« やっとニースにたどり着く | トップページ | ニースⅡ »

ニースⅠ

6月10日(月)sun

Photo

コート・ダジュールと呼ばれる地中海の海岸にある南仏ニースは、青い空と青い海が似合う美しい街でした。

一昨年出かけた南イタリアを思い出させるような景色です。

Img_0404_2

朝8時前、散歩に出かけてみました。

昼間は日光浴の人たちで賑わうはずの海岸も、さすがにこの時間は静かですが、海岸沿いの遊歩道では、散歩したりジョギングしたりしている人たちが結構いました。

Img_0426

砂浜だと思っていたら、ここは平べったい石が広がっている海岸なのです。

Img_0416

近くの広場で毎朝、野菜や花tulipの市があるというので、ちょっと楽しみにしていましたが、月曜日だけは骨董市になるようでした。

ちょうど準備をしているところでした。

おフランスの骨董なのですから、好きな人にはたまらないのでしょうが、しかし興味のない者にとってはガラクタにしか見えず、カネゴン家は早々に戻ってきましたgawk

Img_0432_2

ホテルの周りを散策した後、ビュースポットである城壁の丘へ行ってみる事にしました。

ホテルの人には「10分位で行けるから、海岸線に沿って歩いて行け」と言われましたshoe

Img_0438

しかし、ちょっと歩いたところにプチトランという可愛い汽車ポッポのようなものが停まっていました。

ニースの旧市街を通ってビュースポットの丘に行き、海岸線を通り、45分かけて戻ってくる(ブログ先頭の地図のオレンジの線)観光バスみたいなものです。

料金は一人8ユーロ、約1000円なので乗ってみる事にしました。

Mg_0443

座席にはイヤホーンで聴くオーディオガイドがあり、日本語も選べます。

Img_0448

解説を聞きながら古い街並みの観光ができましたがgoodヨーロッパの歴史はあまり得意ではなかったので、何がどの時代なのか良く分かりませんでした‥bleah

でも綺麗です‥おフランスざますshine

Img_0458

古い歴史の街並みの中にもトラムという最新式の路面電車が走っていました(上の写真の右)

Img_0452

プチトランは狭い旧市内も、ぶつかる事なくクネクネと蛇のように進んで行きます。

おかけで楽しくラクチンにビュースポットに着けました。

ちょっと曇ってきたのが残念でしたが、茶色い街並みと青い海が見え「ああ、ニースに来たんだsign01」と実感できる場所でした。

Img_0476

戻ってきたらちょうどお昼だったので、近くのイタリアンのお店に入りましたrestaurant

気温はそんなに高くはありませんでしたが、日差しが強いのでsunテラスの奥に入り、日陰でニース風サラダとピザを食べましたdelicious

美味しかったですが両方1人前ずつでちょうど良かったです。

午後からは歩いてシャガール美術館へ行ってみる事にします。

|
|

« やっとニースにたどり着く | トップページ | ニースⅡ »

ニース・パリ旅行」カテゴリの記事

コメント

骨董品art...、私なら掘り出し物探しに、1時間ははまりそう。happy01
この汽車バスはなかなか良いね!good
海岸と町並みの美しさ、さすがはニースざんす。shine

投稿: ヨシコ>カネゴン | 2013年6月21日 (金) 10:36

ヨシコちゃんなら、良し悪しの目利きができそうだよねhappy01
カネゴンだったら、きっと変な物をつかまされてしまうと思うから、
パリのノミの市にも行かなかったんだcoldsweats01
この汽車ポッポは、最初どうやって乗ったらよいのか分からずオロオロしちゃったけど、
結局乗って正解だったよgood

投稿: カネゴン>ヨシコちゃん | 2013年6月21日 (金) 13:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/57625932

この記事へのトラックバック一覧です: ニースⅠ:

« やっとニースにたどり着く | トップページ | ニースⅡ »