« 癒し猫 | トップページ | ウォルター・ピークの牧場 »

アーンスロー号

1月19日(木)

今日は完全自由行動の日ですが、晴れsun時々雨rain風強しtyphoonという、何を着てt-shirtどう過ごしたら良いのか分からないような天気です。

無理をしないでお手軽にとhappy01ワカティプ湖のアーンスロー号という蒸気船shipに乗ってみる事にしました。

Dsc_5976_2

初日ボブズヒルから、湖を走る黒い煙を吐いたアーンスロー号shipが見えていました。

右奥のこんもりしたウォルターピークまでのクルージングです。

Dsc_6206

朝、ワカティプ湖のまわりをゆっくり散歩した後、10時の船に乗ることにしました。

向こうに見える、煙突のある船がアーンスロー号shipです。

Dsc_6207

ウォルターピークにある牧場見学ツアー付きのチケットticketがあったので、それを購入しました。

Dsc_6209

アーンスロー号は来年で進水100年shineになります。

昔は人、荷物、家畜の輸送に使われていましたが、今はもっぱら観光船shipです。

Dsc_6216

乗船すると、機関室が見えるようになっています。

Dsc_6226

SLの機関車と同じように、火夫が一所懸命、石炭をくべていました。

Dsc_6221

デッキに出てみると、寒いしbearing風が強いしrain時折シャワーのような雨typhoonが降ってきていましたbearing

こりゃダメだsweat01早々に船内に引き上げましょッdash

Dsc_6312

船内には、古き良き時代の人々dramaとアーンスロー号の写真が、たくさん飾られています。

セピア色がこの蒸気船にぴったりです。

Dsc_6319

船室では、歌のオバサンのような人がピアノを弾いていてnote英語の歌詞カードをもらった大勢の乗客が口ずさんでいましたnotes

「線路は続くよどこまでも‥」や「ドレミの歌」など20曲近く、ほとんど全部、小学生の頃、日本語で歌っていた懐かしい曲ばかりですconfident

しかし‥‥張り切って歌っていたのは、70才過ぎと思われる西洋人のオバサンたちばかりでしたcoldsweats01

 

|
|

« 癒し猫 | トップページ | ウォルター・ピークの牧場 »

ニュージーランド旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/53860025

この記事へのトラックバック一覧です: アーンスロー号:

« 癒し猫 | トップページ | ウォルター・ピークの牧場 »