« サンクトペテルブルグ市内観光Ⅰ | トップページ | エカテリーナ宮殿 »

サンクトペテルブルグ市内観光Ⅱ

7月27日 sun

次の観光場所は「血の上の教会」というちょっと穏やかではない名前の教会ですcoldsweats02

もちろん、ちゃんとした名前もあるようですが…。

20180727_120437

途中の参道にはずらっと露店の土産物店が並んでいて、覗いてみたかったのですが、団体行動を乱すわけにはいかず、足早にガイドさんの後を追っかけて行きますdash

20180727_120649

これです、私が見たかった玉ねぎ頭のドームsign01

上のほうが工事中で、ちょっと残念down

20180727_121229

外壁の細工や絵画も見事ですshine

20180727_122756

内部は、これまた、ため息が出るほど美しいshine

血の上の教会は皇帝アレクサンドル2世が暗殺された場所に追悼を込めて建てられた教会です。

20180727_121814

暗殺された場所には祭壇が設けられていました。

20180727_121733

すべての壁から天井までイコンと呼ばれる聖書を題材にした絵でおおわれています。

Img_0429

よく見るとすべてモザイク画sign01

20180727_122253

天井を見上げて、もう言葉もありません…

ちなみに、ここはロシア革命後、ソ連政府がジャガイモ倉庫として使っていたようですcoldsweats02

この日の昼食はペリメニと呼ばれるロシア風水餃子

11img_0437

先に野菜とチキンのスープが出ました。

どちらも日本人が食べ慣れているような味で美味しかったです。

ペリメニはサワークリームを付けて食べるようになっていましたが、具に味がしっかりついていたので、日本人的にはそのまま食べたほうが合っている感じがしました。

ロシアの一般的な料理らしいですが、元々は南の方の民族の料理だったようです。

|
|

« サンクトペテルブルグ市内観光Ⅰ | トップページ | エカテリーナ宮殿 »

ロシア旅行」カテゴリの記事

コメント

「血の上の教会」は、まだ新しい(?)のに、
ビザンティンでアラビアンなお伽の国の建物みたい!
世界中どこでも教会の迫力には圧倒されるね。
ペリメニは、水餃子なんだね。
サンクトペテルブルグは、北欧に近いみたいだけど
中国とも陸続きで食べ物も繋がっているのかな。

投稿: ヨシコ>カネゴン | 2018年8月 2日 (木) 16:25

ロシアへ行く前、最初ガイドブックを見た時、イスラム教のモスクみたい…て思っちゃったcoldsweats01
ロシアは東ローマ帝国の影響を受けてる国なんだね。
ペリメニは一口サイズの水餃子って感じで地元のスーパーの冷凍食品でもたくさん売っていたわ。
シルクロードがあったから、中国にも同じ感じのものが出来たのかもね。

投稿: カネゴン>ヨシコちゃん | 2018年8月 2日 (木) 17:12

多分、行くことはないと思うロシア。
ほとんど知らなかった歴史や文化、食べ物に興味を持たせてくれてありがとう。
ロシアの食べ物は、ピロシキとビーツを使ったスープくらいしか思い浮かばなかったsweat01

ロシアでバレエやオペラが盛んなのは、ヨーロッパからの影響が大きいからかな?
それにしても、宗教の力ってすごいね。

投稿: わんこ | 2018年8月 3日 (金) 15:41

私もこれまでほとんどロシアの事は知らず、ガイドブックを見て
へぇ~っと思い、実際に行ってみて、さらにまた認識を新たにしたよconfident
今回はバレエや音楽の鑑賞はなかったけれど、見てみたかったわ
でも、なかなか再び行ける場所ではないよねcoldsweats01

投稿: カネゴン>わんこさん | 2018年8月 3日 (金) 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/67012770

この記事へのトラックバック一覧です: サンクトペテルブルグ市内観光Ⅱ:

« サンクトペテルブルグ市内観光Ⅰ | トップページ | エカテリーナ宮殿 »