« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

ハノイの朝

ハノイ2日目はオプショナルツアーを利用して世界遺産のハロン湾へ行くことにしました。

ハロン湾へはバスで4時間くらいかかるので、集合時間に合わせ、5時起床 6時朝食という事になりました。

寝坊しないように目覚まし時計かけて…おやすみなさい

旅の興奮などでなかなか寝付けなかったカネゴンですが、ようやく眠りについた頃、wakeの部屋から「5時だよ~」のモーニングコールがありました

もう朝か…真っ暗だけれど日の出も遅くなった時期だからねぇ…

…と時計を見るとまだ3時

他の時計を見てもやっぱり3時、そして携帯の画面に「日本時間5時」と表示されていました

急いでwakeの部屋に連絡し、皆さま、あと2時間ぐっすりお休みになったようです

…が、カネゴンは目がランランと冴えてしまい、そのまま本当の朝5時を迎えてしまいました

「ばかやろ~」と言ったら「昨日のパンナコッタのお返しよ」と切り返されてしまいました

朝食はブッフェスタイルで種類も豊富ですが、ついついかわり変わり映えしないものを持ってきてしまいました

白に黒いポチポチのドラゴンフルーツは初めて食べましたが、甘すぎもせず、特に癖のない味でした。

日本ではそうそう食べる機会もないであろうと、ベトナムにいる間、せっせと食べました。

20181123_061015

お願いすると、フォーも作ってくれます。

20181123_061854

おじちゃんは、ちっとも旨そうに見えないと言っていますが、見た目よりもずっと美味しい味でした

急いで朝食を食べ、6時45分、ハロン湾に向かってホテルを出発です

20181123_064545

バスはいくつかのホテルをまわってお客さんを拾っていくので、ぐるぐるまわって、ちょっとした市内観光になりました。

20181123_073250

ちょうど学校や通勤の時間帯だったので、市内はバイクや車でいっぱいです。

バイクは原付より少し大きいくらいですが、2人乗りは当たり前、「子供、父ちゃん、子供、母ちゃん」の4人乗りなんてのもいました

Aaa

クラクションを鳴らしながらのバイク、車が入り乱れ、この国の交通ルールなんてどうなってるのかしら?と思ってしまいました。

ベトナムの緯度は日本よりもかなり南ですが、この時期朝夕は冷えるようで、バイクに乗る人たちは、ユニクロのダウンみたいなものを着ています。

20181123_075024

この数なので、空気も汚れているのでしょう大多数の人がカラフルな布マスクを着けていました。

20181123_075208

そして、途中土産物屋さんでトイレ休憩をした後、昼頃ハロン湾の船着場に到着しました。

Img_0969

土産物やブランドのバッグなどが所狭しと売られていましたが、すべて偽物だそうです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Homeレストラン

1日目の夕食は旅行会社に勤めている友人☆さんのお勧めのひとつである「Homeレストラン」に行くことにし、現地添乗員に7時に予約をしてもらって、ホテルからタクシーで出かけました。

ランタンの飾りが綺麗な、ちょっとお洒落なベトナム料理店です

20181128151556

何をどう注文したら良いのか…

メニューの写真や英語の文字、片言の日本語が話せるスタッフを頼りに、あとはオバサンパワーで乗り切り、適当な物を頼んでみました

サラダの後、何やら火のついた鍋と細麺や生野菜、そしてライスペーパーがやってきました。

鍋の中は鶏肉や野菜だったと思いますが、あまり覚えていません…

20181122_190426

いったいこれをどうするの?と思案していたら、お店のオネエサンが鍋の具材を煮詰めて、生野菜、細麺と一緒にライスペーパーで巻いてくれました

オネエサンが全部作ってくれると思ったら、ひとり1本ずつのみで、あとは自分たちでやれ…という感じで去っていきました

20181122_190746

やった~  美味しい~

オネエサンがやるように、うまく包めない…でも味は同じで美味しく頂きました

そして、こちらは似たような物に見えますが、たぶんブン・チャーと呼ばれる料理です。

20181122_192246

豚肉などが入ったスープに細麺などを浸けて食べました。

スープは何かは分からないけれど香草も入っていたような気がします。

揚げ春巻きもついていましたが、これはスープにつけなくても、しっかり味がついて美味しかったです。

あとは、よその人が注文したものを指さして、あれ頂戴、これ頂戴と色々たのんでみました。

20181122_194215

竹筒に入っていたのは、おこわのような感じでした

昔、米不足でタイ米しか手に入らなかった時、どう調理してもまずかったのに、日本産以外のお米がこんなに美味しく食べられたのにはビックリでした。

20181122_195148

そして焼きエビ、もうお腹いっぱいです。

あとはデザートを注文しよう…という段階になり、パンナコッタという意見がある中、カネゴンが珍しそうな果物があったので注文してしまいました。

出てきたのがこちら…

20181122_200602

どうもザボンの仲間のようですが、ちょっと水分が抜けたグレープフルーツのような味でした。

とてもカネゴン一人では食べきれず、恨みを買いながらも、皆に手伝ってもらい、パンナコッタは無しになりました…

ビール一杯と散々飲み食いして、全部で約1840000ドン 日本円にして9200円ほどです。

一人当たり2300円というビックリの値段でした

 

ところで、ベトナムのお金は桁が多すぎです

日本円を両替してもらったら0がいっぱいついた6種類の紙幣がきました。

お顔はどれもベトナムの英雄ホーチミン氏で、いったん混乱すると、もう完全に訳がわからなくなります

20181123_054637_2

0を2つ取って2で割ったのが日本の円…と教わったのですが、どうもカネゴンはどこかで桁の違うお札を出してしまったようでお小遣いがちょっと足りなくなってしまいました…

でも心の持ちようで何とでもなる金額だったので、旅の思い出にしました

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オバサンたち集合

今回は11月22日(木)の朝に成田空港を出発、11月25日(日)の朝に成田空港へ帰ってくる3泊4日の旅です。

旅のお仲間は、いつもの女子寮仲間のオバサン4人

空港での集合時間が朝8時なので、wakeを除く3人は成田で前泊です。

ホテル日航成田のファミリールームを予約してあったので、夕方にチェックインしてガールズトークが始まりました

ハノイに着いてからの計画を立てるはずなのに、ガイドブックも開かず、久々の積もり積もった話で盛り上がってしまいました

20181121_160425

夕食はホテルのシャトルバスで成田空港へ行って牛タン定食を食べ…

20181121_190323

ひたすら仕事をしているwakeより一足先に、すっかり旅行モードに入ってしまいました

翌朝7時半、空港でwakeと合流し、いよいよオバサンたちのベトナム旅行が始まりました。

20181122_072639

さっさと出国手続きをしたあと、朝食は、なんとラーメン

20181122_082314

カネゴン一人ではありえない選択肢ですが、みんなでワイワイの朝からラーメンは、とても美味しく頂くことができました

そして朝10時、ベトナム航空の飛行機でハノイへ向かって飛び立ったのでした

(ちなみに下は、ハノイに着いてからの飛行機の写真)

Img_0944

ベトナム航空の客室乗務員の制服は民族衣装のアオザイです。

Img_0937

サービスや機内食はちょっと今ひとつ…という感じがしましたが、外国へ行くときにその国の飛行機に乗るというのは、飛行機に乗った時点からその国に行った感じがして私は好きです

そして約6時間の飛行の後、ベトナム時間の午後2時過ぎ、ハノイのノイバイ空港に到着しました。

そして現地添乗員にホテルに連れていってもらい…

忘れないうちに、お部屋でいつものお決まりの写真を撮りました

20181126150853

セルフタイマーを使った素のままの写真は、何歳になっても気取らない女子寮時代そのままなので、どこでとった写真よりも一番好きな写真です

一休みして、夕食に出かけます…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おばさんたちハノイへ行く

女子寮の友人たちであるオバサンたちは、香港以来6年振りの海外旅行でベトナムハノイへ行ってきました

20181123_075021

すごい数のバイクと車がクラクションを鳴らしながら走り抜けていく様子にキャーキャー言ったり…

123_115615

世界遺産のハロン湾で食事をしながらクルーズしたり…

123_125451_jpg_2

フォーを食べたり…

20181123_061854

春巻きを食べたり…

20181123_190043

さすがに昔のような夜遊びは出来ない年齢になりましたが、3泊4日のベトナムの旅を楽しんできました。

明日からまた仕事…ブログはゆっくり更新していこうと思います

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初冬

このところようやく寒くなってきました。

茶々丸はしばらく食器棚の上にあがっていなかったので、いよいよ足腰が弱ったか…と心配していましたが、ストーブを点け、温かい空気が上に行くようになったらいつの間にか、ちゃっかりお気に入りの箱の上に収まっていました

20181118_085224

             オレ様 あったかいとこがスキだからね

散歩しながら見上げる木々の葉も、だんだん寂しくなってきました。

20181114_133446

公園の歩道もイチョウの落ち葉で黄色に染まり…

20181114_105815

景色はだんだん晩秋から冬へと変わってきました。

20181118_093611

             エッ              今夜もおじちゃんと寝ようね

茶々丸は今のところ、夜はカネゴンの布団の上で休み、明け方近くなっておじちゃんの布団の中に潜り込んでいます

もう少し寒くなったら、カネゴンの布団にも潜り込んでくるはずです

茶々丸なりに気を使っているようです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年紅葉&マダムの会

今年の秋は天候不順の日が多く、また色々用事があったりで、なかなか紅葉を見ながらウォーキングという機会がありませんでした。

やっとこの週末、良い天気になりました。

土曜日…

洗濯して、掃除して、布団干して、庭も片づけたい…という気持ちもありましたが、せっかくの行楽日和なので、おじちゃんと御岳か奥多摩の方にに行ってみようかという事になりました。

20181110_093248

        オレ様は日向ぼっこしながら寝てる…

 

せっかくなので、まずは電車に乗って奥多摩の鳩ノ巣渓谷へ

20181110_113658

天気も良くて、ちょっと気分もワクワクします。

20181110_114105

さすが行楽日和とあって、リュックサックを背負った人たちが大勢歩いていました。

20181110_115110

しかし、ここは遊歩道とは言え、けっこうアップダウンがあり、足元もあまり良くありません

ジジババの介護が始まってから、ずっと山歩きもしていなかった上、それなりの年齢にもなってしまったのか、もう景色を見るゆとりもなく、ひたすら転ばないよう下を向いて歩くのがやっとでした

ああ情けなや~

自然は十分満喫できますが、紅葉の鮮やかさも今ひとつだったので、途中で引き返し、御岳渓谷へ行くことにしました。

鳩ノ巣で昼食の蕎麦を食べた後、御岳渓谷に来たら、朝はあんなに天気が良かったのに、曇ってしまいました

玉堂美術館のイチョウは見頃で、青空だったらもっと綺麗なのに…

20181110_133135

モミジの紅葉はもう少しでしたが、やはり御岳渓谷の遊歩道のほうがずっと気楽に歩けます。

20181110_134200

多摩川のラフティングも楽しそう夏になったら一度やってみたいな

…この日は久しぶりのウォーキングで足が随分痛くなってしまったのですが、万歩計を見たら、一万歩くらいしか歩いておらず、いかにここ数年、平地しか歩いていなかったか…という事を実感したのでした

そして日曜日…

楽しみにしていた、ご近所マダムの会が開かれました

20181111_141705

場所は青梅から3駅ほど奥多摩寄りの、静かな駅のそばにあるイタリアンのお店「いしがみオステリア」です。

Img_8261_002

4月以来、久々に4人集まって、おしゃべりの花が咲きました

1811112

(ヨシコちゃんから画像を頂きました)

ボリュームたっぷりのお料理をたらふく頂き、2次会が無理なほどおなかがパンパンになりました

このマダムの会も随分長い事続いているなぁ…と思ってブログを調べてみたら、2006年12月には始まっていました。

あれから12年…ゆる~く長~く続く友達って良いものです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

同級会in青森

11月2日 青森の浅虫温泉で高校の還暦記念の同級会が開かれました。

忙しい事が重なっていたり、同じクラスの女子が参加できなかったりで、ちょっと躊躇もありましたが、こんな機会でもなければ青森に行くこともないので、思い切って出かけてみました

前回2007年9月の同級会に行って以来、11年振りの青森です

あの時の新幹線は八戸までしたが、今は函館まで繋がったので、大宮から3時間かからずに青森に着くことができます。

高校生の時には8時間以上もかけて青森⇔宇都宮を帰省していたのに、それとは大違いのスピードにビックリです

…あれから、もう40年以上も経っているのですものね

今回は家から大宮駅に着くまでのほうが大変でした

在来線が遅れ、大宮駅での新幹線乗り換え時間が10分くらいしかなくエスカレーターは行列階段を駆け上り新幹線乗り場に着いたものの、慌てれば慌てるほど、どのホームに行けば良いのか分からず混乱混乱

間違って北陸新幹線になんか乗っちゃったら大変大変

乗り遅れたって何とかなる、落ち着け落ち着け…と自分に言い聞かせ、ギリギリ間に合いました

お茶も昼食も買う時間がなく、社内販売で買いました

20181102_121214

途中仙台駅で、同じ同級会に行くムッチャンが通路を挟んだ隣の窓際席にやってきました。

なんとスゴイ偶然、びっくりびっくり

彼女も大宮駅から乗ったようですが、乗る予定の新幹線より早く着いてしまったので、仙台まで立ち席、仙台からの指定席に変更したと言っていました。

今はついつい、ネットの「乗り換え案内」に言われるままの時間で出かけてしまいますが、もう若くないんだから、もう少し時間に余裕を持たせなくっちゃダメね

20181103_141158

青森から会場の浅虫温泉まで在来線に乗らなくてはならないのですが、少し時間があったので、ムッチャンと懐かしい街を歩いてみることにしました。

天気もよく銀杏の黄葉が綺麗です。

20181102_135044

酸ヶ湯で雪が降ったなんてニュースを聞いていたので、ヒートテックを着て、厚着をし、その上コートまで着ていったら暑いッ…東京と大して変わらない陽気でした

何十年ぶりかの街はすっかり変わり、浦島太郎状態でしたが所々懐かしい場所を見つけるうちに、だんだん昔が蘇ってきました

20181102_151115

昔、何度も乗った青函連絡船八甲田丸は見学施設になっていました

そして4時頃、皆ぞろぞろ浅虫温泉にやってきました

20181102_155252

酔っぱらわないうちにと、宴会の前に記念撮影です。

20181102_215907

幹事が「還暦だから」と皆に赤い布を用意してくれました

出来上がった写真は…何だか怪しい宗教団体みたい

20181102_173810

その後はもう、オジサンたちの宴会です

顔も変わって、もう誰だ誰やらさっぱり…

20181103_081044

女子の人数が少ない学校だったので、女性はクラスが違っても色々共通の思い出があります。

懐かしいおしゃべりの花が咲き、いつの間にか、私も喋っている言葉が津軽弁のイントネーションになっていました

翌日、一部の人たちで母校の見学に行きました。

昔なんとなく存在していた三四郎池は、すっかり綺麗になっていました

20181103_113354

11年前の同級会の時も、建て替えられたばかりの校舎を見せてもらいましたが、今回は2学年後輩の校長先生が案内してくれました。

私たちが学んだ校舎とは全く違いますが、窓から見えた景色に懐かしさが込み上げてきました。

20181103_110805

なんの変哲もない風景ですが、当時、窓際の席だった私は、しょっちゅうグランド越しの八甲田山を眺めていました。

今回私が一番タイムスリップした瞬間でした

20181104_100812

               行って良かったみたいだね

| | コメント (6) | トラックバック (0)

銀杏並木

11月になりました。

ババが施設に入って1年、やっと実家の処分を終えました。

私は実家で生活した期間が短かったので、この家に対する思いというのがあまりなく、大きな荷物を下ろしたという安堵感のほうが大きかったような気がします。

20181101_091038

途中、私の仕事の原点である大学病院を通り抜けてみました

あれから40年近く経って、銀杏並木の木々も随分立派になりました。

病院もどんどん拡張され、敷地内もすっかり整備され、私が働いていた頃に比べかなり巨大化してしまいましたが、ここで働いていたということは、私の誇りでもあります。

20181101_134424

でもそろそろ、その誇りを引っ提げて仕事をするというのも無理になってきたかなぁ…

美しい銀杏並木を眺め、懐かしい思い出が次々よみがえってきました。

20181101_101426

そして、もう訪れる必要がなくなったこの地に一抹の寂しさを感じました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »