« 茶々丸と紙袋 | トップページ | 蒸し暑いっ! »

入笠山

土曜日、急に休みが取れる事になり、どうしようかと思案した結果、天気が良ければ山登り、悪ければ1000円の高速に乗っかって、新潟寺泊で美味しい寿司を食べに行こうというという事になりました。

そしてその結果は‥ちょうど梅雨の晴れ間となりました。

Dsc_0403

            山登りですね

信州富士見町にある入笠山(にゅうかさやま)に行ってみました。

朝6時半頃家を出て、何とか高速渋滞にハマることなく諏訪南インターから10分ほどのところにある、富士見パノラマリゾートのゴンドラ乗り場に着く事ができました。

ゴンドラの往復券を買ったら、入笠に咲く花&散策ガイドbookというちょっと気の利いた小冊子をくれました。

8時半過ぎにゴンドラに乗って10分ほどで、山頂駅に着きました。

Dsc_0417_2

5,6分歩くと入笠湿原を見下ろせる高台に着き、ちょうどこの季節、斜面には80万株のスズランが咲き誇っているはずなのですが‥

ここに咲くスズランは日本スズランで、一般に見るドイツスズランとは違い、葉の下にひっそり咲く品種であるのと、そろそろ見頃過ぎということで、遠目には緑の葉っぱしか見えませんでした。

1dsc_0423  Dsc_0420_2

でも近づいてみると、可愛い花が咲いていて、甘い香りがしていました。

Dsc_0446

今回は入笠湿原→入笠山→大阿原湿原→入笠湿原に戻る7,8キロ歩くコースにしました。

ここは湿原と言っても、尾瀬のような湿地ではなく、5月から8月にかけて色々な種類の花が咲きそろう場所のようです。

ゴンドラの頂上は標高1800mくらいで、ちょうど華やかな季節を迎えていました。

Dsc_0461

レンゲツツジ

Dsc_0489

桜の花のように咲いているズミの花

Dsc_0430_2 Dsc_0450

ガイドブックで確かめたら、ウマノアシガタと書いてあった黄色い花や、ピンクのクリンソウなどが、至る所に咲いていました。

入笠山は入笠湿原から30分ほどで登れる山です。

南アルプスの一部ですが、険しい山ではなく、ゴンドラ山頂駅からの標高差150mくらいの小学校の遠足でも登れそうな山です。

それなのに、それなのに‥

今年初めての山歩きで張り切っていたのに‥

寝不足か、朝食をあまり食べてなくて低血糖なのか、それより日頃の運動不足か、山頂目前に息苦しくなって座り込んでしまいました。

ああ、情けない‥

それでも10分ほど休んだら元気復活。

Dsc_0464

間もなくパッと視界が広がり山頂に着きました。

これがカネゴンにとっての、お山の醍醐味なのです。

Dsc_0471_2 

標高1955mの入笠山頂です。

Dsc_0476

空と雲と風がとっても気持ち良かったので、ちょっと背中が痛かったけれど、寝っころがってみました。

このまま昼寝したい気分です。

Dsc_0481

360度見渡せる山頂ですが、天気の割には雲が多く、木曾駒ケ岳の方角と、ちょっと甲斐駒が見えただけで、北アルプスや富士山は雲の中でした。

Dsc_0485

今日は梅雨の晴れ間でしたが、いよいよ夏山を感じさせる景色でした。

その後、大阿原湿原をまわって、舗装道路を通って1時過ぎ入笠湿原に戻ってきました。

入笠湿原に戻る途中、高速1000円で渋滞していたのでしょうか、今頃になってゾロゾロ団体さんたちがやってきました。

帰りの高速が混まないうちにと、早々に帰路につき、4時過ぎには家に帰ってきました。

そしてカネゴン温泉に入り、久々に宅配ピザを取って、グッとビールで一杯やりました。

う~んbeer、美味いっsign03

それにしても、だんだん体力が無くなってきたのを痛感しました。

この近辺の山ででも、もう少し歩かなくてはねぇ‥sad

|
|

« 茶々丸と紙袋 | トップページ | 蒸し暑いっ! »

山歩き」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/45402115

この記事へのトラックバック一覧です: 入笠山:

« 茶々丸と紙袋 | トップページ | 蒸し暑いっ! »