« カー・ルージュに乗って そして‥ | トップページ | ノートルダム大聖堂へ »

ルーブル美術館

6月13日(木)cloudrain

ルーブル美術館は午前9時開館なので、8時半をめざして到着するようにしました。

ルーブルは「コの字型」になっており、昨日はシュリー翼側から、今日はリシュリュー翼側から入りました。

Mg_0994

ここまでは、だれでも入場券がなくても普通に入れます。

Cimg8488

そして開館30分前だというのに、入り口のピラミッド前にはもう行列ができています。ワォッcoldsweats02

向こうにみえるのはドゥノン翼です。

I1mg_0623

さっさと列に並ぶべきなのですが、せっかく来たので一枚パチリcamera

遠くにみえるのはカルゼール凱旋門で、あの有名なパリの凱旋門はその先一直線3km程の所にあります。

Cimg8496

ミュージアムパスを持っていたので、左側の列、前から7、8人目位の場所に並ぶ事ができましたgood

右側はこれから入場券を買う人たちの長い列です。

何だかディズニーランドのファストパスを思わせるようですcoldsweats01

Photo

昨夜カネゴンは、パンフレットを見ながら作戦を練りました。

以前インターネットを見ていたら、ルーブルは混む前にまず「モナリザ、サモトラケのニケ、ミロのヴィーナス」の3点を見ろ!とありました。

効率は悪くても、この3つを見てから、もう一度ゆっくり他の作品を見ると良いのだそうです。

昨日ルーブルに行って何も見ずに帰ってきましたが、中でこのパンフレットをもらってきたのだけは大きな収穫でした。

Img_0648

それに美術館のホールは昨日一度見たので、スタートダッシュで出遅れる事は無いはずですsmile(この写真は本日その3点を見た後に撮った時間の物です。)

開館前、列に並んでいる間にこのパンフレットを見ていたら、周りのあちこちから「これは何処で手に入れたのか?」「モナリザは何処にある?」「そのパンフレットを見せてくれ」など、突然カネゴンは人気者になってしまいましたcoldsweats01

そして開館、セキュリーティーチェックが終わると、どなた様も真っ先にモナリザの方へダッシュして行ったのでしたdash

カネゴン家も遅れまじとモナリザに向かって急ぎますsweat01

Cimg8497

途中階段の上で「サモトラケのニケ」が羽を広げて迎えてくれましたheart04

Img_0640

モナリザが気になるものの、是非是非見たかったニケ像だったので、ちょっと立ち止まり見とれてしまいました。

やっぱり、いいなぁ、かっこいいなぁ、顔が無いから余計いいんだろうなぁ‥uphappy01

「ゴメン、ニケちゃん、モナリザを見たらまた来るね」とモナリザの部屋へ急ぎます。

そしてモナリザ‥note

Img_0634

他の絵画は何の柵もないのに、モナリザだけはガラスケース+柵でした。

割と小さな絵で、さらにガラス越しで離れた位置からみるので、せっかく一番前で見られたにもかかわらず、「これじゃ本物を見るより写真をみたほうがよくわかる」とおじちゃんは言いだしましたannoy

いいんです、本物が見られた、それだけでイインですsign03

Img_0636

あっという間にモナリザの前は人だかりです。

Cimg8520

モナリザの部屋の近くに「ナポレオンの戴冠式」の絵があったので、その前で一休み‥

Cimg8525

そして混まないうちにと、シュリー翼1階にあるミロのヴィーナスにやってきました。

Cimg8529

ふ~ん、横から見ると、こんなだったんだ‥

 

取りあえず重要3点はしっかり見たので、その後はボチボチ目星を付けておいた絵画を見て回りました。

Cimg8580

この絵、見た事ある‥catface

Img_0653

リシュリュー翼3階にある、この絵の前では、おじちゃんニヤけちゃいましたcoldsweats01

Img_0658

リシュリュー翼2階にあるナポレオン3世の居室

まさに、おフランスざんすshine

Img_0661

フランス史はよくわかりませんが、こちらの御方のお部屋で1800年台半ばのフランス最後の皇帝らしいです‥違っていたらゴメンナサイbleah

1時間半くらい、あっちへ行ったり、こっちへ行ったりして、結構足も疲れてきましたが、モナリザ近くのドゥノン翼をゆっくり見ていなかったので戻ってみました。

Img_0666

ニケの前も‥

Img_0667

あの「ナポレオン戴冠式」の絵の前も黒山の人だかりです。

1img_0669

まだ10時半というのにモナリザの部屋は、このありさまimpact

また具合が悪くなってはいけないので、早々に立ち去る事にしました。

何だか芸術を鑑賞するartというより体育会系アトラクションdashという感じも無きにしも非ずですが、世界最大級の美術館を取りあえず見て回れたので満足しましたgood

そして、これから隣のオランジェリー美術館を見て、それからノートルダム大聖堂に行ってみます。

|
|

« カー・ルージュに乗って そして‥ | トップページ | ノートルダム大聖堂へ »

ニース・パリ旅行」カテゴリの記事

コメント

私達が行ったのは、思えば20年以上も昔だった...。confident
ルーブルはもっと空いていて、ゆっくり観られたのに。catface
美術品達は少しも変わらないのに、世間は変わったもんじゃのう。think

投稿: ヨシコ>カネゴン | 2013年6月25日 (火) 19:36

パリの混雑ぶりはどこも半端じゃないねcoldsweats02
昨日新聞の旅行ツアーで閉館後にルーブル貸切なんてツアーがあったけど、
そうでもしなけりゃ、団体さんは大変だよcatface

投稿: カネゴン>ヨシコちゃん | 2013年6月25日 (火) 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/57648961

この記事へのトラックバック一覧です: ルーブル美術館:

« カー・ルージュに乗って そして‥ | トップページ | ノートルダム大聖堂へ »