« フィルストからの帰り道 | トップページ | アルメントフーベル »

シルトホルン展望台

7月11日(月)

グリンデルワルド滞在も終盤に入りました。

天気が良いのでsunシルトホルン展望台へ行ってみようと思います。

その後、近くのアルメントフーベルでハイキングの予定です。

1dsc_4247

シルトホルンもかなり標高が高くて眺めが良いので人気の展望台ですが、グリンデルワルドからは、ちょっと離れています。

ただ、乗り継ぎが悪くなければ、ユングフラウヨッホに行くのとそれほど時間は変わりません。

Dsc_3606

朝8時過ぎ、グリンデルワルドの駅に行くと‥ワォ、ジャパニーズsign03

ここは御岳か奥多摩か?coldsweats02

多くはクライネシャイデック、ユングフラウヨッホの方に行くようです。

カネゴン家はインターラーケン行きの列車に乗りました。

Dsc_3613

日本の団体さんも一組乗ってきましたが、カネゴン家とは行き先が違うようです。

車窓から見るグリンデルワルドもなかなか綺麗です。

Dsc_3618

ツヴァイリュチーネンで乗り換え、先日行った谷の村ラウターブルンネンに向かいます。

Dsc_3621_3Dsc_3624

ラウターブルンネンから、ロープウェイに乗り換えて谷を上り、さらにまた列車に乗り換え、ミューレンに行きます。

Dsc_3630

ミューレンはラウターブルンネンから見上げた、あの断崖の上にあります。

Dsc_3637_3

そして、ミューレン駅から歩いて10分ほどの所にシルトホルンロープウェイの駅があります。

乗り放題のユングフラウ鉄道パスはミューレンまでしか使えないので、ここで往復37スイスフラン(3700円)の切符が必要です。

Dsc_3643

所要時間13分でシルトホルン展望台に着きました。

Dsc_3658

標高2970mのシルトホルン展望台はユングフラウヨッホよりは低いですが、さえぎる物がなくて、360°見渡せるなかなかのロケーションです。

アイガー、メンヒ、ユングフラウはもちろん、反対側には遠くドイツの森まで見える事になっています。

Dsc_3677

残念ながらドイツの方は霞んでいるのと、雲とであまりよくわかりませんでした。

Dsc_3690

この展望台は40年以上も前の映画ですが、「女王陛下の007」で有名になったらしいです。

今度レンタルビデオ屋で借りてみよう‥think

Dsc_3680

回転レストラン「ピッツ・グロリア」は、一周50分でゆっくり回ります。

窓にも「007」とありました。

Dsc_3685

ユングフラウがドーンと正面に来ると、思わず何度もカメラのシャッターを押してしまいました。

 

いちおう、ここはレストランrestaurantなので、何か食べなくちゃとメニューを広げました。

まだ11時なのでお腹も空いていないし、コーヒーcafeは朝にたっぷり飲んだし、暑くないのでアイスクリームという感じでもないし‥think

‥と考えていたら、何だかプリンのような写真があったので注文してみました。

Dsc_3673

係のオネエサンが、ニコニコしながら頷いていたので、何かあるなと楽しみにしていたところ、大きなチョコアイスと思しき物が出てきました。ワォsign01

Dsc_3667

そして、ブランデーをかけて火を点け、スプーンでチョコアイスの上にせっせとかけてチョコを溶かしていました。

Dsc_3669

すると、ほのかにブランデーの香りがする液体チョコレートとアイスの山が出来上りshine

とても、とても美味しかったですdelicious

Dsc_3699

そして帰りのロープウェイからは、べッターホルン(マッターホルンではありません)、下にはミューレン、そしてその下の谷もよく見えました。

|
|

« フィルストからの帰り道 | トップページ | アルメントフーベル »

スイス旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/52349408

この記事へのトラックバック一覧です: シルトホルン展望台:

« フィルストからの帰り道 | トップページ | アルメントフーベル »