« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

韓国の猫カフェ

6時過ぎ夕飯を食べに、再び明洞(ミョンドン)の街へ繰り出しました。

化粧品のお店がたくさんあり、BBクリームとやらが大人気で、綺麗なオネエサンたちが盛んに呼び込みをしていました。

(全く買う気がなかったのですが、結局帰りの空港で買うはめになりました‥)

石焼ビビンバや冷麺を食べた後、繁華街をフラフラしていたら、おやおや?猫の着ぐるみが立ってるぞッ!

Cay7n3aa

オヌシ何者??

どうも猫カフェの宣伝のようです。

ここで猫派のカネゴンとosagiは、wakeとekkoさんと別れて、この猫カフェに行ってみることにしました。

幸いホテルに貸し出し用の携帯があり、2台持ってきていたので、お互いに連絡を取る事はできます。

路地を入ると、それらしき看板がありました。

Cimg0147_2

まさか変な場所ではないだろうと思いながらも、恐る恐るエレベーターに乗って、行ってみると‥

Cimg0146

CAT Cafe と書いてある明るい入り口がありました。

けっこうお客さんも入っているようです。

まず靴を脱いで、手を消毒した後に中に入れてもらえました。

ワンドリンク付きで8000ウォン(640円)

時間制限があるかどうかは不明でした。

韓国に来てまで、わざわざ猫カフェに行く人はいないだろうと思われましたが、何人か日本人のお客もいて、簡単な日本語の案内もありました。

あっ、猫catがいっぱいsign03

うれしくなってきましたhappy01

カネゴン、もう完全に興奮状態sweat01

Cimg0117_2

真っ先に目についたのが、このフクフク猫ちゃん‥カワイイlovely

でも、私の気持ちとは裏腹に、かまおうとしたら、ツレなく逃げられてしまいましたsad

色々珍しい種類の猫がいましたが、やっぱり普段見かけるような姿の猫が一番カワイイです。

猫は、かまわれるのが嫌い、という事が分かってはいても、ついつい追いかけてしまうカネゴン‥

ひたすら逃げる猫catdash

Cimg0130

遠くから見ているしかないのかなぁ‥

Cimg0124 

‥と思っていたら、見るに見かねたお店のオニイサンが、袋で誘導した子猫を連れてきてくれました。

ありがとうsign01やっぱり韓国のオトコの人はやさしいhappy02

Cimg0125_2

ようやく冷静さを取り戻してきたカネゴンは、自ら袋を使って猫たちを呼び寄せましたが、所詮、猫は抱かれるのが嫌い‥

みな、さっさと逃げていきます。

茶々丸柄のキジトラ猫には完全に無視されましたweep

 

ひたすら猫を追い回すカネゴンに比べ、osagiは、ずっと大人confident

椅子に座ってデーンと猫たちを観察していました。

Cimg0144

そしたら、なんとなんと、いつの間にかフクフク猫ちゃんがosagiの側に寄ってきているじゃないの!

やっぱり猫に好かれる為には、騒いでいちゃいけないんだcoldsweats01

Cimg0135_3   

上を見上げると、猫ハウスの中からニュ~ッと猫足が伸びてきました!

ピンクの肉球がたまらなくカワイク、何とかこの猫の姿を拝みたいものだと、しばらく見ていましたが、なかなか御姿を現してくれません。

 

そうこうしているうちに、9時過ぎwakeから電話がかかってきました。

「10時に、泊まっているホテルの近くにあるプレジデントホテルの足つぼマッサージを予約したから‥」

「場所、分かるかなぁ‥」

とりあえず肉球猫ちゃんに未練を残しながらも、猫カフェを後にしました。

その後、何とかosagiと足つぼマッサージのお店にたどり着き、ようやく極楽気分を味わえたのでした。

終わって足も軽くなり、ホテルに戻ったらもう11時半を過ぎていました。

今日も、よくまあ遊びました。

 

そして3日目は帰るだけ。

午後1時の飛行機に乗り、午後3時には羽田に着いて、オバサン達の楽しい韓国旅行が終わったのでした。

その後‥

帰りのリムジンバスが高速道路の渋滞にはまって、家に着いたら午後7時になり、外国へ行くより遠い我が家でしたshock

家に入って茶々丸を抱き上げると、異常にクンクン嗅ぎまわされました。

そうだ、これ、夕べ猫カフェで着ていた服だッ、浮気してゴメン!!

