« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

秋を感じた朝

今朝方、窓を全開にして寝ていたところ、寒くて目が覚め、タオルケットを蓑虫のように巻きつけていました。

せっかく涼しいのだから、起きて草むしりをするかthink ‥イヤダッ!bearing

それじゃぁ、涼しいうちに散歩するかconfident ‥ウン、昼間は絶対外に出たくないしねbearing

布団の中で色々考えて、結局6時半、チッコ垂れの茶々丸の頭をゴツンとやった後、久しぶりに田んぼへ散歩に出てみる事にしました。

Dsc_9758

外へ出ると、刷毛で描いたような優しい秋の雲が出ていました。

Dsc_9760

途中の道すがら、オミナエシが咲いているのを見つけ‥

Dsc_9773_2

田んぼに出ると、黄金色に輝く稲穂が広がっていました。

Dsc_9776

「暑い、暑い、今年の夏は異常だ」と言って家にくすぶっていましたが、季節はいつの間にか静かに移り変わってきているようです。

Dsc_9786

栗の木にもたくさんイガグリがついて、茶色くなり始めていました。

Dsc_9781

気の早いのは、もう道に落ちて、実をのぞかせていました。

      

しかし、7時を過ぎてくると太陽がギラギラ照りつけ始め、やっぱり暑い‥sad

30分程の散歩で家に戻ってきました。

Dsc_9795

茶々丸を庭に出してやると、昨日の壊れたホース巻取りにちょっと興味を示したものの、すぐに日陰に引っ込み、日陰が無くなると、いつものように家の中で伸びていました。

Dsc_9798

            早く冷房入れてくれ‥

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

肉球

ピンク色をした猫の肉球はとてもカワイイものです。

茶々丸の肉球は黒で、残念ながらカワイイというには程遠すぎます。

Dsc_9732

猛暑だというのに、足の裏にフサフサした毛まで生えて‥

‥ホッキョクグマじゃあるまいし‥

Dsc_9743

肉球、いや足跡のTシャツ を着たおじちゃんが、夕方、散々蚊に刺されながら庭のホース巻き取りの交換をしました。

Dsc_9752

新しい物には必ずチェックを入れなければ気が済まない茶々丸です。

Dsc_9756

毎日昼間は猛暑ですが、やっと夜は涼しくなり冷房がいらなくなりました。

虫の音も聞こえ始め、茶々丸は暗がりの中の何かをジッと見つめています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

酷暑

     暑いimpact 何でこんなに暑いんだsign03

Dsc_9708

もうすぐココも灼熱ジゴクsweat01‥寝てられるのも今のうちsleepy

朝から室温は30度を超えています。

茶々丸は10時近くまではテラスの日陰で寝て、いよいよ日陰が無くなると、今度は冷房の効いたリビングで一日中お過ごしになるという、とても贅沢な御猫サマ暮らしをしております。

Dsc_9716

              極楽、ゴクラク‥

そんな茶々丸をよそめに、昨夜職場の暑気払いで二日酔い気味のカネゴンは、ダラダラと午前中いっぱいかかって洗濯と掃除を済ませたら、後はもう何もやる気力なし~sad

午後になると、2階は窓を開け放しても室温34度wobbly

それでも冷蔵庫の野菜庫が空っぽなので、意を決して暑い時間帯に買い物へ出かけました。

Cimg0063_2

スーパーの裏の市営のプールは子供たちで賑わっていました。

まだ夏休みかぁ、いいなぁ‥catface

Cimg0069_2   

楽しそうだなぁ‥catface

じゃぁカネゴンも入る?happy02

そう思っても、実行が伴うほどのエネルギーが全くないので、さっさと買い物を済ませると、グースカ寝ている茶々丸と共にウダウダした一日を過ごしてしまったのでしたsadsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

岩盤浴

数年前、岩盤浴がブームになった時がありましたが、行ったことがありませんでした。

おじちゃんの夏休みの最終日、飯能の宮沢湖温泉 喜楽里 別邸という日帰り温泉に行って体験してみました。

1cimg0063

岩盤浴着を着て岩盤浴の部屋に入り、空いている場所にバスタオルを敷いて寝転がります。

サウナが苦手のカネゴンはちょっと心配でしたが、サウナほど暑くなく、息苦しいこともなく、気持ちよく汗が出ました。

うつ伏せになってお腹を温めると、日頃冷房で冷えているせいか、とても気持ちよく感じました。

この温泉施設は小学生以上でなければ利用できないうえ、岩盤浴の部屋は大人のみで、おしゃべりも禁止になっているので、とてもリラックスでき、そのまま眠ってしまいそうになります。

心なしか、お肌がスベスベになった気がします。

お昼近くに出かけましたが、2時頃になって随分と混んできました。

日曜日に出かけるなら、やっぱり午前中が良いのかもね。

  

おじちゃんは明日から仕事です。

カネゴン家もいよいよ夏休みモードから仕事モードに切り替えなくてはなりません。

Dsc_9676

    オレ様、また明日からひとりぼっちか‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夏風邪に御用心

週末、また猛暑がぶり返してきました。

Dsc_9693

   このところ夏風邪で喉をやられる人が多いみたいよ。

Dsc_9692

       オレ様の喉はダイジョウブかな?

