« 2017年7月 | トップページ

ジジの新盆

今年はジジの新盆です。

東京のお盆は7月と言われていますが、どうもお盆というと8月のイメージがあり、私の夏休みの関係もあって、自分の都合でカネゴン家のお盆は8月と決めましたbleah

とは言っても仏壇を初めて持ち、お盆の事などさっぱり分からないカネゴン家なので、仏壇屋さんに相談して、色々取り揃えました。

「東京のお盆は7月なので、早く購入しておかないと、種類が無くなってしまいますよ」と言われ、6月に購入し、押入れにしまっておきました。

そしてババの居ない隙をねらって、ネットで調べたり、お盆慣れ?している友人wakeに聞いて何とか飾りつけましたcoldsweats01

盆提灯がそれっぽくないけれど、最近はこういう物も有りらしく、狭い場所に置けるちょっと洋風タイプにしました。

そして、お坊様は本日13日の2時にお経をあげに来てくれることになっていたのですが…

20170813_123657

今日のババは午前中からとても不機嫌annoy 

「お坊様が見えるから、布団片づけようね」と言ったら不機嫌がピークに達してしまいましたimpact

仕方ないので、布団を茶の間に引っ張ってきたら「私の住む場所なんてもうないんだannoyああ死んでしまいたいimpactimpactimpact」と言ってフテ寝してしまいましたbearing

ああ新盆なんてメンドクサイ、こっちまで不機嫌になりそう…sad

お坊様は予定より30分早くいらっしゃいました。

「まあ、ババはフテ寝させときゃイイや、ちゃっちゃとお経をあげてもらって済ましちゃえ~」と不謹慎極まりない気分になっていたところが…

お坊様が家の中へ入って来た途端、ババの「よそ行きスイッチ」が入りましたcoldsweats01

「まあ、本日は大変ありがとうございますnote供養していただき、故人もどんなに喜ぶことかup

お経をあげている間は…

「これ誰のためのお経? 私のダンナ?」「戦争という時代を生き、特攻の生き残りで……」としゃべったり、泣いたりで、まあ家族だけの新盆で良かったわsad

お経が終わったらお坊様に…

「ああ私はここまで生きていて良かったnotes あなたも、これからは貧しい人、苦しい人たちのために頑張ってくださいsign01」と何度も何度も繰り返す始末sweat01

お坊様に説教してどうするのsign01

それにさっきまで、死にたいって言っていたじゃないのsign01angry

お坊様はちょっとガラッパチな感じの方でしたが、ニコニコ頷いてくれて、助かりましたcoldsweats01

ババの機嫌の良いうちにと、ジジの迎え火を焚くことにしました。

20170813_152350

新盆の白紋天は玄関に置くタイプにしました。

灯りをともすと綺麗です。お盆が終わったら処分するのがもったいないくらい…coldsweats01

20170813_143015

迎え火を焚くのを見ながらの会話…

「何してるの?」

「これで、ジジが帰ってくるんだよ」

「えっ、私を迎えにくるの?coldsweats02 嫌だ~sweat01

ああジジ~ 早くババを迎えに来てよ~~sad 

またまた不謹慎なことを考えるカネゴンなのでしたsmile

20170813_081203

               オレ様は勝手にさせてもらうぜ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

茶々丸の仕事

カネゴンの職場は夏休みに入りました。

そこで今日は茶々丸catを連れてお出かけですcar

20170808_133008

               どこ行くの?

20170808_134723

おババ様の所だよhappy01            ここ、どこなの?

お義母さんの入っている病院にはペットdogcatを連れてきて良い場所があります。

日曜日などに、たまにワンコdogを見かけることがあるのですが、平日はほとんど誰もいないので、初めて連れてきました。

20170808_135119

                  な…なんなんだよsweat01

20170808_135423

             バッグの中のほうが落ち着くよannoy

お義母さんは、どちらかというと犬派だったのですが、結構茶々丸にも興味を示してくれ、たくさん撫でてくれましたlovely

しかし、茶々丸はなかなか思うように顔を出してくれませんsad

お義母さんのほうに向かせようと、バッグをくるくる回しても、結局ソッポを向いてしまう始末…coldsweats01

20170808_135759_2

    オレ様、ぜったいアニマルセラピーなんてやらないimpact

でも最後にちょっとだけ抱っこさせてくれましたup

20170808_141151

             あ~ヤダヤダ ちょっとだけだぜannoy

茶々丸には迷惑な話ですがbleahお義母さんも喜んでくれたようで、連れてきた甲斐がありましたgood

家に戻ってからも、もう一仕事sign01

20170808_152246_3

           こっちもメンドクサイけど、まあいいか…

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

千人針

8月に入りました。

先日、親の家を片づけた時に、見つけてもらった物があります。

父が先の大戦に出征した時の、旗と千人針です。

小さい頃に見せてもらった記憶があったので、どこかにあるだろうとは思っていましたが、探し出せないでいました。

20170729_104546

家に残っていたものは、すべて処分してもらいましたが、さすがにこれは持って帰りました。

千人針には虎の絵が描いてあり、「五銭」と「十銭」が縫い付けてありました。

Img_2620

虎は千里行って千里帰る、死線(四銭)を越える、苦戦(九銭)を越えるという縁起を担いだ物で、実際には何の役にも立たないものですが、当時これを作った人はどんな思いだったんだろう、受け取った当人はどんな気持ちだったんだろうと考えさせられました。

おそらく祖母(父の母親)が千人針と一緒に渡したと思われるお守りも一緒にありました。

お守り袋の中には、何枚かの御札が入っていて、なぜかしら紐の部分には十字架まで付いていました。

20170729_104724

戦後、無事に帰ってきた時「お前、幽霊か?」と言われたと、生前父がよく言っていました。

おそらく母親は、特攻隊であった父を見送るときに覚悟はしていたものの、それでも、とにかく生きて帰ってきてほしいという気持ちで、神様にも仏様にもありとあらゆるものにお願いしたのではないかと思います。

これらの物は仏壇の引き出しにしまっておくことにしました。

 

もうすぐ終戦記念日です。

今、世の中は再びちょっと危ない状態になっています。

Img_2617

こんな幸せな時間が失われることがないよう、平和を祈るばかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2017年7月 | トップページ