 

Dsc_8190

      結構なご身分でよろしいですね

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

地下鉄に乗って、宗廟へ

2日目、さすがに疲れていたのか、8時近くなって起床しました。

ホテルのバイキングの朝食を済ませて、出かけた場所は、お粥の店。

朝食を食べたばかりだというのに‥

Cimg0054_2

日本人観光客が多いせいか、日本語がたくさん書いてありました。

Cimg0055_2 Cimg0057_4

アワビのお粥(左)が有名ですが、私は黒ゴマのお粥(右)を食べてみました。

アワビのほうが味がしっかりしていて美味しく、黒ゴマのほうは、どろどろしたゴマ豆腐を食べている感じでした。

キムチも付いています。

さすがにお腹が苦しいっhappy02

 

せっかく韓国に来たのだから、何かひとつ観光をしなくてはと「宗廟」(チョンミョ)へ行ってみる事にしました。

地下鉄を利用してみました。

Cimg0059_2

切符はタッチパネル式の券売機で購入します。

日本語表示にもできますので、割りと簡単に買えました。

Cimg0060

プラスチックの切符が出てきました。

デポジット制になっていて、目的地に着いたら、また機械に入れて、お金が戻る仕組みです。

Cimg0064

すんなり改札を通るはずが、wakeの切符がエラーが出て通れなかったり、間違った改札口に入ったり、すったもんだがありましたが、そこはオバサンパワーで何とか乗り切りました。

Cimg0072

ちょっとの間しか乗りませんでしたが、なかなかきれいな電車でした。

 

宗廟は歴代国王と王妃の位牌が祀られていて、世界文化遺産です。

Cimg0075

決まった時間に日本語ガイドといっしょに中へ入るようになっています。

Cimg0082

この石畳の真ん中は、御先祖様の通る道で、普通の人は歩いてはいけないんだそうです。

Cimg0093

ご位牌が祀られている宗廟正殿の前には、その昔、きっと大勢で祭礼が行われていたであろう、広い石畳がありました。

雨の中、1時間ほどかけて案内され、さすがにちょっと疲れてきました。

 

近くの仁寺洞(インサドン)という街中へ行って、お茶にしました。

Cimg0100 Cimg0101

干し柿の中にナッツが入っているお菓子がとても美味しく、お土産でさがしましたが見つからず、残念でした。

そして色々お店を見てまわった後、オバサン達は一旦ホテルに戻り、ちょっと休憩したのち、再び夜の明洞に繰り出したのでした。

   ‥猫カフェにも行ったよ‥

                Dsc_5492  ニャニッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オバサン達のアカスリ体験

焼肉を食べて、テンションも上がってきたオバサン達は、8時過ぎ、いよいよ韓流美人をめざしてアカスリに出かけました。

1cimg0050

「汗蒸幕」と書いて「ハン・ジュン・マク」と読みます。

日本語堪能な受付のオバチャンがいて安心したのも束の間、サウナに入ってアカスリをしてもらう基本コースの予定が、そのオバチャンの猛攻撃に合い、結局、上半身マッサージのオプションを付ける羽目になってしまいました。

肩こりもひどいので、まあ良いかと思い、始めてもらったのですが‥

今まで経験したような極楽エステと違い、恰幅の良いオバチャンが、まるで肉の塊に塩をもみ込むように、グイッグイッと揉んでいきます。

かろうじて「痛い」という日本語はわかるようで、少し弱くしてくれました。

気持ちイイかと聞かれれば、良いけれど、極楽とはチト違う‥

そして、おまけと称して、背中にたくさん吸盤を付けてくれました。

これで毒素が吸い出されるらしいのですが‥

‥ゲッ、洗濯ばさみで挟まれているような痛みがする‥

これが韓国エステってやつかcoldsweats02

Cimg0157_2

お見苦しいですが、背中にはまだ吸盤の跡がしっかり残っています。

 

そしていよいよ、アカスリ体験開始です。

当然ですが、写真が無いのが実に残念です、いえ幸いです。

タオル地の部屋着みたいな物を着せられたオバサン達は、まずムシロを持たされて、10人入れるかどうか位の石釜のドーム型のサウナに押し込まれました。

サウナが苦手のカネゴンは、最初ちょっと不安でしたが、ほんのり木の香りがして、思ったほど苦痛ではありませんでした。

それでも、やっぱりちょっと水分補給をしたくなり、外へ出て水を飲んだら、だんだん汗が出てきました。

そしてオバチャンに「もう1回」と言われ、再びタオルを持って中に入れられました。

今度は少しゆとりができて、ゆっくり入っている事ができました。

 

サウナが終わると、いよいよスッポンポンにさせられ、薬草風呂に入れられました。

でも、これは日本の大浴場に入る感覚なので、何の抵抗もありません。

問題はその後。 案内された隣の部屋では‥ ‥ワオッ!

ずらっと並んだ診察台のようなベッドに、皆スッポンポンのまま、仕切りのカーテンもなく寝そべっていましたwobbly

一瞬怯みましたが、ここまできたら「まな板の鯉」いや「まな板のマグロ」どうにでもしてくれッ!

 

水着姿の太ったオバチャンが、アカスリ用の手袋をはめて待ち構えていました。

「うつぶせッ!!」という掛け声に思わず反応してベッドに寝ると、無造作に背中にお湯を掛けられ、「ゴシッ!ゴシッ!」とこすられ始めました。

一部背中が荒れている部分があったので、「ここは避けて‥」と指差して日本語で言ってみましたが無駄でした。

お構いなしに、ゴシッ!ゴシッ!!

まるで、自分がブラシで洗われている動物園のカバや象になった気分です。

「よこッ!」「あおむけッ!」‥オバチャンはこの言葉を発するのみです。

足の内股の「もういいです」というような場所までこすられても、抵抗できません。

ひたすら、ゴシッ!ゴシッ!!

はいはい、もう好きにやってください、従うだけですsad

それでも、あられもない格好をさせられ、私は部屋の一番奥だったから良いものの、入り口付近の人は通って行く人にみんな見られるのだから、コリャ恐ろしや、恐ろしやshock

 

そのうちベッドが石鹸で滑り始め、オバチャンの掛け声に即座に反応ができなくなると、待ちきれないオバチャンは強引に私の体を回し始めました。

ちょっとちょっと、ベッドから滑り落ちるよ‥coldsweats02

私は必死に、つかみ所のないベッドの端にしがみついていました。

ド近眼なので、よく見えませんでしたが、さわった感じ、随分アカが落ちているようです。

さすがに顔はアカスリされませんでしたが、すりおろしキュウリをたっぷり乗せられました。

火照った顔に冷たくて気持ちいいけど、キュウリ臭い‥bearing

そしてついでにゴシゴシ頭も洗われ、髪を輪ゴムでチョンマゲにされ一丁あがりッ!

トドメは、オバチャン、桶に洗面器をぶち込んで、お湯を汲み、ザバ~ッ、ザバ~ッと勢い良く掛けてくれました。

もう、ここまできたら、解体されたマグロです。

見事、オバサン4人組はピカピカツルツルにされ、競りに出されるマグロに変身したのでしたcoldsweats01

 

そして、夜の11時頃になって、やっとホテルの部屋に戻り、皆でウェルカムドリンクのワインを飲みながら、ようやくオバサン達の長い長い1日を終えたのでした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

買い物して、ショーを見て、焼肉たべるオバサン達

現地案内の方に空港からホテルまで送ってもらった後、いよいよ午後1時半頃から行動開始です。

10時過ぎ頃、飛行機の機内食を食べたので、まだあまりお腹が空いていませんでした。

ちなみに機内食は「二色そぼろ御飯たこちらし寿司」

Cimg0013_3

国内線は、せいぜいコーヒーくらいしか出ないのに、海外と言っても2時間ちょっとで着くような韓国便に、こんなご馳走がでて、ビールやワインも無料で飲めるなんて、経営状態が悪いのに良いのかしら‥とちょっと考えてしまいました。

