« 紅葉の旭岳Ⅱ | トップページ | 麓郷の森 »

天人峡

天人峡は山深い渓谷の秘境というイメージがありましたが、途中立派なトンネルができていて、旭川空港から一時間ほどで、すんなりと着く事ができました。

層雲峡と同じような柱状節理でできた渓谷美の場所です。

ここも紅葉の名所なのですが、まだ少し早く、見頃は10月上旬のようです。

Dsc_2480_2

Dsc_2481

宿のすぐ下を流れる忠別川の音は、夜中にはゴーゴーと、ちょっと怖いくらいでした。

天人峡に2泊したものの、着いた日は日暮れ時だったし、翌日は一日中旭岳にいたため、まだ天人峡を見て歩いていませんでした。

9月22日(火)早朝、天気は曇りでした。

天気予報では本日曇りのち雨という事だったので、朝食前にちょっと散策に出かけました。

宿から徒歩10分ほどの所にある「羽衣の滝」です。

Dsc_2970_3

落差270mで日本で2番目に高い滝だそうで、ここからは一番上まで見えません。

でも羽衣という名にふさわしい、上品な滝でした。

ここが紅葉したらもっと美しい景色になると思います。

Dsc_2976

少し色づき始めた遊歩道をさらに奥へ行くと敷島の滝へ続く道があります。

あと30分ほど歩けばよいのですが、案内板に「ここから先は足元が悪いので、きちんとした靴で」というような事が書いてありました。

登山靴は、昨日の川渡りで中まで濡れてしまっているので、履けません。

こちらもダイナミックな滝で、見ごたえがありそうなのですが、無理をするのはやめて宿へ戻りました。

天人峡にもいろいろなウォーキングや登山コースがあり、おもしろそうですが、本日は富良野に宿を取っているので、朝食をとってすぐにチェックアウトし、本日の行動をすべく出発しました。

 

|
|

« 紅葉の旭岳Ⅱ | トップページ | 麓郷の森 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/46325883

この記事へのトラックバック一覧です: 天人峡:

« 紅葉の旭岳Ⅱ | トップページ | 麓郷の森 »