« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

ジジの田舎のお葬式

今年は本当にお葬式の多い年です

週末、亡きジジの本家でお葬式があり、おじちゃんに留守をたのみ新幹線で福島まで行ってきましたbullettrain

本来なら日帰りで告別式に参列したかったのですが、ババのショートスティの日程の関係で、土曜日、お通夜のみの参列ということにしました。

ジジの田舎は郡山から在来線に乗った場所にあり、お通夜が終わってからトントン問題なく鉄道subwayを乗り継げば何とか終電trainに間に合いそうだったのですが、どこかでトラブルでもあって野宿する羽目になっても嫌だったので、郡山の駅前に宿を取っておきました。

20170826_134340

ホテルを予約するにあたって、駅前のビジネスホテルはなかなか空き室がなく、ひとつ空いていた場所が普段より5000円近く高くて、びっくり…coldsweats02

この日は須賀川の花火大会impactshinenightがあったようで、浴衣を着た人たちがたくさん駅でウロウロしていました。

納得…think

先にホテルに荷物を置いて、着替えて出かけましたが、ジジの田舎への在来線は1~2時間に1本しかなく、会場に着いたのは、通夜の時刻の1時間以上も前でした。

さすがにまだ親族も来ておらず、ひとりポッつ~んcoldsweats01

120170826_154239

しかし、すごい花輪の数sign01 写真に納まりきれませんcoldsweats02

さすが、田舎のお葬式sweat01

そのうち親族たちがマイクロバスやら車やらでやってきました。

亡きジジは実家と付き合いが深かったのですが、私は親と一緒に数回しか行ったことのない場所です。

そして、ほとんどがもう遠い関係の親戚です。

その親族席の数は70名分以上ありましたsign01

皆、ジジのことは覚えていて、私に話しかけてくるのですが、私には誰が誰だか、どういう関係なのか、さっぱり…wobbly

ただ、ジジと同じような顔つきの人や、自分で言うのもなんですが、何だか私に似てるんじゃないかと思う人が何人かいて、ああ私の親戚なんだなぁと、妙にひとり納得していましたcoldsweats01

生後3か月くらいの赤ん坊から、90歳近い年寄りまで、老若男女の一族が揃い、通夜振る舞いの賑やかな席に座ると、私はただただ「凄いなぁ~」と感心するばかりでした。

そして、あまりボロを出さないうちにと、私は少し早めに失礼させていただきましたbleah

軽いカルチャーショックをうけた私は、帰り道、「こういうところは、お嫁さんたちって、とても大変そう…think」「でも、何かあっても皆で助け合っていくのだろうなthink」などと一人考えながら、ちょっと、うらやましくもなりましたcatface

さて、こちら…

今日は暑さが戻ってきましたが、日陰に居ると過ごしやすい日でした。

Img_2623

茶々丸も木陰で涼んでいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ああ、気だるい

7月は「雨rain降らないかなぁ」なんてブログに書くほどガンガン暑かったのにsun8月になってなかなかお日様が顔を見せてくれませんcloudsad

猛暑にくらべりゃ、ましなのかもしれませんが、妙~に蒸し暑かったりで、気持ちも身体も気だるい毎日ですdown

洗濯物t-shirtも「クサくならないうちに乾かしたい」と、外に出したり、家の中に入れたり、色々やっていますが、なかなかカラッと乾きませんbearing

Dsc_4788

                ピッタリサイズの洗濯かご~note

Dsc_4796

おじちゃんが家の中で育てているシソとパセリとバジルですが、とうとうバジルの植木鉢にキノコが生えてきましたsmile

久しぶりに何の用事もない日曜日の午後…

Dsc_4798

                疲れた時は昼寝が一番だよsleepy

不穏なババがしょっちゅう「塩分、水分こまめに摂ろうsign01」と言いながら台所の塩を舐めにやってきたり、「入れ歯はどこいったsign02」と何度も何度も洗面所をウロウロするし、落ち着いて昼寝をする気にもなれず、ただただボッケ~downと過ごしてしまいましたcatface

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ジジの新盆

今年はジジの新盆です。

東京のお盆は7月と言われていますが、どうもお盆というと8月のイメージがあり、私の夏休みの関係もあって、自分の都合でカネゴン家のお盆は8月と決めましたbleah

とは言っても仏壇を初めて持ち、お盆の事などさっぱり分からないカネゴン家なので、仏壇屋さんに相談して、色々取り揃えました。

「東京のお盆は7月なので、早く購入しておかないと、種類が無くなってしまいますよ」と言われ、6月に購入し、押入れにしまっておきました。

そしてババの居ない隙をねらって、ネットで調べたり、お盆慣れ?している友人wakeに聞いて何とか飾りつけましたcoldsweats01

盆提灯がそれっぽくないけれど、最近はこういう物も有りらしく、狭い場所に置けるちょっと洋風タイプにしました。

そして、お坊様は本日13日の2時にお経をあげに来てくれることになっていたのですが…

20170813_123657

今日のババは午前中からとても不機嫌annoy 

「お坊様が見えるから、布団片づけようね」と言ったら不機嫌がピークに達してしまいましたimpact

仕方ないので、布団を茶の間に引っ張ってきたら「私の住む場所なんてもうないんだannoyああ死んでしまいたいimpactimpactimpact」と言ってフテ寝してしまいましたbearing

ああ新盆なんてメンドクサイ、こっちまで不機嫌になりそう…sad

お坊様は予定より30分早くいらっしゃいました。

「まあ、ババはフテ寝させときゃイイや、ちゃっちゃとお経をあげてもらって済ましちゃえ~」と不謹慎極まりない気分になっていたところが…

お坊様が家の中へ入って来た途端、ババの「よそ行きスイッチ」が入りましたcoldsweats01

「まあ、本日は大変ありがとうございますnote供養していただき、故人もどんなに喜ぶことかup

お経をあげている間は…

「これ誰のためのお経? 私のダンナ?」「戦争という時代を生き、特攻の生き残りで……」としゃべったり、泣いたりで、まあ家族だけの新盆で良かったわsad

お経が終わったらお坊様に…

「ああ私はここまで生きていて良かったnotes あなたも、これからは貧しい人、苦しい人たちのために頑張ってくださいsign01」と何度も何度も繰り返す始末sweat01

お坊様に説教してどうするのsign01

それにさっきまで、死にたいって言っていたじゃないのsign01angry

お坊様はちょっとガラッパチな感じの方でしたが、ニコニコ頷いてくれて、助かりましたcoldsweats01

ババの機嫌の良いうちにと、ジジの迎え火を焚くことにしました。

20170813_152350

新盆の白紋天は玄関に置くタイプにしました。

灯りをともすと綺麗です。お盆が終わったら処分するのがもったいないくらい…coldsweats01

20170813_143015

迎え火を焚くのを見ながらの会話…

「何してるの?」

「これで、ジジが帰ってくるんだよ」

「えっ、私を迎えにくるの?coldsweats02 嫌だ~sweat01

ああジジ~ 早くババを迎えに来てよ~~sad 

またまた不謹慎なことを考えるカネゴンなのでしたsmile

20170813_081203

               オレ様は勝手にさせてもらうぜ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

茶々丸の仕事

カネゴンの職場は夏休みに入りました。

そこで今日は茶々丸catを連れてお出かけですcar

20170808_133008

               どこ行くの?

20170808_134723

おババ様の所だよhappy01            ここ、どこなの?

お義母さんの入っている病院にはペットdogcatを連れてきて良い場所があります。

日曜日などに、たまにワンコdogを見かけることがあるのですが、平日はほとんど誰もいないので、初めて連れてきました。

20170808_135119

                  な…なんなんだよsweat01

20170808_135423

             バッグの中のほうが落ち着くよannoy

お義母さんは、どちらかというと犬派だったのですが、結構茶々丸にも興味を示してくれ、たくさん撫でてくれましたlovely

しかし、茶々丸はなかなか思うように顔を出してくれませんsad

お義母さんのほうに向かせようと、バッグをくるくる回しても、結局ソッポを向いてしまう始末…coldsweats01

20170808_135759_2

    オレ様、ぜったいアニマルセラピーなんてやらないimpact

でも最後にちょっとだけ抱っこさせてくれましたup

20170808_141151

             あ~ヤダヤダ ちょっとだけだぜannoy

茶々丸には迷惑な話ですがbleahお義母さんも喜んでくれたようで、連れてきた甲斐がありましたgood

家に戻ってからも、もう一仕事sign01

20170808_152246_3

           こっちもメンドクサイけど、まあいいか…

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

千人針

8月に入りました。

先日、親の家を片づけた時に、見つけてもらった物があります。

父が先の大戦に出征した時の、旗と千人針です。

小さい頃に見せてもらった記憶があったので、どこかにあるだろうとは思っていましたが、探し出せないでいました。

20170729_104546

家に残っていたものは、すべて処分してもらいましたが、さすがにこれは持って帰りました。

千人針には虎の絵が描いてあり、「五銭」と「十銭」が縫い付けてありました。

Img_2620

虎は千里行って千里帰る、死線(四銭)を越える、苦戦(九銭)を越えるという縁起を担いだ物で、実際には何の役にも立たないものですが、当時これを作った人はどんな思いだったんだろう、受け取った当人はどんな気持ちだったんだろうと考えさせられました。

おそらく祖母(父の母親)が千人針と一緒に渡したと思われるお守りも一緒にありました。

お守り袋の中には、何枚かの御札が入っていて、なぜかしら紐の部分には十字架まで付いていました。

20170729_104724

戦後、無事に帰ってきた時「お前、幽霊か?」と言われたと、生前父がよく言っていました。

おそらく母親は、特攻隊であった父を見送るときに覚悟はしていたものの、それでも、とにかく生きて帰ってきてほしいという気持ちで、神様にも仏様にもありとあらゆるものにお願いしたのではないかと思います。

これらの物は仏壇の引き出しにしまっておくことにしました。

 

もうすぐ終戦記念日です。

今、世の中は再びちょっと危ない状態になっています。

Img_2617

こんな幸せな時間が失われることがないよう、平和を祈るばかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »