« ウィリアム・テル野外劇場Ⅱ | トップページ | メンリッヒェンからクライネ・シャイデックへ »

メンリッヒェン

7月8日(金)

ようやく目的の山歩き、いえハイキングの開始です。

13dsc_4247

グリンデルワルドの隣駅、グルントからゴンドラでメンリッヒェン(2229m)に上がり、そこからクライネ・シャイデック(2061m)への4.5キロをのんびり歩きます。

その後クライネ・シャイデックからグリンデルワルドへは、登山鉄道で下りて帰る計画です。

Dsc_2979

昨夜遅かったので、今朝はゆっくり9時頃出発です。

山に雲はかかっていますが、なかなか良い天気です。

隣のグルント駅までは3キロ弱くらいの距離なので、歩く事にしました。

Dsc_2987

ホテルは繁華街にあるので、ようやくグリンデルワルドの村に来たという感じがします。

のんびり歩いていると、とても気持ち良いので、このまま山に登らなくても良いんじゃないかという気分になってしまいます。

Dsc_2992

振り返るとグリンデルワルドからクライネ・シャイデックへ行く登山列車がやってくるのが見えました。

Dsc_2991

グルント駅です。

Dsc_2997

グルントを過ぎるとすぐに、ゴンドラ乗り場の案内があります。

こちら、冬はスキー場になります。

Dsc_2999

メンリッヒェンのゴンドラ乗り場に着きましたが、なんだか山の上の雲が気になります。

このゴンドラはヨーロッパ最長で、30分かけて上リます。

Dsc_3001

4人乗りの赤くて可愛いゴンドラが、ぐんぐん山を上っていきますが、30分も乗っているので、うつむいてカメラをいじっていたおじちゃんは酔ってしまいました。

Dsc_3006

午前10時半頃、やっぱり山の上は雲の中でした‥sad

360度の絶景とあったのに、お目当てのアイガー、ユングフラウはちらっと顔を出しただけです。

でも、向きを変えると、谷の方が良く晴れていました。

おや?どこかで見たような‥

Dsc_3012

そう、昨日訪れたラウターブルンネンですsign01

教会とシュタウフバッハの滝がはっきりわかりました。

Dsc_3018

アイガー、ユングフラウは見えなくても、ラウターブルンネンの谷の上には雪を被った美しいアルプスの山々がありました。

Dsc_3024

ここからクライネ・シャイデックへ歩く前に、逆方向ですが、メンリッヒェンの山頂へ行ってみます。

Dsc_3042

標高2345mの山頂に着いた頃、山の雲が晴れてきましたsign03

左からアイガー(3970m)、メンヒ(4107m)、雲がかかっている右の山がユングフラウ(4153m)です。

Dsc_3064

あっという間に山は雲に隠れ、しばらくすると顔を出すというのが続きました。

Dsc_3067

視線を下ろすと一面お花畑です。

そこにカラスに似ている口ばしの黄色い鳥がたくさんいました。

さて、これから正面に見えるアイガーに向かって、クライネ・シャイデックへ歩いていきます。







|
|

« ウィリアム・テル野外劇場Ⅱ | トップページ | メンリッヒェンからクライネ・シャイデックへ »

スイス旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/52306358

この記事へのトラックバック一覧です: メンリッヒェン:

« ウィリアム・テル野外劇場Ⅱ | トップページ | メンリッヒェンからクライネ・シャイデックへ »