« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

オバサンたちの紅葉狩り

またまたやってきましたオバサンたち、このたびは修善寺の紅葉狩りmapleです。

あれれッ、オバサンたちが5人もいる‥いつも4人じゃなかったかしら??

1cimg0056

今回からwakeの昔からの友人で、いつもオバサンたちの旅行の手配をしてくれている☆さんが仲間に加わりました。

 

ますますパワーアップしたオバサンたちは、行楽日和sunの土曜日の朝、5人乗れるwakeの車にぎっしり詰まって、東京駅から修善寺に向かったのでした。

途中、リニューアルされたばかりの足柄サービスエリアを見学し、オヤツを買い込んだ後、まず目指すは三島のクレマチスの丘です。

Cimg0011

途中、雪を被った美しい富士山が見えました。

クレマチスの丘はクレマチスを中心とした四季折々の花を楽しめる庭園です。

wakeが、ここにあるレストランにランチを予約してくれていました。

まだ少し時間があったので、お散歩がてら、ゆっくり庭園を散策して過ごす事にしました。

1cimg0014_2 

ポカポカ穏やかな、とても気持ちのよい陽気です。

Cimg0020

さすがに、クレマチスの季節ではありませんでしたが、紅葉が青空に映えてとても綺麗でした。

Cimg0025

そして、芝生に植えられているガーデンシクラメン。

その他、冬に向かうこの季節でも、小さな可愛い花がたくさん咲いていて、予約の時間までゆったりと庭を楽しむ事ができました。

 

そして美味しいイタリアンを食べて満足したオバサンたちは、いよいよ目的の修善寺に向かいました。

ところが渋滞にはまってしまい、着いたころには夕暮れ間際になってしまいました。

Cimg0035

ちょっと暗くて残念でしたが、さすが修善寺の紅葉は見事でした。

夕方にもかかわらず、たくさんの人が散策していました。

Cimg0045

竹林の小径から見える紅葉も素敵です。

夜になるとライトアップもあるようですが、温泉、お食事、おしゃべりを楽しみたいオバサンたちは、それまで待たずに宿に向かったのでした。

そして、食って、しゃべって一夜明け‥

翌日も晴れsunの紅葉狩りmaple日和となり、近くにある虹の郷の紅葉を見に行く事にしました。

ただ風が強く、天気の割りには肌寒く感じました。

こちらは様々な樹が植えられ、紅葉も今が盛りとなり、色々な種類の美しい紅葉を楽しむ事ができました。

ここで、カネゴンのカメラに異変がcoldsweats02

電源が入らなくなったり、シャッターが押せなくなったりsweat01

このカメラがダメなら携帯で‥と思って2,3枚撮ったらあっという間にバッテリーが無くなり、もう万事休す‥sad

仕方ない、後はwakeの写真に期待するかと、あきらめていたら、突然カメラが復帰!

何とか綺麗な紅葉を収めることができました。

Cimg0071

やがて、今年も楽しい旅行が終わり‥と思ったら帰りの東名高速で大渋滞carrvcarbusに引っかかり、修善寺を1時半くらいに出てきたにもかかわらず、東京駅に着いた時には何と7時になってしまいました。

ずっと運転を頑張ってくれたwakeに感謝ですshine

ところで、このオバサンたち、またまたあれこれ秘かに次のお楽しみを考えているようですbleah

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

昼寝

カネゴン家の庭のトサミズキの葉も色付いてきました。

あまり花も付けず、夏は暑苦しいだけの木ですが、晩秋になると、緑の葉が少しずつ黄色に変わってきて、ちょっとした葉の芸術を楽しませてくれます。

Dsc_0903

朝、お日様が出ていましたが、天気予報によると「今日は曇り」という事だったので、洗濯物を部屋干しにしたところ、午後まで晴れていました。pout

どうせ乾かないだろうからと横着したのに、これならベランダに干すんだった‥sad

Dsc_0912

要領のいい茶々丸は、いつの間にやら、ちゃっかり一番日当たりの良いカネゴンのベッドでヌクヌクとしていらっしゃいました。

チッコタレも無いでしょうからと、しばらく放っておいた後、様子を見に行くと‥

Dsc_0930

いったいどういう格好してるの??

Dsc_0932

「こりゃこりゃ」と両手を持って揺さぶってやっても、ますます、まん丸になって眠っていました。

それならばと、カネゴンが右足を茶々丸の下に突っ込み、左足を顔と手の間に突っ込んで横になると、嫌がるどころか、ゴロゴロいい始め、丁度良いアンカとなりました。happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秋深まって

一昨日の朝、駅へ向かう途中の街路樹の紅葉です。

Dsc_0782

春には桜がとても綺麗な場所ですが、桜の葉っぱはほとんど散ってしまいました。

今はケヤキの葉っぱが見事に色付いて、ハラハラ散り始めてきました。

Dsc_0784

銀杏並木も色鮮やかになってきました。

  

本日、勤労感謝の日の朝は雨でした。

Dsc_0892

午前中に雨は止みましたが、その途端茶々丸は外へ飛び出して行きました。

あ〜ッ そんな所に座らないでannoy

普通の猫は濡れるのがキライなはずなのに、茶々丸は水たまりを物ともせず、どっしり腰を下ろしてしまいましたangry

Cimg0019

今年も干し柿をつるしましたが、メタボのカネゴン家は5キロ20個ほどにしておきます‥sad

うまくいけば、2週間ほどで食べ頃になりますdelicious

Dsc_0897

だんだん気温が下がっていました。

茶々丸は人の身体に密着するのが好きになってきたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

鎌倉を歩け歩け

最寄の駅から鎌倉への直行列車のツアーがあったので、一昨年に続き、今年も鎌倉へ歩け歩けの紅葉見物にでかけました。

朝8時半、30分ほどかかる家から駅までの道も歩いて行くぞと、機嫌良く出発しました。

茶々丸、行ってくるねッ

Dsc_0776

            オレ様は不機嫌ッ

鎌倉は残念ながら時折雨が落ちてくるような、あいにくの天気で、紅葉も「これぞ!」という物には出会えませんでしたが、鎌倉駅の東方面、頼朝の墓→鎌倉宮→覚園寺→瑞泉寺→鶴岡八幡宮、その後江ノ電に乗って長谷寺へという14,5キロのウォーキングをしてきました。

Dsc_0790

源頼朝の墓の近くには黄色のイチョウ。

Dsc_0799

七五三の家族がお参りしていた鎌倉宮。

今日はあちこちで、着飾った七五三の家族を見かけました。

Dsc_0811

覚園寺の紅葉は、もうちょっとというところです。

Dsc_0834 

花の寺と言われている瑞泉寺のモミジは黄色でした。

Dsc_0853

鶴岡八幡宮の大銀杏は今年の春に倒れてしまいましたが、残された部分からは新しい葉っぱがたくさん出ていました。

でも元の大きさになるには、何十年も先ですよね。

Dsc_0891

帰りは5時半に鎌倉駅集合なので、まだちょっと時間があり、江ノ電に乗って長谷寺に行ってみました。

ここは紅葉のライトアップがあるということで、物凄い人が集まり始めていました。

Dsc_0889

帰りの時間に間に合うかなと思っていたら、4時半頃、紅葉にライトが当てられました。

基本的には自然の物は自然のままで見るほうが好きなので、あまり、桜や紅葉のライトアップは好きではないのですが、今日は天気のせいか、あまり良い紅葉に出会えなく、このライトアップされた紅葉が一番きれいでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

千葉のホキ美術館

カネゴン夫婦はお陰様で、昨日めでたく銀婚式を迎えました。

まあ、よくここまでもった事‥bleah

せっかくなので、何かイベントをと、本日おじちゃんも休暇を取りました。

豪華ディナーwinerestaurantdelicious‥‥ダメダメpigメタボimpact

山歩きじゃ、いつもの事だしと、カネゴン家には似合わない絵画鑑賞をすべく、出来たばっかりの千葉のホキ美術館へ行ってみました。

Dsc_0744

写真と見紛うような写実絵画ばかりで、芸術に疎いカネゴンにも分かりやすく、特に人物画に関しては、とても美しく、洋服のシワ、レースの細かさまで、どうしたらこのように描けるのかと感心するばかりでした。

おじちゃんは絵の魅力より、描かれている女性にかなり魅せられていたようです。

それぞれの絵画の前に柵はなく、顔を突きつけて絵を見られ、とても満足できました。

せっかくここまで、やってきたのだからと、ちょっと足を延ばし、九十九里海岸へ‥

Dsc_0745

夏場は海水浴で賑わうこの場所も、今は人気もなく、初冬の荒々しい太平洋が広がっていました。

Dsc_0755_2 

寒いッ、何も無い、茶々丸が待ってる、帰ろう!