Dsc_9690

  こうやってお腹をだして、冷えちゃう人も多いみたいよ。

Dsc_9689

 オレ様は、こんなに毛がフサフサしてるから平気だけどネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

高峰山

おじちゃんが夏休み中だったので、木曜日「あなたの街から~」の日帰り読売旅行ツアーで、浅間連峰の標高2091m高峰山へ山歩きに行ってきました。

Dsc_9662

山歩きと言っても車坂峠までバスで行くので、実際は標高差100m程度のハイキングです。

朝8時半に小作出発という、山歩きにしては、かなり遅い時間ですが、夏バテのカネゴン家にとっては半分避暑を兼ねての気楽な気分で出かけました。

Dsc_9577

道中、”曇りのち雨” というあいにくの天気でしたが、上信越自動車道の小諸インターで下りて、車坂峠に着いた時には、青空が広がり、暑いくらいの陽気になっていました。

ラッキーsign01

でも残念ながら周りは雲だらけで、山々が見えるはずの景色は全然ダメでした。

そして本来の山歩きであれば、とっくに頂上に着いている時間のお昼頃、出発地点の高峰高原ホテルから高峰山に向かって歩きはじめました。

Dsc_9586

最初、少しきつめの登りが続いたあとは、ほとんど平坦な尾根道を歩いて、40分くらいで頂上に着くことができます。

”山の天気はお昼まで”というように、だんだん霧が上がってきて雲行きが怪しくなってきました。

それでも、途中咲いている花を楽しみながら、のんびり歩いていきました。

Dsc_9606

アザミ‥

Dsc_9608 

ツリガネニンジン‥

その他、マツムシソウ、ワレミコウ、名前は知らないけれど色々な種類の花が咲いていました。

Dsc_9616 

12時半過ぎ、岩が見えてきました。

あれま、という間に頂上です。

Dsc_9621

高峰神社の祠の岩に刺さった剣が印象的でした。

雨が降るのも時間の問題という状態になってきたので、この祠の岩陰で、急いでお昼を食べました。

Dsc_9624

配られていたお弁当は「おぎのや」の「峠のおかご弁当」で、なかなか美味しいお味だったにもかかわらず、三分の二を食べたところで、大粒の雨が降り出し、慌てて撤収、下山することに‥

ああ、残念!

Dsc_9627

ずぶぬれになって、高峰高原ホテルに戻ってきました。

今回のツアーは温泉入浴付きです。

Dsc_9650

お風呂から出た頃、雨があがり、下界も見えるようになってきました。

Dsc_9634

バスが出発するまでの暫しの間、辺りを散策しましたが、雨上がりの高原は涼しく、風も心地よく、下界の猛暑を忘れさせてくれました。

Dsc_9639

ヤナギランが見頃です。

  

6時半過ぎ、家に戻ってまもなく、こちらも大粒の雨が降ってきました。

茶々丸も驚いたように、外を見入っていました。

Dsc_9667

            スッゲー雨‥

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

みんなに元気をもらって

私の仕事の原点である昔の職場のマッチャン先生が薬剤部長に昇進したお祝いを兼ねて、懐かしいメンバーが銀座に集まりました。

マリちゃん、アクちゃん、マミさん‥

Cimg0067

猛暑日の今日、さすがに都心はかなり暑く、夏バテのカネゴンは果たして元気に皆と話ができるか心配でしたが、10年~20年ぶりくらいの顔、顔、顔を見た途端、すっかり夏バテも吹っ飛んでしまいました。

1cimg0070 

「銀波」というお店で、せっかくの美味しい料理だったにもかかわらず、写真も撮らないどころか、いったい何を食べたのだかも忘れてしまうほど話に夢中になってしまいました。

懐かしい話、仕事の話、旅行の話で盛り上がり、あっという間のひと時でした。

カネゴンは明日からまた仕事です。

最近すっかり仕事に対してマイナス志向で、モチベーションも下がっている私にとって、バリバリ現役の皆の話は、また少し頑張ってみようかなと勇気付けられる物でした。

そしていつも世話をやいてくれるマリちゃんに感謝し、今日会えなかった仲間たちとも、またいつか元気に再会したいと思いながら家路につきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

禁断のハロハロ

カネゴンの夏休みも明日で終わりです。

この一週間、天気はあまり安定せず、カ~ッsunと暑い日よりも、どんよりcloudとした蒸し暑い日が多かった気がします。

夏バテしているにも関わらず、なぜかしら食欲旺盛で、昨日久しぶりに体重計に乗ったら‥

「ドッヒャーannoy この体重計、壊れてないかい??」

それなのに本日とうとう買ってしまいました。

Dsc_9568

ミニストップのハロハロラムネ味‥coldsweats01

ちなみにおじちゃん、今年はプリンアラモードパフェ‥delicious

普段は我慢しても、夏に一度はどうしても食べたい物なのです。

そして‥食べてしまったbearing200数十カロリー。

明日も友人たちとの集まりがあるから、また食べるだろうに‥ああオソロシヤ、オソロシヤpig

  

ちなみにコチラのオカタは、暑さのせいか、食欲はあまりありません。

かと言って元気が無いわけではないのでご安心を‥、好きな物は、ちゃんと食べてます。

Dsc_9558_2

その分、暑い昼間はよく寝ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

立秋が過ぎて

台風の影響か、朝のうち、ムワァ~ッとした強めの風が吹いていました。

Dsc_9526

        ここは涼しくて気持ちいいワ。

‥ねぇ、新しいおもちゃで遊ばない?

Dsc_9527

         ナニそれ、めんどくさいなぁ

1dsc_9539_2

      なんだ、「ねこきも」のおまけじゃないか‥

1dsc_9545

        このネズミだって生きてないしィ~

      

夕方、雨が降って涼しくなってきました。

さすがに立秋が過ぎて、猛暑から解放されたのでしょうか?

イヤイヤまだまだ‥danger

Dsc_9548

茶々丸も、暑いと床でデレ~ッと伸びているのに、久しぶりに窓辺で涼風に当たりながら丸くなっていました。

こんな顔を見ると、ついついチッコ垂れも許してしまいたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カネゴンの夏休み

今週カネゴンは夏休みです。

今年はおじちゃんの夏休みと完全にズレたため、残念ながら特別なお遊びの予定はありません。

やらなければと思いながらもやっていない事が山のようにあるので、それを片付けようかと思っています。

            

やらなければならない事、その1‥茶々丸の予防接種

月曜日、いつもの近場の動物病院に連れていきました。

夏場の予防接種はあまりオススメできないのですが、拾った時期の関係で、どうしても夏場になってしまいます。

それでも少しずつずらしているので、来年は少し涼しくなる9月半ば過ぎにしようかと思います。

Dsc_9522_3

茶々丸のような猫の種類は、最近Mixというカッコイイ表現をすることが多いのですが、予防接種証明書には、しっかり「雑種」と書かれました。

Dsc_9496

        オレ様、雑種‥? sleepy   (そうだよ)

       

やらなければならない事、その2‥モンプチ必ずもらえるプレゼントの応募する事

Dsc_9508

ひところ茶々丸はモンプチのカリカリが大好きでした。

ある時、なにげなく箱に付いている紙を見たら、バーコードを集めると何やら貰えるとありました。

いつもなら、そんな面倒くさい事はしないのですが、夏休みにでも整理するかと、適当に切り取って袋に入れていました。

先日ざっと見たら、あと7,8箱でモンプチ製品詰め合わせが貰える!

締め切りは8月末!

Dsc_9510

「茶々丸ッ、これからしばらくはモンプチ一筋でいくよ」とまとめ買いをしたまでは良いのですが、茶々丸にはすっかり飽きられてしまいました。

そして、その飽きられたモンプチ詰め合わせセットをもらうが為に、せっせとバーコードを整理して、封筒に入れたのでした。

Dsc_9518

      モンプチより「なまり節」‥ sleepy

        

やらなければならない事、その3‥茶々丸のチッコ対策

Dsc_9506

茶々丸は完全に、このソファーをチッコ場所に決めてしまいました。

毎朝、毎晩、カネゴンたちの目を盗んで、このペットシートの上にsweat01

ウン〇は、ちゃんとトイレでするくせに何故かしらチッコはソファーの上。

ペットシートの上なので、まあ良しとするかとも思いましたが、最後に必ずもみくちゃにして、時折ソファーに滲みている‥wobbly

獣医さんに相談したら、つれなく 「まぁ無理でしょう」 と言われてしまいました。

これでは茶々丸のトイレにカネゴンが座らせていただく事になるではないか、絶対反対sign03

この休み中に何とかしなくてはannoy

     

やらなければならない事、その4、5、6、‥‥

眼科へ定期健診、カーテン洗い、冷蔵庫掃除、ガスレンジも凄いことになっている。

せっかく作り始めたお月見のタペストリーも進めたいし、日曜日に昔の同僚の集まりもあるから美容院にも行かなくては‥

けっこう忙しい夏休みになりそうです。

Dsc_9319

  ブログなんか書いてないで、さっさと片付けたら?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大菩薩

割と近い場所にあり、一度は行ってみたいと思っていたのに、なかなか行く機会がなかった大菩薩に、日曜日ようやく出かけてみました。

大菩薩からの富士山が見たかったのです。

青梅街道を奥多摩から柳沢峠を通って行くのが距離的には一番近いのですが、中央高速の勝沼インターから行ったほうが時間も速く、楽なので、早朝5時に家を出て高速道路を利用して出かけました。

前日の天気予報では晴れだったのに、朝起きたら、朝焼けで、空には雲がたくさんあり、ちょっと嫌な予感がしました。

今回のコースはこちら‥

上日川峠→福ちゃん荘→唐松尾根を通って雷岩→大菩薩嶺→雷岩→大菩薩峠→福ちゃん荘→上日川峠

標高差約450m、7.5キロを4時間半ほどかけて歩きます。

Dsc_9394

上日川峠の無料公営駐車場に車を止め、7時半出発です。

(福ちゃん荘まで車で行けますが、駐車できるのは宿泊客だけです。)

上日川峠は標高1590mあり、さすがに暑さとは無縁で、半袖では涼しいくらいでした。

Dsc_9388

駐車場のおじさんが、「福ちゃん荘まで車道を歩くと、時々タクシーが猛スピードで上ってくるから、登山道の方を歩いたほうが良い」と教えてくれました。

ところが、福ちゃん荘に着くまでの間、車は一台も見かけず、他の人たちは車道を歩いていました。

まあ、ウォーミングアップということで良しとするか‥

Dsc_9393

しかし日頃の運動不足が祟ったのか、福ちゃん荘まで約30分くらい、100mくらいの標高差を歩いただけで、汗びっしょりで、すっかり疲れ、今日の運動終了という気分になってしまいました。

その上、天気も曇り、これじゃぁ富士山が見えないなぁ‥とちょっと気持ちも沈みがちでした。

いやいや、「ここは小学生も歩くハイキングコースだから、誰でも歩けるよ」と駐車場のおじさんが言ったではないか、ダイエットのためにも頑張らなくては‥と気を取り直し、左手の唐松尾根の方に向かい、出発しました。

Dsc_9399

ああ、やっぱりきつい‥

いつの間にこんなに体力が落ちたのだろう?

夏バテしてるのかなぁ‥

ヒーヒー言いながら登っていると、突然期待していなかった富士山が見えました。

急に元気になり、「富士山だ、富士山だ」と騒いでしまいました。

休んでいたどこかのオジサンが、「雪の被っていない富士山はつまらないよな」と言っていましたが、イインです、富士山が見えさえすれば。

Dsc_9403

道が少し緩やかになり、唐松林を気分良く歩いていたのも束の間、またゼーゼーハーハー。

Dsc_9404

唐松尾根の中腹くらいで展望が開け、再びぽっかり富士山が姿を現しました。

だいぶ雲が上がってきています。

急いで登らなくては、頂上に着いた頃には富士山が隠れてしまう‥

Dsc_9414_3

‥とは思っても体がついていかない‥

こんなに足が重く、息苦しいのは高山病か?

いやいや、ただ体力がないだけ!

仕方ない、ゆっくりゆっくり行こうと決めました。

Dsc_9417_2

がんばれカネゴン!

雷岩までもう少しというところで、草原が広がりました。

Dsc_9427

コウリンカという花がたくさん生えていました。

Dsc_9429

9時半近く、やっと雷岩に到着

Dsc_9422

富士山がすっぽりと雲の中に隠れる寸前でした。

Dsc_9437 

雷岩から10分ほど歩くと、大菩薩の頂上、標高2057mの大菩薩嶺に着きました。

ここは全く眺めが良くないので、さっさと下りてきました。

雷岩に戻った時にはすでに富士山は雲の中で、雨がポチッと当たりました。

急いで帰らなくては‥

Dsc_9469

ここから先は、明るく開けた稜線をゆっくり下って行きます。

途中ゴロゴロした石が転がっている場所もありますが、とても気持ちよく歩けます。

幸い雨には降られずにすみましたが、晴れていたら富士山、南アルプス、八ヶ岳、そして草原と、とても景色が良いことと思います。

途中、大菩薩が好きで、140何回か来ているらしいカネゴン家より一世代上の夫婦がいましたが、きっとこの景色がお目当てなのかもしれません。

Dsc_9480

そして、一時間ほどで大菩薩峠に着きました。

そこには介山荘という山小屋があり、トイレやちょっとした売店もありました。

あとは広い林道をひたすら下りて、福ちゃん荘、上日川峠に向かうのみです。

今度は身体は疲れないけど、だんだん膝が痛くなってきました。

ああ、情けない‥sad

そして帰りは高速渋滞に巻き込まれ、3時過ぎに家に到着。

さすがにバタンキューでした。

しかし、いつか秋晴れの紅葉の時、雪を被った富士山を見に、ぜひ再チャレンジしたい大菩薩なのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

真夏のバトル

今日もギラギラ猛暑日~動く気しない‥sad

Dsc_9343

‥なのに朝から元気に張り切ってるヤツ一匹‥

1dsc_9332

リードを付けたまま、忙しそうに庭を走り回っていると思ったら、カナチョロをいたぶって遊んでいました。

1dsc_9334

かわいそうだから、もうやめなさい!   ヤダッ!!

Dsc_9338

必死に砂利の中に潜り込んで逃げる、カナチョロです。

まもなく茶々丸が勢いよく家の中に飛び込んできました。

何かが怖かったのかなと思い、急いでリードを外すと、茶々丸の口に何か茶色く光る物が見えました。

カナチョロでした。「ヒエ~ッ!」

「これ、放しなさいっ!放しなさいったら!」叫ぶカネゴン

思わずカナチョロを放した茶々丸

敵からのがれて部屋の中を逃げまわるカナチョロ

それを追い回す茶々丸

何とかカナチョロを外に出そうと、茶々丸といっしょに部屋の中を走り回るカネゴンcoldsweats02

茶々丸が部屋の隅に追い込んで押さえ込んだところを、やっと取り上げ、庭の遠くへ投げて逃がしてやりました。

捕まえた時に見たら、カナチョロの尻尾は切れていました。必死だったんだね、ゴメンネthink

収まらないのはコチラのオカタ。

しばらく身を低くしてクンクンしながら、逃げた獲物を探しているようでした。

Dsc_9341

   この辺にカナチョロのシッポが落ちてるはず‥

   

先日は同じようにスズメを捕まえてきました。

その時もやっとの思いでスズメを逃がしてやりました。

茶々丸には動物愛護の精神が全くありませんshock

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

おいしい桃が食べたくて

先日スーパーで買った桃は、見た目よりも中がグジュグジュして、しかもあまり甘くなくハズレでしたangry

しばらくお出かけしていなかったので、おいしい桃を求めて山梨へドライブに出かけることにしました。

Dsc_9265

9時に家を出たにもかかわらず、たいした渋滞にも巻き込まれず、一宮御坂インターを下りて河口湖方面へ向かう道路を行くと、あちこちの桃園がお店を出していました。

Dsc_9272

入ったお店の桃畑は離れた場所にあるため、桃狩りとはいきませんでしたが、朝採ったばかりの大きな甘い桃を一個ごちそうになりました。

美味しい‥happy01やっぱり本場は違う‥delicious

   

今日は夕方に町内会の集まりがあるので、桃を買ったらまっすぐ帰るつもりでしたが、河口湖まで15分ほどと言われたので、そのまま河口湖へ行ってみる事にしました。

暑いばかり暑いくせに、天気が今ひとつのため、残念ながら富士山は見えません。

Dsc_9288

ラベンダーの季節が終わった大石公園のテラスから、正面に見えるはずの富士山を想像しながらソフトクリームを食べました。

Dsc_9283_2

せっせと食べないと、あっという間に融けてしまいます。

Dsc_9299

日向は暑いけれど、このテラスは涼しくて気持ちいいなと思って見上げると、キウイがたくさん実っていました。

おいしそうに見えるけど、酸っぱいかな?

    

帰りは無料になった河口湖からの高速で中央道に入り、12時半には家に着き、素麵を茹でて食べている‥‥圏央道が中央道に繋がって大分経ちましたが、ホントに山梨がずいぶんと近くなったものです。

願わくば、圏央道の料金がもう少し安くなってくれるとありがたいのですがね。

  

そして留守番の茶々丸は‥

Dsc_9261

     いいんだ、オレ様ひとり遊びするから‥

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »