« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年お疲れ様

2018年もあとわずかです。

大掃除もまじめにやるとキリがないので、適当に済ませ散歩に出かけました

新町御嶽神社では、古いおみくじを外したり、テントを張ったり、初詣の準備に忙しそうにしていました。

20181230_142336

いつの間にか寒桜も咲いていて、私もだんだん正月気分になってきました。

20181230_142322

おじちゃんからは「くだらない」と一蹴された、この正月休みに読もうと見つけた雑誌…

20181230_160926

         濃密袋とじ美魔ニャン… 恥ずかしい

55345

   アホなこと言ってないで、さあ年が明けるよ

       来年もよろしくお願いしま~す

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ババのクリスマスと茶々丸の予防接種

12月は慌ただしく過ぎ、今年もいよいよ押し詰まってきました

昨日ババのところへ行ったら、クリスマスパーティーが行われていて大きなケーキが用意されていました。

20181222_151514_resized_002

これを60等分に切る…どうやって分けようか…

えっ、60等分

真剣なところに「写真撮っていいですか?」と声をかける無神経なカネゴンです

20181222_151334_resized_002

「どうぞ、どうぞ」と、途中なのに脇に寄って下さり、ほんとゴメンなさい

クリスマスパーティー用に席替えされ、ババは完全にボケボケ状態でした

ババ…アンタは食べないの?

私…もう食べてきたからいいの

ババは昔からいつもと違う事が苦手なんです

20181222_150650_resized_004_3

家に居たら、なかなかクリスマスまで気を配ってあげることができませんでしたが、以前のディサービスや今の施設でも、このように季節のイベントを催してくれるのは、大変ありがたい事です

そして茶々丸も年末恒例の予防接種に行ってきました

御年24歳になる獣医さんの所のシロちゃんは、今年も元気に看板猫の役目を果たしていました

20181219_104010_resized_002

可愛い声でニャーニャーお出迎えしてくれるのに、うちの茶々丸ときたら…

20181219_104033_resized_002

シロちゃんを見てビビリまくり、フーフーシャーシャー言いながら、絶対にバッグから出てこようとしません。

しかし抵抗むなしく、バッグをさかさまにされ、あえなく診察台に引きずり出され、押さえつけられて注射され、哀れな茶々丸だったのでした

再び自らバッグに入り込み、シロちゃんをガン見する茶々丸

……24歳の超お婆さん猫にビビるって、どうなのよ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

冷え込み

このところ冷え込みがひどく、朝はファンヒーターとエアコンの2台を点けています。

おじちゃんの布団に潜り込んでいた茶々丸がリビングに下りてきて、たたずむ場所は…

20181215_081718_resized_002_2

          ここは、あったかい風の吹き溜まりなんだ

エアコンが止まったらコタツの中…

20181216_141821_resized_002

     壁の塗り替えで外に行けないし、ヌクヌク寝てよう

昨日は職場の忘年会でした

街はイルミネーションでキラキラ輝いていましたが外の風は冷たく、途中ポケモンで遊ぼうと思っても手がかじかんでダメ

家に戻ったら案の定、茶々丸はコタツで丸く…いやノビていました

今日も寒い日で、年末にかけてやらなきゃならない事が色々あるというのに、私も結局コタツでゴロゴロの一日でした

| | コメント (4) | トラックバック (0)

12月になって

師走になっても暖かかったり寒かったり変な天気が続いています。

今日あたりは真冬並みの寒さです

10日ほど前まで見頃だったイチョウの樹々は…

20181129_112707

12月になって、もう葉っぱもわずかになりました。

20181208_104335

カネゴン家では、只今、家の壁の塗り替え中で、茶々丸はしばらく庭に出られません。

先日、足場を組んだ日に、ちょっと外へ出したら、リードを付けたまま、あっという間に上ってしまいました

20181203_140730

                オッ、いいねいいね

20181203_140718

       おニューの猫タワーだよ        違います

足場の支柱にリードがからまるわ、下手に飛び降りたらリードで首吊りしそうだし早急に家に入れることにしたのですが、これがまた至難の業でした

抱きかかえようとしても逃げる…

仕方なくリードを引っ張ってはみたものの、半分首吊り状態になってもゲホゲホ言いながら踏ん張る茶々丸…

20181203_140825

       嫌だ~絶対ここがイイ     こら、家に入りなさい

結局、間もなく自分で家に入ってきました…

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハノイ旧市街とバッチャン村

ベトナムにやってきて、様々な驚きがありましたが、一番のカルチャーショックは、タンロン城址のトイレでした

これからハノイの旧市街に行くので、その前にトイレをという事で、ツアーの他の女性客も含め7~8人が女性用トイレに並びました。

見ると水洗トイレの個室がひとつしかありません。(それもいわゆる和式っぽい感じ…

その代わり個室の他に溝があるだけのオープンな場所がありました。

これは無理…と皆一人ずつ個室の順番を待っていました。

そして、私が個室で用をたした後、トイレのドアを開けると、そのオープンな場所で用をたしている地元のオバちゃんがいて、ばっちり目が合ってしまいました

オバちゃんは何も気にしている様子はなかったのですが、こっちはもうびっくり、オロオロ、

慌てて手を洗ってトイレを後にしました

そして気を取り直して、ハノイ旧市街へ…

昔ハノイを囲んでいたという城壁の門にやってきました。

20181124_110720

バスから降りて、旧市街を見て歩くという事でしたが、相変わらず車やバイクが多く、よそ見をしていたら危なくて、なかなかのんびり散策というわけにはいきません

20181124_110759_jpg

通りごとに同業の商店が並んでいます。

Img_1039_2

ゆっくり見てみたかったのですが、すぐにバイクや車が来るので、そちらに気を取られ、どんなお店だったかでさえ、あまり記憶にありません

20181124_110828

シクロと呼ばれる自転車タクシーも走っていましたが、よく、この車とバイクの洪水のような場所で走れるものだと感心します

Img_1044

歩道はバイクの駐輪場になっているので、車道しか歩けません…

Img_1041

そんな観光客をよそ目に、地元のオバちゃんたちはマイペースです

Img_1050

丁度お昼時、お店の外で風呂の椅子みたいな物に座って食事をしている人たちがたくさんいました。

私らもツアーに付いていたフォーと生春巻きの昼食を食べて、ハノイ郊外にある焼き物の村バッチャンへ行きました。

20181203224706_002

日本でいうと益子とか笠間みたいな場所で、ベトナムの伝統的な陶芸、バッチャン焼きが作られています。

色々見て歩くのかな…と思ったら、実際に作っている工房を持っている、大きなお店一軒だけ立ち寄り、あとはバスの窓から見ただけでした。

20181124_135513

バッチャン焼きはとんぼ、金魚、ハスなどの絵柄が伝統的だそうで、工房では、職人さんがひとつひとつ絵付けをしていました。

20181204_144615_002

私も金魚とトンボの絵が描いてあるコーヒーカップ2客と鍋敷きを買ってきました。

さあ、あとはもう帰るだけです。

20181124_155400

ハノイ教会の近くにある、日本人に人気のアジサイというお土産物屋さんに寄って、ホテルに戻りました。

20181204212641_002

夕食は食べなくても良いか…というくらいお腹いっぱいでしたが、あとは日本に着く直前の機内食しかないので、ホテルのレストランのブッフェで各自好きな物を食べ、オバサンたちのベトナム旅行は終了しました

ベトナムの暮らしぶりを見て、日本の昭和30年代のような、人々のたくましさを感じました。

帰りの飛行機には、たくさんのベトナムの20歳前後と見られる男女が「技能実習生」の腕章をつけて乗り込んできました。

付き添いの先生みたいな人もいて、昔の日本の集団就職のような感じに思えました。

おそらく大きな夢と希望を持っての来日だと思います。

今、国会で色々問題になっている技能実習生ですが、難しい事抜きに、ただこの子たちが元気で嫌な思いをしないで日本で働けたら良いな…と思ってしまいました

簡単な日本語はわかるようなので、頑張ってねと声をかけてしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

タンロン城址と地下司令部

3泊4日の旅行とは言っても、早朝成田に帰国というツアーなので、着いた日は夕食に出かけるだけ、翌日はハロン湾、本日はもう帰る日です。

それでも飛行機は夜中0時25分発なので、丸一日観光できます。

電気自動車に乗って、自分たちでハノイ旧市街に行ったり…などと考えていましたが、ハロン湾へ一緒に行った現地ガイドさんの勧めもあって、急遽ツアーで午前中はタンロン城址とハノイ旧市街散策、午後は焼き物の村バッチャンへ行くことにしました

途中、見かけたハノイ駅です。

20181124_090407

ハノイはベトナムの首都なので、さしずめここは日本で言えば東京駅という位置づけなのでしょうが、駅のすぐ近くの線路はローカル色満載です

20181124_090251

列車が来たら、危ないでしょう~

こちらベトナム王朝の王宮跡、タンロン城址です。

20181124_094245

最近、遺跡が出土したということで、世界遺産にもなり、たくさんの出土品が公開されていました。

20181124_095426

タンロンとは昇龍という意味だそうで、古い階段に立派な龍の彫刻がありました。

20181124_101002

タンロン城の入り口付近で、土を掘っているオバサンたちがいました。

発掘作業かな?と思ったら花を植える作業でした。

20181124_094008

その姿はいかにもベトナムらしく、カネゴンも庭いじり用にベトナムの三角帽子を買おうかなと思っちゃいました。

でもスーツケースには入りそうもないし、東京の電車の中で被って帰る度胸も無かったので、諦めました

このタンロン城址の中に、いくつかの地下へ行く階段がありました。

20181124_102156

公開されている場所を下りていくと、会議室がありました。

Img_1029

ベトナム戦争時の地下司令部室です

Img_1026

ベトナムは古くは中国王朝に支配され、その後フランスの植民地となり、やっと解放されたと思ったらベトナム戦争という苦労の多かった国です。

今でも地下通路は遠くまで張り巡らされているようですが、それは秘密だとガイドさんが言っていました。

すぐ隣には微妙な関係の中国があり、兵役もあるというこの国の複雑な事情がちょっと垣間見えたような気がしました。

さて、次のハノイの旧市内へ行く前に、トイレに寄って行かなくっちゃ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハロン湾クルーズ

ハロン湾は入り江にたくさんの奇岩がそそり立っている世界遺産です。

Img_0980_2

中国の桂林の景色に似ているらしく、海の桂林とも呼ばれているようです。

Img_1005

今回は、シーフードランチを船上で頂きながらのクルーズです

1

料理としてのお味はと言えば…まあこんなもんでしょうという感じで、適当に食べて船のデッキにでてみました。

天気は快晴 海風がとても気持ち良いです。

123_125451_jpg

角度によってはゴリラに見える岩やら、鶏に見える岩などがあり、次と観光船がやってきます。

0990_jpg

天気が良くてクルーズ日和でしたが、案外この水墨画のような景色は、霧がかかっていたほうが神秘的な雰囲気になるのかもしれません

20181123_130455

途中、ハロン湾に浮かぶ島に上陸して鍾乳洞探検です

Img_1000

100段くらいの階段を上らなくてはいけない…という事で、ちょっと心配でしたが、途中、平らな所もあり、少しずつ上っていったので、思ったほど大変ではありませんでした。

20181123_134149

鍾乳洞だから寒いかもと上着を持っていきましたが、日本鍾乳洞と違い、外との気温差はほとんど感じられませんでした。

20181201202113_002

所々ライトアップされ、なかなか綺麗な場所でした。

そして再び4時間ほどの時間をかけてハノイ市内に戻り、夕食はツアーに付いていたオシャレなベトナム料理を頂きました

123

どれも美味しく頂きましたが、昨日のレストランのようにワイワイ騒ぎながら訳の分からない物を食べる方が面白いかもしれません

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »