という話を聞いたので、自転車で10分ほどのところにある「整形外科、リハビリ、内科」という看板の医院に行ってみました。

医院の中に入ったとたんメガネが曇るほどに暖かく、しかも、2,3人ゴホッ、ゴホッと咳をしている人も含め30人程が待っており、「しまった、整形専門の所に行けばよかった」と半ば後悔しながらも、用意してきた予防用のマスクをかけ、受付を済ませました。

私の後からも、次から次へと患者さんがやってきて受付を済ませていきますが、どうも多くの人たちはリハビリのみらしく、どんどん呼ばれて奥へ入っていきます。

初診の私は一時間ほど待たされて、レントゲンを撮って、結果は「五十肩のなりかかり。湿布を貼って、出来れば毎日でもいいからリハビリに来て」というものでした。

その後案内されたのが、たくさんのベッドや椅子やら機械が並んでいる広~いリハビリ室。

「まずはレーザーを当てて温めます。」という事で椅子に座って施術を受けていましたが、周りを見渡すと、本を読んでいる人、ベッドで眠ってしまっている人、隣の人とおしゃべりをしている人、様々です。

あっ、肩もみしてもらっている人もいる、いいなぁ。

皆それぞれ、痛みがあるから、受けているのでしょうけれど、リハビリというイメージとは程遠く、気持ちよさそうで、これで、コーヒーでも出れば、まるでサロンのようと思いました。

レーザーを当てた感じ‥何だかよくわからなかった‥。

次はマッサージ。

「どこら辺が痛いですか?」と聞かれたものの、大きく腕さえ上げなければ、どこが痛いというわけでもないので「右肩」としか言いようがなく、思わず「それと首筋のあたり」と言って、ちゃっかり五十肩と関係のない肩もみをしてもらいました。

気持ちいい~!

でもさすがに何でもない左側はやってもらえずちょっとガッガリ(あたりまえだ!)

そして最後はベッドに寝て、低周波治療。

やはり「どこら辺ですか?」と聞かれ、さっきの肩もみで味をしめた私は調子に乗って、五十肩とは全く関係のない首筋あたりの肩コリのツボを指差したら、

「先生は何と診断したんですか?」

「五十肩‥」

リハビリのお姉さんは私の指差したところを無視して、黙って肩の周りに電極をあてていきました。

ばれたか‥。

10分か15分くらいでしょうが、心地よい音楽の流れる中、ついウトウトしてしまったところ、「お疲れ様」の声とお姉さんの満面の笑みに起こされ、「やはりここはサロンだ」と思ってしまったのです。

「毎日通っていただければ、1,2か月で良くなりますよ。」とお姉さん。

リハビリだけなら、ほとんど待ち時間もないし、一回300円位らしい。

気持ちいいし、また行ってもいいな、と思ってしまいました。

しかし、健康保険が赤字だといっているこの御時世に、この程度の痛みで、ついでに「肩もみ」して気持ちいいなんて、ちょっとまずいよなぁ。

もらってきた五十肩体操のパンフレットを読んで、自力で治すべきじゃないのかなぁ、と考えながら、整形を後にしました。

    

医院のすぐそばにある、神社の御神木のしだれ桜です。

Cimg0002_2

初詣には大賑わいですが、今はもうひっそりとしています。

枝にはたくさんのおみくじが結びつけられていました。

今年の初詣は別の場所だったので、改めてお参りしました。

「肩が治りますように。皆が健康で暮らせますように。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

冬の中に見つけた春

おじちゃんの正月休みは今日までです。

せっかくだから早起きをして、冬晴れの富士山を見に行こうという話もありましたが、あいにくおじちゃんは風邪をひいたらしく、咽喉が痛い、鼻が出るというので、大事をとって家にいる事にしました。

マスク姿のおじちゃんのは、漫画に出てくるマスクをかけたカバそのもので、思わず笑っちゃいます。(失礼!)

明日が七草で松がとれる日ですが、え~い、今日のうちに片づけてしまえとウダウダしているおじちゃんをよそめに、お飾りをはずし、お正月の物を全部しまってしまいました。

     

今日は家に居るのはもったいないほどのポカポカ陽気の良い天気だったので、午後から散歩に出かけてみました。

途中、黒猫に出会いました。おっ、こいつぁ春から縁起がいい。

Cimg0013

距離があったせいか、逃げるでもなく、カメラを向けるとポーズとってくれました。

しばらく行くと広い農家の庭先にロウバイが咲いていました。

Photo

まだかなりの枯葉が枝にしがみついているため、遠目には冬枯れの木に見間違いそうでしたが、近づくとたくさんの黄色い花を付けていました。

甘い香りをただよわせ、青空に映えたロウバイは一足早い春を感じさせてくれました。

期せずして見つけたロウバイ、ちょっと遅れたお年玉をもらったようでうれしくなりました。

Cimg0023

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

仕事始め

このお正月はジジババがやってきたり、おじちゃんの実家に行ったくらいで、特に何をするでもなく、あっという間に過ぎ去っていきました。

何だか食べてばかりだったような気がします。

恐ろしくて、体重計に乗れません。

今日はやらなければならない仕事があるので休日出勤しました。

営業日は明日からなので、窓のブラインドは閉めたまま、入口のブラインドも半分下ろしたままです。

こうやって仕事をしていると、まるで穴蔵にいるようです。

Cimg0007_6 

唯一入ってくる光は「仕事なんかやめて遊びに出ておいでよ」と言わんばかりで、腹立たしくなってきましたが、こればかりは仕方なく、あきらめて半分休みボケしながらも私の今年の仕事が始まりました。

しかし何とまあ、この写真の傾いている事。

おじちゃんに言わせると、何の写真だかさっぱりわからないそうです。

はい、うちの薬局は御多分にもれず狭くて、入口と光を撮ろうとしたら、どうしてもこの角度になってしまうのです。

ちょっと待て!何してる!ブログネタを探しにきたのではない、仕事をしに来たんでないの?!

明日からはシャンとして、仕事をしなくては。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

初詣

穏やかな元日となりました。

年末から摂取エネルギーが消費エネルギーを大きく上回る日々が続いていたため、くつろいでいるいるジジババをおいて、片道40分ほど歩いた所にある塩船観音寺まで初詣に行ってきました。

途中の田んぼでは、のどかに凧揚げを楽しんでいる人たちもいました。

Cimg0008_4

ツツジで有名な塩船観音寺ですが、今日はツツジ祭り以来のにぎわいで、車の渋滞も始っていました。

ここは本堂、阿弥陀堂の他あちこち拝む場所があるので、ご利益のほどは定かではありませんが、人の並んでいない所でせっせとお賽銭をあげてきました。

Cimg0022

そしてこんな所を見つけました。

ここは外せないでしょう。

Cimg0027_2 

ジジババがボケませんように。

おじちゃんがボケませんように!

そして、この頃危ない私もボケませんように‥

財布に残っていたジャラ銭200円で必死に祈ったのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

謹賀新年

     あけましておめでとうございます  

  

Cimg0001

       

今年も元気に、あまり難しい事を考えずに、あっちこっちウロウロしながら、のほほ~んとブログが書けたらな、と思っています。

本年もどうぞよろしくお願いします。

          

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »