« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

肉球のガチャポン

明日で10月も終り、朝晩大分冷え込んできました。

裏のコンビニのハナミズキも、葉が落ちて、赤い実が一層青空に映えるようになってきました。

Dsc_0034_3

外では鳥がひっきりなしに鳴き、小さな虫たちも最後の力を振り絞るかのように動き回っているので、茶々丸はどうも落ち着きません。

Dsc_0013_3

昨日初めて、カプセルおもちゃの自販機、ガチャポンなるものをやってみました。

あれは、子供がやるものと思っていましたが、最近、職場の若い子たちも、いろいろなシリーズのストラップ集めに時々小銭を費やしているようです。

「肉球キーカバーのシリーズが入りましたよ」という話を聞き込み、仕事が終わってスーパーの入り口に行ってみると、今まで気にも留めていませんでしたが、20台くらいのガチャポンの機械が並んでいました。

お目当ての機械を見つけ、誰も見ていない隙を狙って、100円入れて、そっと取っ手をひねってみましたが何も出てこない‥

「エエッ~?何で?いやだ、人が来ちゃうじゃないのよ‥」とあせりながら思い切って回すと

ガラガラ、ポンとカプセルが出てきました。

さすがにその場でカプセルを開けるのは、ちょっとはばかられ、家に帰ってから開けた中身がコレ。

Dsc_0010

オイオイ、オマエのおもちゃじゃないよ。

鍵に被せると、こんな感じになります。

Dsc_0032_4Dsc_0033_2

さわるとプヨプヨして気持ちが良いです。

裏が黒白柄でした。

チャトラ、キジトラ柄など色々あるらしく、本当は茶々丸柄がほしかったのですが、のめり込むととんでもない事になりそうなので、これでやめておきます。

そして空のカプセルは茶々丸の格好のおもちゃとなりました。

Dsc_0015

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

にゃんまげ

殿~~ッ!

Dsc_005

何事じゃ?

Dsc_0009

良きに計らえ‥

    

Dsc_0005_4

ああぁ、カメラの埃取りなんか使って、またオレ様をコケにしやがったな! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ジャンピング選手権

ジャンピング選手権、次は茶々丸選手です。

Dsc_0008_4

茶々丸、集中しています。

Dsc_0006_3

見事、回り込みキャッチ成功!

Dsc_0016_3

茶々丸選手、倒れ込みました。

Dsc_0019_4

あっ、  茶々丸選手、何を勘違いしたのでしょう!

そっちではありません!

あ~ぁ、蛍光灯の紐をキャッチしてしまいました。

残念!! 失格です。

   

   

茶々丸は最近よく和室の蛍光灯を点けます。

突然、和室が明るくなったかと思ったら、その下で茶々丸が澄まして座っています。

でも決して消す事はしません。

それにしても、動く猫の写真を撮るのは難しいものですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

思い通りにはいかない‥

先日、日光白根山に行った帰り、沼田に向かう道端にプチトマトが実ったような枝をたくさん吊るしてある店が、あちこちに出ていました。

アカナスだそうです。

Dsc_0001_2

何だか妙にほしくなり、後先考えずに思わず買ってしまいました。

家に持って帰ったはいいけれど、どこに飾ったらよいものやら、まして、こんなものを家の中に飾ったら、茶々丸が黙っている訳がありません。

仕方ないので、テラスの物干しにぶら下げておきました。

2週間経って、少しシワシワになってきましたが、まだ結構綺麗です。

庭の小菊も咲き始めました。

Dsc_0004

そんな土曜の夕方、おじちゃんは久しぶりに茶々丸を庭に連れ出しました。

どうせ、たいして動きはしないだろうと、茶々丸のリードを長くし、自分はこのアカナスの吊るしてあるテラスに椅子を持ちだして、缶ビールを飲みながら、呑気にしていたところ‥

Dsc_0009

やっぱり猫は気まぐれ。

前回は、座り込んで動かなかったくせして、今日は木登りするわ、走り回るわでリードがあちこちひっかかってしまいました。

その上、モップのような尻尾にゴミやら枯れ葉をくっ付けてしまい、まるで交換日のダスキンのようになってしまったため、この日の散歩も10分で終了。

心地よい秋の夕暮れをペットと共にのんびり過ごすという計画は、あえなく頓挫してしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

オレ様とカネゴン

オレ様、おじちゃんが会社に行った後、食卓のおじちゃんの椅子に座ってみた。

Dsc_0006

何か美味い物でも出てくるかと思って待っていたが、何も出てこなかった‥チェッ。

カネゴンが忙しそうに、生協のポリ袋をリサイクルに出すために整理していたので、邪魔してやった。

Dsc_0028

これがまた面白くて、袋を被ったまま家中を走り回ったら、袋の持ち手が、足やら体やら首に巻きついて身動きできなくなってしまった。

カネゴンが、あわててハサミで袋を切り裂いてくれたから助かったけれど、死ぬかと思ったよ。

「袋は危ないから」と言って、さっさと片付けられてしまった。

Dsc_0061

ああ、つまらない!

いじけて、猫タワーで遊んでいたら、「ちょっとだけよ~」と袋を触らせてくれた。

Dsc_0050

でも写真を撮ったら、またさっさと片付けてしまいやがった。

チエッ、いゃなヤツ!

生命保険のお姉さんが玄関にやってきた。

オレ様も玄関に行ってみた。

このお姉さん、オレ様の事があんまり好きではないらしく、ちっともオレ様の事を撫でてくれない。

悔しいので、お姉さんのスカートをかじって、ちょっとめくってみた。

Dsc_0072_2

あとで、カネゴンにすごく怒られてしまった。

でも、オレ様は反省のポーズなんて、しないぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

茶々丸劇場

Dsc_0001

オレについてこい!

Dsc_0006

ハイ、どこまでも、ついていきますワ。

フンッ、何て事をやらせるんだannoy

Dsc_0008_2

ジジババがリンゴを送ってくれたらしい。

Dsc_0011_2

オレ様は、あんなバカバカしい格好をさせられるより、こうやって、おじちゃんと一緒に段ボールを開けて遊ぶほうが好きだよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

二足歩行まであと少し

Dsc_0002_3

catおっ、何かいるぞ!虫か?

これは小さい。オレ様にしか見えないだろう。

Dsc_0005_2

ヨッ! 最近2本足で立つのは慣れたもんさ。

猫背矯正にもいいんだぜ。

クモか~?

Dsc_0007

クソッ、時計の裏になんか入りやがったsweat01

コンニャロ、出てこい!

Dsc_0010_2 

オットットット‥sweat01

自慢の尻尾でバランスを取って‥sweat01

       

ウワッ~sign01 落ちる~sign01#$%&%&#%sign03 ガラガラ、ドスンsweat01impact

イテテテdown しまった、木彫りのフクロウにしがみついて、落してしまった‥

あれっ、割れちゃったsign01

カネゴンとおじちゃんのお気に入りのフクロウなのに‥  逃げようsweat01dash

    

‥‥木彫りのフクロウはボンドで貼り付けて、元の場所に収まりました‥‥

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

丸沼高原の秋

日光白根山に登った夜は丸沼高原にあるペンション「カレンズ」に泊まりました。

すでに暖房が焚かれ、食堂でストーブの火を見ながらの夕食は、ほっと気持ちまでもが暖まる感じがします。

翌朝、紅葉真っ只中の丸沼高原の森では、色付いた木々の葉が朝日に光り輝いていました。

Dsc_0141

Dsc_0137

前日、白根山への途中の道ではあちこちに霜柱が立っていました。

行きに見た時はもっと霜柱らしかったのに、写真を撮るゆとりがなく、帰りの頃には大分融けて、すっかり形が悪くなっていました。残念‥

Cimg0037_2

茶色い落ち葉の中に赤いナナカマドの葉も見つけました。

Cimg0043_2

木々は様々な色で山を飾り、この見事な自然の成せる業に 改めて驚き感激しました。

Dsc_0105

丸沼高原はすっかり秋景色でした。

      

    

ゆっくり遊んでから帰りたかったのですが、家には茶々丸君が待っています。

朝食を食べて、すぐに帰路につきました。

途中、あちこちでリンゴ園が店開きしていました。

Dsc_0150

今の季節は「陽光」だそうです。

パリッとして、甘さの中に少し酸味がある、美味しいリンゴです。

リンゴを買って、家路にまっしぐら‥午前中に帰ってきました。

ただいま、茶々丸!

Dsc_0157_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日光白根山

日曜日、秋晴れの中、日光白根山に登ってきました。

Cimg0035

標高2578mの日光白根山は関東以北では一番標高が高い山ですが、群馬県の丸沼高原からロープウェーで一気に2000mまで登ることができます。

朝6時前に家を出ましたが、途中高速道路の事故渋滞に遭ってしまい、1時間も余計に掛かり、丸沼高原に着いたの時には、すでに9時半になっていました。

Dsc_0009

標高1400mの丸沼高原では紅葉が見頃になっていて、ロープウェー乗り場は紅葉見物の観光客で賑わっていました。

天気がよく、ロープウェーからは尾瀬至仏山、燧ヶ岳、丸沼など、くっきり見え、これだけでも出かけてきた甲斐がありました。

ロープウェー山頂に着くと、目の前に日光白根山が「でーん」と鎮座していました。

Dsc_0015

‥あれまぁ、これからまだ結構登らなければならないみたいだねぇ‥

しかし、すでに時計は10時を過ぎており、山歩き初心者の中高年が登り始めるにはちょっと遅い時間です。

下の地図のオレンジの線の日光白根山頂往復コースで、標準4時間30分ですが、果たして行ってくることができるか‥

おじちゃん一言 「やめよう‥」

でも、ここは一般の散策路コースもあるので、もし無理なら引き返して、こちらのコースを歩こうという事で出発しました。

Cimg001

標高2000mの地域であるこの道は、すでに落ち葉がいっぱい敷き詰められていました。

空気がさわやかで、久しぶりの晴天での山歩きはとても気持ちが良いものです。

あっという間に散策路コースと登山ルートの分岐まで来てしまいました。

Dsc_0020

よし、山頂目指して行ってみるか。

靴紐をしっかりと結び直してね。

Dsc_0026_3

天気が良いこともあり、小学校低学年の子たちやペットの犬までも登っていて、道に迷う事もなく、技術的には難しくない山道でしたが、すぐに息があがって、なんと体力的にきついことか‥

いかに普段運動不足であるかをしみじみ思い知らされました。

歩き始めて1時間50分、森林限界を過ぎ、がれ場が現れると視界が開け、ぞろぞろ人が歩いている姿が見えました。

Cimg0025

あと少しなのに、岩をよじ登ったり、細かい岩のかけらに足を取られて、ちっとも前に進まないような気がして、引き返したくなりました。

山頂から下りて来た人が「頂上は人で、いっぱいですよ。」という話をしていました。

もう疲れて歩きたくないし、ちょうど12時なので、頂上で昼飯を食べるのをやめて、がれ場の途中でお昼にする事にしました。

少し休むと元気になり、再び歩き始めると、まもなく遠く富士山が見えました。

Dsc_0037

まさに、「頭を雲の上に出し♪」の富士山です。

標高2500mの場所から見ても、高い位置に見えるのですから、やはり富士は日本一の山です。

疲れが一気に吹き飛びました。

さらに岩場を下りて、またさらに登るとようやく日光白根山の山頂に着きました。

栃木県側に男体山と中禅寺湖が見えました。

感激です!

Dsc_0060

すぐ眼下には、きれいな濃い緑色をした五色沼も見えました。

Dsc_0058

頂上は大勢の人でごった返していて、なかなか写真もとれず、やっと人が入れ替わる隙を狙って、看板の写真だけ撮りました。

Dsc_0071_2

頑張って登ってきた甲斐がありました。

帰り道が心配で、1時には下山し始めましたが、下りは思ったより楽で、3時にはロープウェー山頂駅に着きました。

Dsc_0088

夕日を浴びた紅葉がとてもきれいでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

モンブランに誘われて

wakeから「美味しいモンブランを買いに行くから食べにこないか」というメールが入りました。

「行く!行く~!!」

新百合ヶ丘にあるリリエンベルグのモンブランで、家から14キロも離れたこの店に、朝一番で、このモンブランだけを買うために、車を飛ばしてくれたようです。

Cimg0025

9月10月の限定で、行列ができるらしいのです。

osagiも甘い誘いに釣られてやってきました。

程よい甘さで、中に栗も入っているし、クリームも栗そのものの香りがして、秋を感じさせる美味しさでした。

やっぱりwakeが頑張って買いに行ってくれただけの価値はありました。

  

茶々丸は8月に我がホームにて「らんまる」に惨敗したため、今回まだアウェーで勝つ自信が全く無いので留守番です。

らんまるは相変わらず賑やかに、ドクロの洋服で迎えてくれました。

Cimg0004_2

ベロベロ、すりすり、キャンキャン大歓迎です。

「おいおい、あまりベロベロしてくれるな、あとで茶々丸がヤキモチを妬くではないか」

Cimg0007

まるちゃんは写真慣れしているせいか、カメラを向けたら可愛い笑顔を見せてくれました。

う~ん、後ろの雑巾が残念!

茶々丸もこういうポーズを取ってくれればいいのに‥

茶々丸ときたら、御主人さまが家に帰った途端、ひとしきりスリスリ、ニャーニャーかわいい声を出した後、ゴロン、ドテッと倒れ込み、大股開きの恥じらいのない格好で、喜びを表していました。

Dsc_0007_3

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

温泉の夢を見ながら‥

今年もキンモクセイが香る時季になりました。

カネゴン家のキンモクセイも今朝からよい香りを出し始めました。

Dsc_009_2

そろそろ温泉が恋しい季節です。

Dsc_0001_3 

眠っている間にタオルをのせてイタズラしてみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

勝沼のぶどう

9月20日より高速道路のETC休日昼間割引が使えるようになり、山梨の勝沼まで、高速料金がほぼ半額になりました。

ぶどうの美味しい季節ですし、ちょっとドライブに行ってきました。

さすが勝沼だけあって、たくさんの観光ぶどう園が軒を連ね、お店の人たちが大きく手を振りながら、誘導していました。

どこに入ったらよいのか迷ってしまい、さりとて誘導につられて入るのもちょっと悔しい気がするので、どんどん進んで行くうちにぶどうの丘公園に着いてしましました。

Dsc_0001_2

ずらっとぶどう畑が広がっているのを見渡せましたが、あいにくの曇り空で景色は今一つでした。

それにやっぱり、ぶどうは上から見るものではなく、下から見上げるものです。

途中、目星をつけておいたお店に戻って入ってみました。

Dsc_0024_2

黒い巨峰、赤い甲斐路、緑のロザリオビアンゴなどのぶどうが、たわわに実っていました。

観光バスもやってきました。

Dsc_0015_5

ぶどう狩りをしますか?と聞かれましたが、ちょっと面倒なので普通に買って帰ることにしました。

おじちゃんは巨峰、私はちょっとリンゴのような味がする甲斐路が好きです。

そして、茶々丸は、ぶどうをの籠をしばっていた紐が大好きでした。

Dsc_0009_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

秋晴れ

10月に入りました。

今日は雲ひとつない青空が広がりました。

秋晴れです。

Dsc_0001_4 

朝から洗濯機を何度も回し、久し振りに布団も干しました。

こんな時、一番邪魔してくるのが茶々丸。

夕べは、夜中に人が寝ている上をドタンバタン走り回り、とうとうおじちゃんの怒りをかって、寝室から追い出されました。

今朝もまだエネルギーが余っているらしく、1匹で秋の運動会をやっていました。

布団干しと洗濯干しが終わるまで、2階の部屋の戸を閉め、出入り禁止にしました。

しばらく猫なで声をあげて、「入れろ入れろコール」をしていましたが、諦めたらしく、1階の和室で日向ぼっこを始めました。

何を考えているのやら‥

と思ったら、今日は1日寝ている事に決めたようです。

Dsc_0006_2 

さっきまで、あんなに暴れていたんだから喜んで外に行くだろうと思い、散歩用リードを着けて戸を開けたのに、ちっとも外に出ようとしません。

ねぇ、遊ぼうよ、散歩に行こうよ。

外は良い天気で気持ちいいよ。

寝てばかりいないで、散歩に行こうよ‥

Dsc_0011_3   

おい、起きろ!!

Dsc_0003

「フニャ~‥‥」

そうか、猫族は夜行性だったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »