« エルミタージュ美術館Ⅱ | トップページ | 赤の広場Ⅰ »

モスクワへ

7月29日 sun

サンクトペテルブルグの観光を終え、今日はモスクワに移動です。

ホテルを朝5時半出発なので、朝食は前日に渡されました。

外も明るいので4時半には目が覚め、起きて食べてしまうことにしました。

20180729_050704

ハムとチーズのサンドイッチ、カップケーキ、リンゴと水

コーヒーはお部屋のインスタントコーヒーをいただきましたcafe

おっと、写真を撮るのを忘れて、かじっちゃったcoldsweats01

サンドイッチはパンがパサパサで今ひとつだったので、中身だけ頂きました…down

20180729_053807

3泊したホテルですが、なかなかオシャレでしたgood

午前10時過ぎ、モスクワに到着しairplaneまたまた大型バスで市内へ向かいますbus

モスクワはロシアの首都だけあって、やっぱり都会です。

Img_0672

家具のIKEAもあるし、高いビルも並んでいます。

Img_0693_2

マックだってありますscissors

社会主義が崩壊し、マックが初めて来たときは、行列だったそうです。

車はドイツ製 日本製、韓国製の車が多いそうで、ロシア製の車はほとんど無いと言っていました。

モスクワ大学に着きました。

20180729_105745

ここでバスを降り、雀が丘へ行きました。

20180729_111313

モスクワ市内を見渡せる展望場所です。

Img_0682

こちらは、ついちょっと前まで盛り上がっていた、ワールドカップサッカーsoccerのモニュメントか何かだったのでしょう。

フェンスで囲まれ、取り壊しが始まっていました。

Img_0688

サンクトペテルブルグの観光地でも必ずいた、昔の衣装を着た人たち…

一緒に写真を撮ってお金をもらう商売です。

そういえば、ローマのコロッセオにもいたわねcoldsweats01

次に向かったのがノヴォデーヴィッチ修道院が見える公園です。

20180729_114126

子供たちが楽しそうに遊んでいました。

Img_0692

ノヴォデーヴィッチ修道院は歴史ある建物で、池の向こうに見える赤白の配色がとても綺麗でした。

しかしカネゴンは、「もし日本で、こんな建物が見えたら、絶対ラブホテルだよな…smile」なんて、とてもバカな罰当たりなことを思っちゃいましたbleah

逆光なので、その美しさが写真に撮れず、残念でした。

昼食はサケの出汁がよく効いたスープとキエフ風カツレツ

Img_0700

ロシアの食事には、たいていスープがついてきましたが、これが一番美味しかったような気がします。

カツレツは鶏の胸肉にバターを包んで揚げたものだったような気がします。

美味しいのですが、ボリュームが凄くって…coldsweats01

あげく、こってりしたチョコレートケーキまで出たので、完食できませんでしたhappy02

ここのレストランの女子トイレのマークは「トイレを我慢している女の子」の絵ですsweat01

Img_0697_2

私たちもサッサと用を済ませて、次の赤の広場に向かいましょうdash

|
|

« エルミタージュ美術館Ⅱ | トップページ | 赤の広場Ⅰ »

ロシア旅行」カテゴリの記事

コメント

ロシア、モスクワというと、暗いイメージがあるけど
建物の色使いは、原色やハデな色が多くて意外だね。happy01
マックやIKEAがあるのも意外。
資本主義が浸透している感じなのかな?
このトイレの女子マークには笑っちゃうね。
際どい時だと笑ってもいられないリアルなポーズだわ。
こんなユーモアがあるのも意外!delicious

投稿: ヨシコ>カネゴン | 2018年8月 5日 (日) 19:28

観光をしている限り、エルミタージュの戦車以外、
社会主義のイメージは全く残っていなかったわね。
何を見ても、芸術、文化の国という感じがしたconfident
できれば本物のバレエshineも見たかったよwink

投稿: カネゴン>ヨシコちゃん | 2018年8月 5日 (日) 20:06

ヨシコさん、こんにちは。
いつもナイスなコメントですね。
今回も、うん、うん頷きながら読ませ頂きましたhappy01

まったくもって、同感upです。

投稿: わんこ | 2018年8月 6日 (月) 09:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/67023058

この記事へのトラックバック一覧です: モスクワへ:

« エルミタージュ美術館Ⅱ | トップページ | 赤の広場Ⅰ »