« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

ミルフォード・サウンド

ミルフォード・サウンドは、氷河によって作られたU字谷が沈水して形成されたフィヨルドです。

Dsc_6798_2

「氷河が造り出したダイナミックな景観を遊覧船クルーズshipでお楽しみください」という、うたい文句karaokeです。

Dsc_6096

‥という事で13時出航のクルーズ船shipに乗って、入江をタスマン海に向け出発しました。

Dsc_6097

この辺りはニュージーランドで最も雨の多い地域なので、雨具を忘れずに‥という事でしたが、今日は風こそ強いものの良い天気sunです

Dsc_6099

周囲の山々が氷河によって垂直に削り取られています。

Dsc_6112

岩山のあちこちから滝が流れ落ちていました。

rainが降っている日は激しく流れ落ち、もっと迫力があるそうです。

Dsc_6114

shipが滝ギリギリまで寄ってくれました。

水しぶきを浴びながら、滝にできた虹shineを見るのもなかなかのものですgood

Dsc_6117

入江を抜けてタスマン海に出ました。

ここで船shipをUターンさせます。

Dsc_6121

タスマン海から見ると、この奥にずっと入江が続いているとは、ちょっと見た限りわかりません。

Dsc_6133

岩の上ではオットセイが昼寝をしていましたhappy02

Dsc_6135

運が良ければペンギン、イルカに遭遇できるとありましたが、結局出会えた野生動物は、この遠くから見たオットセイだけでしたcatface

Dsc_6161

1時間40分ほどのクルーズを終えた後、天気sunが良かったのでセスナ機airplaneでクィーンズタウンに戻ることにしました。

Dsc_6165

バスbusで戻るとまた5時間ほどかかりますが、セスナ機airplaneだと一直線40分で帰れます。

でもこんな小さな飛行機に乗るのは初めてです‥ちょっと怖いcoldsweats02

お客さんはカネゴン家の他に日本人のオバサン2人でした。

Dsc_6172

パイロットはおじちゃん‥んなわけないsweat01

助手席?でゴキゲンですscissors

Dsc_6186

眺めは良いものの、やっぱり小さな飛行機は揺れる~bearing

無事クィーンズタウンに着陸した後、ドッと疲れました。

Dsc_6191

でもパイロットのオジサンは「今日はラッキーだったsign01昨日は雨で飛ばなかったし、明日もまた雨が降るから多分飛ばないだろう‥」と、こんな揺れはへっちゃらだとばかりに言っていましたcoldsweats01

そしてこの日の夕食は、カネゴンは昨日の食べ過ぎと疲れで気持ち悪くshock全く食べられませんでしたが、おじちゃんは一人で美味しそうにdeliciousラム肉を食べていましたsweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ミルフォード・サウンドへの道

1月18日(水)

今日はフィヨルド国立公園のミルフォード・サウンドへ出かけます。

1dsc_6801

クィーンズタウンから直線距離で80キロ位なのですが、道が無いので、ぐるっとバスbusで5時間ほどかけて行くことになります。

観光バスbusは外国人観光客と日本人観光客、半々くらいで、日本人のガイドさんも乗っていましたok

Dsc_6026

途中の景色は所々、北海道を思わせる雰囲気です。

ヒツジさんのような雲cloudも浮かんでいますhappy01

Dsc_6029_2

人家も無いような広い牧場の間にずっと真っすぐな道路が続いていて、バスbusは時速100キロのスピードでぶっ飛ばして行きますdash

Dsc_6028

右を向いても、左を向いても、羊、ヒツジ、ひつじariesだらけでしたがhappy02バスのスピードが速すぎるため、車窓からまともに羊の写真を撮る事ができませんでしたdown

Dsc_6039_2

クイーンズタウンから2時間ちょっとで、休憩地のティアナウに着きました。

ここがミルフォードサウンドや、私が憧れたトレッキングshine‥でも行く事ができなかったミルフォードトラックへの玄関口となりますnotes

この辺りに生息している絶滅危惧種の飛べない鳥「タカヘ」の像の周りにはラベンダーが植えられていて、独特の香りが漂っていました。

Dsc_6055_2

ティアナウの近くには山が鏡のように映るミラー湖shineがあります。

晴天sun無風が条件です。

この日はドンピシャ大当たりでしたhappy01

ガイドさんも「ラッキーですねsign01」と言ってくれましたが、正直なとこ、尾瀬の地塘に映った燧岳や至仏山のほうが綺麗でした‥

Dsc_6047_2

逆さまの「Mirror Lake」という看板が、湖に映ってちゃんと読めるようになっていましたok

Dsc_6042

しばらく行くと、遠くに険しい山々が見えて、景色の良い場所がありました。

何だか秋枯れの草のような色をしていますが、こういう種類の草です。

Dsc_6066_2

そして、さらに行くと、いよいよフィヨルドが目前と思われる、切り立った岩肌がせまってきました。

Dsc_6078

この先のトンネルを抜けると間もなくミルフォード・サウンドですsign01

ちなみにこの観光バスbusは天井までガラス張りでしたが、あまりガラスがきれいでなかったので、効果が今一つって感じでしたthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クィーンズタウン

ボブズヒルから見下ろすクイーンズタウンの街並みです。

紺碧のワカティプ湖が広がっています。

Dsc_5968

クィーンズタウンの中心街は30分もあれば、ぐるっと歩いて回れるほど、こじんまりとしています。

信号機signalerも無し‥南島で信号機を見たのは、ミルフォードサウンドに行く途中の2カ所だけでした‥wink

Dsc_5981

町には、とてものどかな感じの石の教会がありました。

Dsc_5982

カネゴン家は、まず「キュウイバンク」bankに寄ってお金を両替dollarしてきました。

いかにもニュージーランドらしい名前の銀行‥smile

日本で両替するより、現地で両替したほうがレートが良いと聞いていました。

ちなみに成田空港で両替したら1NZ$=69円、キュウイ銀行では1NZ$=65円でした。

Dsc_5985_2

夕方4時半過ぎですが、まだまだ日が高く、ワカティプ湖の湖畔ではたくさんの人が日向ぼっこ?していました。

Dsc_5995

夕食はブリタニアというシーフードのレストランrestaurant

とても感じの良い日本人のオニイサンがいますbleah

天気が良いので、二階のテラス席を選びました。

Dsc_5993_2

マッスルと呼ばれるムール貝の美味しい事、おいしいコトsign03

実がふっくらして大きく、ガーリック味のスープも残さず頂いてしまいましたdelicious

その後に食べた、サーモンのグリルも美味でございましたgood

ただカネゴン、実は日本にいる時から胃の調子があまり良くなく、ずっと胃薬を飲み続けていたにも関わらず、こってりデザートcakeまで完食してしまい、翌日は調子を崩して夕食が食べられない、という情けないドジを踏んでしまいました‥weep