ビジネスクラスやファーストクラスなら分かるけどねぇ。

いえいえ、余計な事を考えずに、とても美味しく頂きました。

 

ということで、オバサンたちは昼食の事などすっかり忘れて、ソウルの街へ飛び出して行きました。

今回の旅行の頼みの綱は、10年以上も前に韓国に来た事があるwakeです。

そのwakeの希望もあって、まずは東大門市場にある革製品の店に行くことにしました。

地下鉄で行くこともできますが、韓国はタクシー料金がとても安いので、まずはタクシーを利用してみました。

ところが、ガイドブックを見せて目的の店に連れていってもらおうと思ったのに、結局適当な場所で降ろされてしまい、すっかり戸惑ってしまいました。

何だかアメ横あたりの雰囲気に似ています。

Cimg0027

ウロウロしながらもオバサンたちは、ガイドブックと身振り手振りでの道案内を頼りに、何とか目的の革コートを売っている店にたどり着きました。

Cimg0029

ここは、日本人は上客らしく、流暢な日本語で次々と商品を勧めてきました。

支払いは日本円で良いと言っています。

値切りに値切ってwakeが革ジャンを一枚購入しました。

最初は買うつもりはなかったのに、結局カネゴンも1万8千円の革のコートを一着購入。

日本で買うより全然安かったので、値切らないで買ったけれど、頑張ればあと2千円位は安く買えたかなと、ちょっぴり残念に思っています。

残りのオバサンたちも、それぞれ一枚購入し、意気揚々とホテルに戻りました。

 

そして一休みした後、5時から始まる人気のショー「NANTA]を見に出かけました。

劇場はホテルからすぐ近くのソウル一の繁華街、明洞(ミョンドン)にあり、歩いて行けます。

明洞は、若者の街という感じのとても賑やかな場所で、先ほど革コートを買った東大門がアメ横ならば、こちらは渋谷か原宿か、というイメージでした。

Cimg0035_2

「NANTA]はフライパンや鍋をたたいたり、包丁を太鼓のバチのようにして、まな板の上の野菜を切ったりして音楽にしていく、バイタリティーあふれるコメディータッチのショーです。

一時間半の楽しいショーを見たら、さすがにお腹が空いてきました。

 

さあ、焼肉を食べに行くぞ!!

Cimg0041_2

予約していた焼肉屋さんのオニイサンがNANTA劇場まで迎えにきてくれました。

韓流スターのようなハンサムなオニイサン‥‥lovely

雨が降っていたので、osagiは、このオニイサンと相合傘で、嫉妬の目で見つめる残り3人のオバサン達の前を歩いて行きました。

韓流ファンでなくても、ハンサムな若いオトコの方を見ると、オバサン達はワクワクしてしまいます。

ずるいぞosagi

Cimg0046

そして、お待ちかねの焼肉!!

お腹が空いていた上、焼肉屋さんのオバサンが勝手にドンドン網に肉を乗せていくので、いつもは喋りまくっている4人のオバサン達は、喋る間もなく食べまくり、あっという間にお腹いっぱいになってしまいましたdelicious

 

韓国のお金はウォンで、1円が12.5ウォンです。

すなわち、韓国の値段に0.08を掛けたのが日本円になります。

100000ウォンが8000円。

丸が多すぎて訳がわからなくなります。

焼肉屋の支払いで、50000ウォン札と5000ウォン札の間違えに気づかず、酔っ払ってヘラヘラしていたら、会計のおじさんが、最初は笑って、そのうちだんだんマジ顔で、何か一所懸命しゃべっていました。

こちらも、やっと間違いに気づきましたがcoldsweats02 4000円と400円じゃ、随分違うものねbleah

 

そして、普通のオバサンたちなら、ここで宿に戻るところですが、エネルギッシュなこちらのオバサン達は、いよいよ韓国名物「アカスリ」に出かけたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オバサンたちの韓国旅行

5月22日(土)~24日(月)オバサンたちが韓国にやってきました。

前日頃になって、何だか韓国と北朝鮮の間がキナ臭くなってきました。

昨年は新型インフルエンザのさなかに台湾に出かけ、まったくオバサンたちには、いつも何か付きまとっているようです。

おじちゃんは「それでも行くのか」と言いつつ、早朝4時起きして、羽田までのリムジンバスの始発場所である拝島まで車で送ってくれました。

7時20分羽田国際ターミナル集合、9時20分出発にもかかわらず、osagiが渋滞と道に迷ったということで8時にやっとこ羽田に到着し、今年もハラハラドキドキの出だしとなりました。

そして11時半過ぎ、羽田から大勢の日本人を乗せた飛行機は無事金浦空港に到着しました。

Cimg0014

最近は仁川国際空港が有名で、金浦空港というと、よど号ハイジャック事件の記憶しかありませんでしたが、ソウル市内に近いし、羽田からの便がある飛行場なので、とても便利でした。

ところが、「いよいよ、韓国だ~!」と喜んだのも束の間、あれっ、言葉がわからない‥

一瞬、「ニンハオ」と言いかけて違う!違う!なんだっけ、そうだアンニョハセヨだっだ‥

Cimg0022

韓国も漢字を使う国かと思っていたら、日本人向けの店以外は皆無に近く、英語もわずかで、ほとんどすべてハングル文字ばかり‥

Cimg0023

アンニョンハセヨしか知らないけど何とかなるだろうと思っていた私は、一瞬めまいがして、クラクラ~~ハ~ッ‥

みんなキムチという字に見えてしまいます。

1cimg0160

でも、このオバサン4人揃えば怖いものは無いはずだ‥

ということで、いよいよオバサンたちの騒々しい旅が始まりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

体調を整えて

明後日、カネゴンは例のオバサンたちと2泊3日の韓国旅行に行くことになっています。

万全の体調で‥と思っていたのに、喉の風邪を引いてしまいました。

日曜日の夜のマダムの会で、しゃべりすぎたか、それとも患者さんからうつったのか?

Dsc_8169

      それは、オレ様とおじちゃんの呪いさッ

そんな物に負けないために、怪しげな薬を飲み、今日は家でおとなしくしている事にしました。

Dsc_8173

             外は雨だしね

掃除の後、いつの間にか茶々丸が見当たらず、何処へ行ったのだろうと思ったら‥

Dsc_8175

‥ちゃっかり、おじちゃんの席に潜り込んで、午前中いっぱい寝ていました。

1dsc_8179

目覚めの後はストレッチ‥‥よく伸びるねぇ!

Dsc_8165_2

午後になって雨が止みましたが、ムシムシしてきました。

だんだん梅雨入りも近くなってきたようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

箱ネコ

ダンボール箱を片付けようと思ったら、案の定、ヤツが邪魔しにやってきました。

1dsc_8142

ちょっと小さいんでない?

Dsc_8150

「そんなに好きならあげる」と部屋の片隅に持っていったら、スーピー、スーピー寝てしまいました。

Dsc_8156_2

このまま、フタして荷物で送っちゃおうか‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

薬王寺への散歩道

お昼に蕎麦を食べたその足で、薬王寺まで散歩に行きました。

Dsc_8098

今年はツツジの見頃が遅いので、先週の塩船観音のツツジと比べてみようかと思ったら‥

Dsc_8100

‥すでに終わっていました。

確かに、今日はもう散歩の途中で暑くなってくるほどの陽気です。

団子屋のおじさんに「先週の塩船観音のツツジはまだ満開でなかったよ」と言ったら、「今年の塩船観音のツツジは、寒かったり霜に当ったりして、あれが精一杯だよ」と教えられました。

そうだったのか‥

いくら今年は寒い日が多いといっても、もう5月も後半に入ったんですものね。

Dsc_8126

茶畑では、新茶の摘み取りが始まっていました。

     

こんな天気の昼下がり、あちこちで御猫様たちも散歩していました。

一応、皆様首輪をしていらっしゃいます。

Dsc_8118

               なんだよ

Dsc_8121

         ショウゾウケン、侵害だぞ

Dsc_8130

               ちょっと‥

Dsc_8132

             やめてよねッ

Dsc_8092_2

自由に外を散歩できない茶々丸が、ちょっと、かわいそうになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

草むしり

しばらく暖かい日が続いていたのに、寒気が入ってきたとやらで、肌寒くなってきました。

それでも植物はどんどん成長し、庭がジャングルのようになってきています。

朝のうちに、ちょっとだけ、草むしりと枝切りをしましょう。

Dsc_8063

           オレ様も手伝おうか?

Dsc_8062

          葉っぱ、ペシッ、ペシッ

Dsc_8055_2

         チェック、チェック、ちぇっくッ

Dsc_8069

        先に上がって休ませてもらうよ

小1時間ほど草むしりというか草間引きをした後、家の中に戻ると、先に中に入っていた茶々丸が、ちゃっかり私の布団の上で、くつろいでいました。

おい、チッコたれるなよっ!(幸い、この半年無事ですscissors

Dsc_8080

草むしりの成果で、ボーボーの中に埋もれていたミヤコワスレが顔をだしました。

もう少し早く、手入れをしておけばよかった‥

Dsc_8082

ほったらかしにしておいたプランタのワイルドストロベリーが、いつの間にやらたくさんの花を咲かせ、実をつけ始めていました。

うまくすれば、2,3回ヨーグルトに混ぜるくらいは採れるかも‥取らぬタヌキか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

第3回 茶々丸VSらんまる

いよいよその時がやってきました。

Dsc_8001

       おい、おい、ホントに来たのかよ‥

Dsc_8006

   おい、オマエら、いい加減にしろよなannoy

Dsc_8024

      エッ、おじちゃんまで、裏切るの‥?

1dsc_8025

らんちゃんは、おじちゃんに抱かれてマッタリです。

Dsc_8032

             すげぇ‥

Dsc_8033

茶々丸が注目するほどの、かわいい芸を披露する、らんまる。

でも、やっぱり今回もあまりフレンドリーになれず‥

1dsc_8037

    まるッ、これ以上近づいたら許さないぞッ!!

  

1時間ほどで、嵐は過ぎ去りました。

Dsc_8047

 あいつら、またオレ様のメシまで盗み食いしやがった

          くわばら、くわばら‥

          

第1回茶々丸VSらんまる

http://kanegonph.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_f7f8.html

第2回茶々丸VSらんまる

http://kanegonph.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-ab36.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

塩船観音寺の朝

風薫る5月、早朝散歩が気持ちのよい季節になりました。

昨夜wakeから塩船観音寺のツツジの咲き具合についての問い合わせの電話があり、朝食前に偵察がてら行ってみることにしました。

いつも朝イチで庭に出してもらっている茶々丸は、予定がくるい、屑かごをひっくり返しての抗議です。

Dsc_7939

    おいおい、オレ様のことはどうしてくれるんだッ

Dsc_7945

朝6時半、向かいの公園の藤棚からは、ほんのり甘い香りがただよっていました。

Dsc_7950

30分ほど歩いて、塩船観音寺に着きましたが、まだ係りの人がいなくて、300円の入山料はかかりません。

早起きは三文の得‥

Dsc_7969

今年は少し遅くて、ようやく見頃を迎えたようです。

Dsc_7961

いつの間にやら、立派な観音様ができていました。

なかなか良いお顔をしていらっしゃいます。

Dsc_7984

帰りは広々した田んぼを抜けて、のんびり戻ってきました。

まもなく田植えが始まる事でしょう。

(おじちゃんは 「腹減ったから早く帰るぞ」 と急ぎ足でした)

Dsc_7978 

道端に咲いているヒナゲシも、そろそろ終わりですが、朝の風に吹かれて、気持ちよさそうにユラユラ揺れていました。

そして、家に戻り、遅い朝食をとっていると、wakeから「今、塩船観音。あとで、らんまるを連れて寄る。」との連絡が‥

さあ、どうする茶々丸!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

こどもの日

真夏のように暑くなったゴールデンウィーク最後の日は、どこへも出かけず、家で過ごしました。

こどもの日だったので、茶々丸に鯉のぼりと兜を用意してやりました。

Dsc_7878

暑さのせいか、それともこのところの疲れがでたのか、ぐっすり眠り、されるがままの茶々丸です。

新聞紙の兜じゃ、ちっとも迫力がないわねぇ。

よそ様のブログの猫が、カッコイイ折り紙の兜を被っているのを見て、茶々丸にも作ってやりたくなりました。

Dsc_7888_2

パソコンで千代紙柄をダウンロードして両面印刷したのち、悪戦苦闘の末、2時間もかかってやっとの思いで折りあげた兜です。

Dsc_7897

              いらない‥

う~ん、チト小さかったか‥

あんまり勇ましそうでないし‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ジジババ家の庭にて

ツツジの季節となりました。

Dsc_7825

ジジババ家のツツジも綺麗に咲いていました。

Dsc_7814

       オレ様どこにいるか、わかる?

Dsc_7819

  植え込みの中に隠れて、エモノを狙ってるのさッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

まぼろしのネモフィラ

ジジが一人で鹿児島へ遊びに行ってしまいました。

ババを一人にしておくのが心配だったので、茶々丸を連れてやってきました。

せっかくのゴールデンウィークに実家で燻っているのもなんなので、ひたち海浜公園に行ってみることにしました。

初めて行く場所ですが、只今チューリップ、ナノハナ、そして、ネモフィラが見頃で、昭和記念公園の茨城版という感じかしらと思っています。

「丘一面がネモフィラのブルーにおおわれ、空と海のブルーにとけこんで‥‥」

写真を見て、是非一度訪れてみたいと思っていました。

北関東自動車道が繋がって、予定では1時間で行けるはずです。

9時半開園なので、8時頃家を出れば大丈夫だろうと思っていました。

高速の車も普段よりかなり多かったものの順調に流れ、「皆どこへ行くのだろうね」と暢気に構えていました。

益子焼き?‥おや下りないねぇ

笠間焼き?‥下りないねぇ

常磐ハワイアンセンター?‥あんまりそっちに行かないねぇ

だんだん嫌な予感がしてきました。

まさか、ネモフィラ?

最近、有名になってきたとはいえ、違うでしょう??

甘かった!

003

あと1キロほどの場所から全く車が動かなくなりました。

皆、ひたち海浜公園で下りる車ばかりです。

恐るべしゴールデンウィーク、そして1000円高速。

15分ほど我慢していましたが、これじゃぁどうしようもない、ということで諦めました。

014

せめて海くらい見ていこうということで、埠頭近くに行ったら、小っちゃな展望台がありました。

何が見えるかと上ってみたら‥

ネモフィラだ~!!

008

遠くに、ひたち海浜公園のみはらしの丘が見えました。

かすかに青い‥これぞネモフィラ!

その上にツンツンあるのは人か??

カメラを目一杯望遠にして覗いてみたら、よく見えました。

これじゃ仮に中に入れても、人しか見られかったに違いないと、諦めがつきました。

027

せめて大洗の水族館と思いましたが、こちらも満車。

仕方ないので、しばし海を眺めて過ごしました。

034

太平洋の波しぶきです。

何か海産物屋さんでも探してと思いましたが、帰りの渋滞が恐ろしくなり、早昼のカニピラフを食べて、どこにも寄らず、早々に家に戻ってきました。

それでも、ババは久しぶりのドライブと海が見られた事で、喜んでくれました。

044

     さかな、さかな、かつお~note

ということで、土産はないよ‥スマン

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

なかよし

5月になりました。

異常な寒さも終わり、ようやく暖かくなって、清々しい陽気になってきました。

Dsc_7723

              ねえ、ねえ~notes

Dsc_7727

    たまには一緒に、ひなたぼっこも悪くないよねsun

Dsc_7731

            じゃますんなよannoy

Dsc_7733

     オレ様、おじちゃんとふたりがいいんだnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »