« 赤の広場Ⅰ | トップページ | クレムリン »

赤の広場Ⅱ

今から125年前に建てられた石造りのグム百貨店の建物は、重厚で、ヨーロッパの雰囲気満載です。

I1mg_0721

ここでで少し自由行動がありました。

グム百貨店には高級ブランドのお店がたくさん入っていてshine社会主義時代の面影は全くありません。

20180729_144430

ソ連時代は国営デパートとなり、物がほとんど無くて行列だったと、現地ガイドの人が言っていました。

20180729_145406

集合場所の噴水広場あたりでは、多くの観光客が写真を撮っていました。

普通、デパートやショッピングモールは写真撮影禁止になっていますが、ここは百貨店自体が観光用スポットなので、かまわないようです。

 

旅の仲間のお一人は別行動でしたが、残り5人はあの聖ワシリー寺院の中を見てみたいという事で、一旦グム百貨店を出ました。

20180729_154225

現地ガイドさんによると、入館料は500ルーブル(約1000円)だそうです。

ロシアの主だった場所では米ドルが使えるから、あまりルーブルに両替しておかなくても良い、と聞いていたので、私らの手持ちのルーブルも大分少なくなってきました。

聖ワシリー寺院は米ドルが使えません。

皆、財布を覗いて、500ルーブルなら何とかなる…とチケット売り場に並びました。

Img_0728

しかしやっと順番が来た窓口で、「ひとり1000ルーブルimpact」と言われてしまいました。

話が違うじゃないのangry

よく見たら中国語で「自国民500 外国人1000」みたいな事が書かれていましたsad

ちなみに、2016年発行の旅行雑誌「るるぶ」には350ルーブルって書いてありましたcoldsweats02

このボッタクリッsign03

あとで添乗員さんに「色々コロコロ変わるんです、そういうお国柄なんです…coldsweats01」と言われてしまいましたdown

こういう場所でクレジットカードを使う気になれなかったので、聖ワシリー寺院は諦めて、グム百貨店に戻ってアイスクリームを食べる事にしましたflair

百貨店の通路のあちこちにアイス屋さんのワゴンがでていて、こちらも行列です。

しかし、すでにカップに入ったアイスが3~4種類冷凍ボックスに入っていて、1個100ルーブル(200円)というキリの良い値段ということもあり、ほとんど待つということなく購入できましたnote

Img_0734

カネゴンはベリーの入ったアイスクリームup

意外とさっぱりした味ですgood

Img_0735

ロシアは涼しいと言っても、やはり日向を歩いてくると暑くて、皆で美味しく頂きましたhappy01

グム百貨店はとても広く、ゆっくり見て回りたい気持ちよりも、連日の観光で足が疲れた…という方が先に立って、何となくウロウロして終わってしまいましたsad

帰国してからネットで見たら、色々興味深い場所やお店もあったようで、ちゃんと下調べしておけばよかった…とちょっと残念に思っていますcoldsweats01

お帰りの時間になりました。

20180729_171204

帰りは聖ワシリー寺院のちょうど反対側、赤の広場をまっすぐ行った先の門をくぐります。

夕方5時過ぎ、観光客もゾロゾロ帰っていきました。

20180729_171440

門を抜け、大通りに出て振り返ってみましたが、やっぱり赤の広場は平和ボケしている私にはテーマパークにしか見えませんでしたcoldsweats01

さて今宵の夕食のメインは、お肉の串焼きとポテトフライですが…

Img_0739

美味しい不味いという前に、昼のカツレツとチョコレートケーキがまだ消化されてなく、アイスまで食べたものだから、お腹いっぱいで、それぞれ味見程度で御馳走様をしてしまいました。

もちろん甘いデザートもでましたが、こちらも試食程度で…coldsweats01

明日はもう最終日で、クレムリンの城壁の内側、すなわち「クレムリン」の観光をして帰国します。

|
|

« 赤の広場Ⅰ | トップページ | クレムリン »

ロシア旅行」カテゴリの記事

コメント

ロシアも十分観光地化されていて、あんなにいっぱい観光客がいるんだね。
それにしても、おひとりさまのツアーに参加している方々、尊敬しちゃうよ。
カネゴンもだよ!
自己管理ができていない私には、とっても無理down
カネゴン凄いよ!!

投稿: わんこ | 2018年8月 7日 (火) 13:56

ロシアには西洋人も東洋人もたくさん観光客がいたよhappy01
お一人様のツアーは思った以上に気楽だよup
観光はすべて添乗員任せだし、観光が終わったら、
だれにも邪魔されず(夫を含むsmile)一人で好きなようにできるから最高ねって皆、言っていたわcoldsweats01

投稿: カネゴン>わんこさん | 2018年8月 7日 (火) 14:56

街並みも、百貨店の内部も、アイスクリームも、資本主義のヨーロッパと変わらないね。shine
ソ連時代に比べたら、随分暮らしやすくなっているんだよね。happy01
観光客相手のところだけでなく、田舎までこんなふうに資本主義の空気に包まれたら
ロシアも変わったと言えるのかもね。
ただ、ボッタクリと料理が、さすがにアバウトな感じだわ。coldsweats01

投稿: ヨシコ>カネゴン | 2018年8月 7日 (火) 18:59

ロシアの飛行機のCAさんやお店の人は昔、すごく不愛想だって
聞いていたけど、皆、凄く愛想が良かったよup
日本人のせいもかるあも知れないけどねsmile
ただ、昨日までは入れたはずの場所に今日から入れないとか、
しょっちゅう決まりが変わるようで、お国柄というか、
やっぱり政治の力が強いみたいね。
まだまだよく分からない国だよthink

投稿: カネゴン>ヨシコちゃん | 2018年8月 7日 (火) 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/67027340

この記事へのトラックバック一覧です: 赤の広場Ⅱ:

« 赤の広場Ⅰ | トップページ | クレムリン »