Dsc_5998

夕食を済ませて、歩いて5分ほどの湖に行ってみる事にしました。

途中、どこのレストランrestaurantも外の席が賑わっています。

Dsc_6004_2

こちらは緯度が高いため、夜8時を過ぎてもまだまだ明るいです。

大道芸をやってる人、カモメに餌をやってる人、犬の散歩をしてる人、ラブラブの人‥lovely

Dsc_6012_3

治安がとても良いので、皆のんびりしています。

この町が好きになりそうですconfident

Dsc_6013_2

8時半を過ぎ、ようやく日が西に傾いてきました。

長かった一日が終わりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ワイナリーとアロータウン

バンジージャンプ見学の後は、近くのギブストンバレー・ワイナリーでのニュージーランドワインwineの試飲に出かけました。

Dsc_5939

セントラル・オタゴ地方と呼ばれるこの辺りは、世界最南のワイン産地です。

ワイナリーの庭にはブドウ畑が広がっていました。

Dsc_5941

秋の収穫までには、まだ2ヶ月ほどありますが、、小さなブドウがたくさん実を付けています。

Dsc_5944_2

ワイナリーと言っても、日本のようなワイン工場の見学というものはなく、一杯10~15NZ$(70~100円)でグラス1/3位のワインを試飲するだけです。

日本だとタダで片っぱしから試飲させてもらえるのに‥byおじちゃんpout

Dsc_5947

でも紙コップなんかじゃなく、ちゃんとグラスに入ったワインを、庭でゆっくり味わう事ができます。

ニュージーランドの赤ワインwineには、少し渋めの「メルロ」やフルーティーな「ピノ・ノワール」などがあるようですが、南島の特産はピノ・ノワールだそうです。

Dsc_5949

少しずつでも色々飲むと、ほろ酔い気分‥coldsweats01

ニュージーランドの心地よい風に吹かれshineすっかり良い気分になってしまいました。

そして初っ端からワイン3本お買い上げ~notes

おいおい、帰りの飛行機でスーツケースの重量制限があるのを忘れないでねwink

 

このクイーンズタウン観光は、ラッキーな事にお客さんがカネゴン家だけでしたので、のんびりマイペースで動く事ができました。

ワイナリーの後はクイーンズタウン郊外にあるアロータウンに連れていってもらいました。

Dsc_5966

アロータウンは19世紀の半ばからゴールドラッシュに沸いた町ですが、今はその雰囲気を残した、小さな、かわいい観光の町となっています。

Dsc_5957

屋台では今が旬のサクランボcherryを売っていました。

色の濃いアメリカンチェリーと、日本産で見かけるような薄紅色のサクランボcherry

どちらも1パック5NZ$(350円位)で、とても美味しかったですdelicious

Dsc_5961_2

そして、こちらはニュージーランドで有名な「ホーキー・ポーキー」アイスクリームshine

バニラアイスの中にプチプチしたキャラメル味の粒々が入っています。

こちらも、とっても美味しかったですdelicious

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

バンジーブリッジ

1月17日(火)sun

まず最初に案内してもらった場所は、アトラクションとしてのバンジージャンプdanger発祥の地、カワラウ橋です。

高さ43mの橋から一回1万4,5千円もの大金を払って、命知らずが次々飛び降りていきますcoldsweats02

もちろんカネゴン家は見てるだけcoldsweats01

Dsc_5930

こちら、見学無料freeなので、大勢の見物人がいました。

Dsc_5915

とても景色の良い場所です。

Dsc_5921

カメラを望遠にしてみると、ビビった顔のオニイサンが飛び込み台の上で立ちすくんでいましたsweat01

たまに、どうしても飛べない人がいるらしいですsmile(もちろん、その際の返金はナシ)

Dsc_5919

希望によりゴム紐の長さを調節して、水の中に突っ込むこともできるそうです。

Dsc_5920_2

そして、長い棒を持った人が乗ったボートが助けにやってきます。

Dsc_5936

橋の上では、オネエサンが、ゆとりで腕を広げてサッと飛び降りていきましたgood

Dsc_5935

タンクトップ、短パン姿の人たちを多く見かけましたが、日本人の温度感覚としては長袖Tシャツで丁度良いくらいの陽気でした。

ニュージーランドはオゾンホールのせいで紫外線が非常に強い場所ですdanger

旅行雑誌にはサングラスと日焼け止めを忘れないようにと書いてありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ニュージーランド

数年前から、いつか全長54キロ「世界で最も美しい散歩道」と呼ばれるミルフォードトラックのトレッキングツアーshoeに参加してみたいものだと思っていました。

おじちゃんの定年退職により、ようやく実現するチャンスが巡ってきました。

しかし悲しいかな、だんだん体力が落ち、それより何より膝の調子が悪く、それは断念せざるをえませんでしたweep

ならば、せめてその近くまで行ってみようと、今回は南島のクイーンズタウンという街に行き、帰りに北島のオークランドに寄ってくるという9日間の旅をする事にしました。

Photo

1月16日(月)18時30分 成田発クライストチャーチ空港行きの飛行機airplaneに乗ってニュージーランドへ出発しました。

ニュージーランドの時間は、サマータイムのため、日本より4時間早くなります。

南半球なので、季節は夏t-shirt

そして太陽sunは東から北を通って西へ動いて行く「日当たりが良いsunのは北向き」という場所です。

何だか頭が混乱しそう‥coldsweats01

近そうなイメージがありましたが、ヨーロッパへ行くのとほぼ変わらない11時間半もかかってクライストチャーチに到着しました。

クライストチャーチは大きな地震があって以来、まだまだ観光のための復興は出来ておらず、今回も飛行機の乗り継ぎだけの立ち寄りとなりました。

Dsc_5895

クィーンズタウンまでは、ここからプロペラ機に乗り換え、約1時間です。

今回の旅行は添乗員付きではなく、現地係員が場所場所でお世話してくれます。

成田からクライストチャーチまでの飛行機には大勢の日本人が乗っていましたが、皆バスでどこかへ行ってしまったのか、このプロペラ機でクイーンズタウンへ向かう日本人はカネゴン家だけでした。

Dsc_5897

クイーンズタウン近くになるにつれ、飛行機の窓からは、木が全く生えていない茶色の山々と乳青色の水ばかりが見えてきました。

「ニュージーランドは南半球の緑豊かな日本と同じような島」という印象を持っていた私には驚きでしたsign01

後で聞いた話ですが、山が氷河で大きく削られ岩だらけとなり、木々が根を張れないというのと、北海道の稚内あたりと同じ緯度にあたるこの辺は、もう森林限界となるそうです。

Dsc_5907

そして12時半、ようやくクィーンズタウンに到着しました。

良い天気ですhappy01

真夏なのに日本の初夏のような陽気です。

空港には現地係員が迎えに来てくれていていました。

「暑くありませんね」と言うと、「この辺は南極からの冷たい風が吹き込んでくるから‥」という答えが返ってきました。

南極sign02  そうです、とうとう南半球にやってきたんですnotes

さて、これから市内観光に連れて行ってもらいます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

帰ってきた茶々丸

昨夜9日ぶりに帰宅したら、カチカチに凍った前夜の雪snowが庭中に広がっていました。

今朝は留守中に花開いたロウバイから甘い香りが漂っていました。

Dsc_6784

ニカホテルcathotel(ヨシコちゃん家)で24時間ホカホカカーペットのスイッチを入れてもらうという、超VIP待遇shineのゴキゲンだった茶々丸が、今朝カネゴン家に帰ってきましたdash

Dsc_6787

早速、庭で、ウ○○タイムsign04       ウ~~ンsweat01  フ~‥

Dsc_6795

せっかくニュージランド土産の「ヒツジさんのフワフワ布団」を買ってきたのに目もくれず、高い食器棚に上がってしまい‥‥weep

カネゴンの座布団にしちゃうぞsmile

Dsc_6790

                     フンッannoy

Dsc_6796

午後になって姿が見えないと思ったら、日の当たらない、火の気のない寒い隣の部屋で、イジケて丸くなっていました。

お気に入りのフワフワ毛布を掛けてやりながら、撫でてやったら、やっとゴロゴロ言ってくれましたgood

      ただいまsign01茶々丸lovely

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

帰国します

9日間の旅を終え、明日、真夏のニュージーランドから真冬の日本へ戻ります。

雨の多い場所にもかかわらず、天気に恵まれ、とても良い旅行ができました。

Cimg4496

ミルフォードサウンドのクルーズ

Dsc_6382

マウントクックのハイキング

4ギガのSDカードがいっぱいになるほど、たくさんの写真を撮ってしまい、どこから整理すればよいか‥という状態ですwobbly

少しずつ、また旅行記を書いていこうと思います。

 

そしてこちら‥cat

12012041_2

ヨシコちゃん家に預けられた雪の日の茶々丸sweat01

ヨシコちゃんのブログから写真をお借りしましたcoldsweats01

詳しい事はこちらへ‥http://www.ergdesign.jp/2012/01/post_281.html

あさって迎えに行くから、待っててねlovely

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

またまた出かけてきます

いい加減にしろッimpactと言われそうですが‥退職して以来すっかり弾けてしまったカネゴン家は、スイス、イタリアに続き、明日からニュージーランドariesへ行ってきますsmile

Dsc_5874

さすがに今回はジジババの事があって、何度かキャンセルしようとも思いましたが、幸いジジも少しずつ良くなってきて、ジジババやケアマネージャーさん、周りの方からも「せっかくだから行っておいで」というありがたいお言葉を頂いたので、予定通り出かけることにしました。

これからは、だんだん思い切った旅行が難しくなってくるかもしれないので、楽しんでこようと思います。

Dsc_5868_2

                 また留守番か‥cat

ニカホテルでお利口にしてるんだよ

Dsc_5873_2

                     ‥‥さあねッdash

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

だるま市

冬型の天気が続いていて、今朝もビーンと冷え込み、なかなか布団から出られませんでしたbearing

暖房をつけても部屋はちっとも暖まらず、ファンヒーターの灯油がすぐに空っぽになってしまいます。

寒いけれど、しばらく歩け歩けshoeしていなかったので、午後から青梅のだるま市に行ってみる事にしました。

Dsc_5854

          いってらっしゃ~いcat オレ様は寝てるぜ

Cimg0004

1時間ほど歩いて、住吉神社の境内までやってくると、大きいのから小さいのまで、たくさんの「だるま」が出ていました。

カネゴン家も小さな「だるま」をひとつ買いましたhappy01

Cimg0006

神社では古い「だるま」のお焚き上げをしていました。

最近はダイオキシンやら放射能やらで、お焚き上げやドンド焼きが出来ない場所も多くなっていますが、どうやらこちらは大丈夫なようです。

持ってきたお正月飾りもいいですか?と聞いたら、快く引き受けてくれました。

Cimg0010_2Cimg0009_2

大黒猫catも恵比寿猫catも健在でしたsign01

Cimg0015

どちらかというと寂れていく感じの青梅駅前ですが、昔ながらのお祭りやイベントがあると、やっぱり活気付きますgood

駅前には、今年も前半分だけの大きなダルマが飾られていました。

このまま電車trainに乗って帰りたい気分にもなりましたが、新年早々、根性無しになるのもイヤなので、頑張って歩いて戻りましたsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

新春

今日ようやく近くの神社へ初詣にでかけました。

良く晴れましたがsun風が冷たく、ピリッと身が引きしまります。

今年は頼み事が多いので、お賽銭もちょっとフンパツsign01‥って100円じゃぁねぇcoldsweats01

Cimg0012

神社の寒桜がようやく咲き始めていましたが、去年に比べてちょっと遅いようです。

Dsc_5820

図書館へ行く途中にあるロウバイも、やっと咲き出したところでした。

ふわ~っと微かに甘い香りが漂ってきました。

新しい年の青空の下で、淡いピンクや黄色といった優しい色の花を見つけると、心やすらぐ思いがしますconfident

 

そして、こちらのオカタは元祖ネコジャラシで「新春初騒ぎ」ですdash

1dsc_5818

               もっと、ゆらせ~~notes

1dsc_5816

                   えいッsweat01 えいッsweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ニューファッション

足が冷えると言っているカネゴンのために、おじちゃんがダヤン猫のレッグウォーマーをプレゼントしてくれました。

Dsc_5810_2

ちょっと大きめですが、暖かくて重宝しています。

この暖かさを是非あのオカタcatにもお届けしたいものですsmile

Dsc_5799_2

            寒い朝には襟巻付き帽子として‥  

Dsc_5805

帽子が邪魔な時は、襟巻としてだけでも御使用いただけますhappy01

Dsc_5808_2

                    オイッsweat01 これ以上やったら、爪出すぞimpact

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

今年もよろしく

遅くなりましたが、明けまして‥

Dsc_5772

              catおめでとッdash

今年は慌ただしいお正月でした。

年々お正月支度は手抜きになってきていますが、今年は輪をかけたようなイイ加減さでしたbleah

せめて御節だけでも豪華にとshine ジャ~ンsign03

Dsc_5740

カネゴン家が用意した御節と、ババが注文した高齢者弁当の御節と二つ並んでしまいましたcoldsweats01

まあ、めでたい物が重なるというのは、良い事ですgood

お陰さまで、今年も家族そろって あけましておめでとう が言えましたconfident

Dsc_5769

         オレ様も、よそゆきの首輪だぜsweat01

新しいの買ってあげなくてゴメンcatface          catいらんッimpact

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »