« 眼科 | トップページ | オレ様やっぱり留守番さっ »

奥鬼怒の紅葉

毎年恒例のジジババを連れての温泉に行ってきました。

Map71

このところ奥日光に行く事が多かったのですが、今回はジジの希望で奥鬼怒の方へ行ってみました。

今回は何年か前から無料になった、霧降高原道路を通って出かけました。

Dsc_3545

あいにくの曇り空でしたが、標高1440mの峠からは遠くの山々まで良く見えます。

Dsc_3566_3Dsc_3567_4

さすがに気温が低く、この先にある大笹牧場に立ち寄って飲んだ、温かい牛乳が美味しく感じました。

Dsc_3599_2Dsc_3584_2

宿は秘湯と言われている奥鬼怒温泉郷にあります。

Dsc_3600

紅葉が真っ盛りでした。

Dsc_3674_3

紅葉を眺めながらの露天風呂は最高でしたが、まちがってババと混浴の場所に入ってしまっていました。

だれも入ってこなくてよかった‥coldsweats01

Dsc_3678

源泉かけ流しの温泉ですが、気温が低いので露天風呂はちょっぴりぬるかったのですが、木をくり抜いた一人用の風呂は、熱くてとても気持ちの良いお湯でした。

Dsc_3588_3   

宿の離れの部屋は、何だか普通の家か、自炊の湯治場かという、ちょっと変わった感じでしたが、囲炉裏があり、ジジババは昔を思い出して、楽しそうに火おこしをしていました。

部屋には暖房は暖かい石油ファンヒーターがあるし、食事は別の部屋だし、結局この囲炉裏は単にジジババの懐かしいおもちゃだったのでした。  

       

Dsc_3645

翌朝、ジジババを部屋に残してちょっと山の中を散歩してきました。 

Dsc_3671

紅葉の林の中を歩いていると、時間を忘れてしまいます。

いつかまたリュックを背負って、もっと奥へ行ってみたいものです。

Dsc_3653

上ばかり見上げて紅葉を楽しんでいましたが、ふと足元を見ると、新しい生命が育っていました。

たくさんのモミジの赤ちゃんが、落ち葉の間から顔を出していました。

小さくても、しっかり紅葉しています。

何年かかって、あの大きな木になるのでしょう。

「森は生きている」という台詞がふと浮かんできました。

|
|

« 眼科 | トップページ | オレ様やっぱり留守番さっ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/46579988

この記事へのトラックバック一覧です: 奥鬼怒の紅葉:

« 眼科 | トップページ | オレ様やっぱり留守番さっ »