25年も経つと、ロマンチックな気分もなく、こんなもんですcoldsweats01

Dsc_0759

千葉も、このあたりはのどかな田園地帯が広がり快適でしたが、やはり都心を抜けてこちらまで車でやってくるのは、車も多いし、渋滞には巻き込まれるし、片道2時間半のドライブは、なかなか疲れるものでした。

  

そして、そして、おじちゃんが「ばらすな!」と言ったカネゴン家のシークレットsign01

皆さんETCカードはよく確認しましょうsign03(昔、ダレカが同じ事を言っていた気がする‥)

今朝の事‥

ルンルン気分でインターのゲートに入ったのにゲートのバーが開かないcoldsweats02

焦るおじちゃんsweat01

ETCカードがうまく挿入されていなかったのか??‥いや入っている

期限切れか??‥いや先日新しいのが来たばっかりだ

そのうち、マイクで係りの人に言われました‥

「申し訳ありません。うまく読み込めませんでしたので、通行券を取って、出口にてETCカードで支払ってください」

何でこうなったんだろうと、ETCカードを抜いてよく見ると、それは色柄が似ているガソリンカードでしたsign03

出口でも、てっきり機械の故障で読み取れなかったと係りの方は思っていたらしく、「大変申し訳ありませんでした。」と謝られてしまいました。

‥スミマセン、悪いのはガソリンカードを入れたコチラですcoldsweats01

Dsc_0733

           まったくドジなんだから

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

家猫と野良猫

昨日、散歩の途中で出会った茶々丸のそっくりさん。

Dsc_0676

姿カタチは良く似ているけれど、顔の厳しさが全然違います。

野良猫として強く生きている感じがします。

Dsc_0644

一方の茶々丸は、家猫になって2年半、滅多に厳しい顔をしなくなりました。

もっとも、目つきの悪さはしょっちゅうですが‥smile

Dsc_0715

昨日、散歩の途中で白猫ちゃんにも会いました。

フクフクして可愛いなと思ったら、首輪がしてあったので飼い猫のようです。

家猫と野良猫、どちらがシアワセかわかりませんが、ヌクヌク甘やかされた生活の味を占めた茶々丸は、もはやノラに戻って生きていくのは無理だろうなと思いました。

今日は夕方から冷え込んできました。真冬並みの寒さとなるようです。

家猫茶々丸は、今宵、間違いなくカネゴンかおじちゃんの布団に潜り込んでくると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

天寧寺への散歩道

おじちゃんの健康診断の結果は惨たんたる結果でした。

メタボsign01メタボsign03メタボdanger

人の事は言えない‥カネゴンの健康診断の結果だって間もなく出る‥coldsweats02

おやつ禁止、酒禁止、肉禁止impact なんて言ったって絶対無理なので、せめて休みの日にはひたすら歩こうと、今日は家から4キロちょっとのところのある天寧寺まで往復することにしました。

出かける前に腹ごしらえをしてからと寄った店が、行列のできる担々麺屋。

Dsc_0660 Dsc_0661

今回は残念だけれど、無料で付く御飯をキャンセルしました。(当然です!)

最後に汁に入れて食べるととても美味しいのですがね‥

  

そして今回の歩け歩けは、ひたすら霞川の上流へと向かいました。

この霞川の水源が天寧寺にある霞ヶ池なんだそうです。

途中、車道を歩くのが嫌なので、光明寺の横から山道を通って天寧寺に向かうと‥

Dsc_0682

勝沼城跡の案内板がありました。

Dsc_0683

名前は知っていたものの、今まで何処にあるのだろうと思っていたので、思わず「へ~sign01

Dsc_0707

脇道に入ってみると、鬱蒼とした林の中に道がありました。

しかし細かい案内図や道しるべが無く、一人では歩きたくないような場所でした。

もう少しきちんと整備したら、良いウォーキングコースになると思うのだけれど。

  

天寧寺は、初めて訪れてみましたが、なかなか趣のあるお寺でした。

Dsc_0688

参道にはお地蔵様が並び、総門を通ってしばらく行くと、

Dsc_0693_3

立派な山門がありました。

Dsc_0697

中へ入ると池があり、これが霞川の水源かと思ったら、霞ヶ池はさらに奥の法堂の裏にあったようで、今回見ないでしまいました。残念‥

梅の頃にでも、また行ってみましょう。

  

そして本日、散歩の途中、驚いたsign01‥‥霞川の土手に茶々丸がいるよッsign02

茶々丸、オマエいつの間に‥coldsweats02

Dsc_0673

        おいら、茶々丸じゃないよ

Dsc_0649

    オレ様は、ずっとカネゴンのベッドで寝てたよ

確かによく見ると茶々丸よりも、野性味あふれた厳しい表情をしていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

小春日和

小春日和の穏やかな日‥

Dsc_0585

茶々丸は日向を求めて家の中を移動し、

Dsc_0600

黒い毛皮はホカホカに温かくなります。

Dsc_0623

         もちろん外にだって出るさッ

庭のドウダンツツジの葉が真っ赤に色づき、菊も盛りとなりました。

 

Dvc00061

職場の向かいの医院の自転車置き場に、患者さんが菊人形にでもなりそうな立派な菊を仕立てた鉢をもってきてくれました。

ちょっとした台の上に乗っかっているのですが、あまりにも立派すぎて、自転車を引っ掛けてひっくり返したらどうしようとか、花が終わる前に枯らしてしまったらどうしようとか、皆でハラハラしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

立冬

仕事と茶々丸のチッコ垂れに翻弄され、あまりババの相手をしてあげないまま、今日はババを家まで送っていきました。

もっとまともに歯のないババに合った食事を作ってやればよかった‥土産を持たせるのをすっかり忘れていた‥など、元来の家事嫌いと、自分も年を取ってきたというせいで気が回らず、今頃になってああしてやればよかった、こうしてやればよかったと反省しきりです。

Dsc_0572

             ババ帰っちゃった‥

和室はコタツ布団も座布団もすべて片付けて、再び茶々丸の運動場と化しました。

茶々丸の今回の評価は70点、まずまず合格!

チッコ垂れなかったら90点あげたんだけどねぇ‥think

今年は夏が長かったせいか、あまり秋を楽しまないうちに、気が付いたら今日は「立冬」とありました。

Cimg0002_2

ババを送った帰りにチラッと覗いた獨協の銀杏並木は、すっかり黄色く色付いていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

穏やかな一日

ようやく秋らしい晴天が続くようになりました。

Dsc_0554

窓から見えるハナミズキの実も真っ赤に色づき、お日様が当たるとキラキラ宝石のようです。

陽がだんだん低くなり、1階の日当たりは悪くなってきましたが、前の建物の間から入ってくる陽は、細く長く部屋の奥まで届き、家の中の汚れにスポットライトを当てられている感じがします。

Dsc_0540

         キッタナイ窓だなぁ

‥それは、アナタが毎日鼻をこすりつけるからです。

  

茶々丸と一緒に過ごせるのが楽しいババ‥

Dsc_0546

         オレ様、ちょっと朝の挨拶

昨日のフワフワコタツ布団は早朝より干させていただいております。

代わりにチト寒いけれど、ババには一日コタツ掛けだけで過ごしていただきました。

Dsc_0552

せっかくオレ様のフワフワだったのに、ナンカつまんない‥

‥全部アナタのせいです。

ババと一緒に散歩がてら銀色のレジャーシートを買ってきて、夕方干しあがったコタツ布団全面に敷き詰めました。

まるで、ソーラーパネルのようです。

これで何とかババが滞在している間だけでも無事だと良いんだけど‥sad

Dsc_0556

今日は窓越しの光がポカポカ暖かい、穏やかな一日でした。

ババもカネゴンとスーパーに出かけたり,茶々丸と遊んだり、のんびり過ごしていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

せっかくババがやってきたのに

今日は実家からババを迎えに行ってきました。

ようやく秋晴れとなった休日のせいで、かなり道路は混んでいましたが、夕方、無事にババは茶々丸の待つカネゴン家へ到着しました。

そして、茶々丸とうれしい再会となったまでは良かったのですが‥

Dsc_0534

そこに見えるお布団は???‥ババのために久しぶりに出したコタツ布団です。

そして、やってくれました、このチッコ垂れっ!!

最近は「古いバスタオルの上にペットシートを敷いた、フワフワのお気に入りのトイレを作ってやり、ソファーにはレジャーシートを敷く」という茶々丸のチッコ対策が功を奏し、良い状態が続いていたのに‥

フワフワの上でトイレをする癖をつけてしまったのがいけなかったのか、気が付いた時にはフワフワ布団の上に‥すでに遅しでした。

Dsc_0537_3 

オレ様の物はオレ様のモノ、人の物もオレ様のモノ

明日は天気だから、この布団を干さなくっちゃ。

そしてダイソーの100円のレジャーシートを買って、コタツ布団の上に掛けなくっちゃ。

ババの布団にまでチッコを垂れられてはたまらないので、夜の和室の出入りを禁止しました。

茶々丸は怒ってニヤーニャー文句を言っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »