« タンロン城址と地下司令部 | トップページ | 12月になって »

ハノイ旧市街とバッチャン村

ベトナムにやってきて、様々な驚きがありましたが、一番のカルチャーショックは、タンロン城址のトイレでしたtoilet

これからハノイの旧市街に行くので、その前にトイレをという事で、ツアーの他の女性客も含め7~8人が女性用トイレに並びました。

見ると水洗トイレの個室がひとつしかありません。(それもいわゆる和式っぽい感じ…sad

その代わり個室の他に溝があるだけのオープンな場所がありました。

これは無理…thinkと皆一人ずつ個室の順番を待っていました。

そして、私が個室で用をたした後、トイレのドアを開けると、そのオープンな場所で用をたしている地元のオバちゃんがいて、ばっちり目が合ってしまいましたcoldsweats02

オバちゃんは何も気にしている様子はなかったのですが、こっちはもうびっくり、オロオロ、

慌てて手を洗ってトイレを後にしましたsweat01

そして気を取り直して、ハノイ旧市街へ…bus

昔ハノイを囲んでいたという城壁の門にやってきました。

20181124_110720

バスから降りて、旧市街を見て歩くという事でしたが、相変わらず車やバイクが多く、よそ見をしていたら危なくて、なかなかのんびり散策というわけにはいきませんwobbly

20181124_110759_jpg

通りごとに同業の商店が並んでいます。

Img_1039_2

ゆっくり見てみたかったのですが、すぐにバイクや車が来るので、そちらに気を取られ、どんなお店だったかでさえ、あまり記憶にありませんsad

20181124_110828

シクロと呼ばれる自転車タクシーも走っていましたが、よく、この車とバイクの洪水のような場所で走れるものだと感心しますdanger

Img_1044

歩道はバイクの駐輪場になっているので、車道しか歩けません…sweat01

Img_1041

そんな観光客をよそ目に、地元のオバちゃんたちはマイペースですcoldsweats01

Img_1050

丁度お昼時、お店の外で風呂の椅子みたいな物に座って食事をしている人たちがたくさんいました。

私らもツアーに付いていたフォーと生春巻きの昼食を食べて、ハノイ郊外にある焼き物の村バッチャンへ行きました。

20181203224706_002

日本でいうと益子とか笠間みたいな場所で、ベトナムの伝統的な陶芸、バッチャン焼きが作られています。

色々見て歩くのかな…と思ったら、実際に作っている工房を持っている、大きなお店一軒だけ立ち寄り、あとはバスの窓から見ただけでした。

20181124_135513

バッチャン焼きはとんぼ、金魚、ハスなどの絵柄が伝統的だそうで、工房では、職人さんがひとつひとつ絵付けをしていました。

20181204_144615_002

私も金魚とトンボの絵が描いてあるコーヒーカップ2客と鍋敷きを買ってきました。

さあ、あとはもう帰るだけです。

20181124_155400

ハノイ教会の近くにある、日本人に人気のアジサイというお土産物屋さんに寄って、ホテルに戻りました。

20181204212641_002

夕食は食べなくても良いか…というくらいお腹いっぱいでしたが、あとは日本に着く直前の機内食しかないので、ホテルのレストランのブッフェで各自好きな物を食べ、オバサンたちのベトナム旅行は終了しましたhappy01

ベトナムの暮らしぶりを見て、日本の昭和30年代のような、人々のたくましさを感じました。

帰りの飛行機には、たくさんのベトナムの20歳前後と見られる男女が「技能実習生」の腕章をつけて乗り込んできました。

付き添いの先生みたいな人もいて、昔の日本の集団就職のような感じに思えました。

おそらく大きな夢と希望を持っての来日だと思います。

今、国会で色々問題になっている技能実習生ですが、難しい事抜きに、ただこの子たちが元気で嫌な思いをしないで日本で働けたら良いな…と思ってしまいましたconfident

簡単な日本語はわかるようなので、頑張ってねと声をかけてしまいました。

|
|

« タンロン城址と地下司令部 | トップページ | 12月になって »

おばさんたちの旅行」カテゴリの記事

コメント

ベトナム戦争中に米軍が散布した、ダイオキシンを含む枯れ葉剤が原因で、苦しんでいる人々がまだ多くいるんだよね?
戦争はむごいよね。大変な経験をした人が多いんだよね?

勤勉で努力家が多いと言われているベトナムの人達。
私も応援したい気持ちは大いにあるよ。
ちゃんと技術を身に着けて、母国のために頑張ってほしいよね。

それにしても、カネゴンたちはすごいパワーだね。
体力あるわ~

投稿: わんこ | 2018年12月 5日 (水) 20:55

今回行った場所が北ベトナムのハノイだったせいもあってか、
戦争の悲惨さというものを感じる機会がなかったのよ。
多分南のホーチミン市は、ずっと大変な経験をしたんだと思うわthink
でも皆、一生懸命生きてるって感じがしたよup

今回私たちはパワフルに動いているように見えるけど、
ほとんどツアーのバスやらレストランだったので、楽ちんだったのよcoldsweats01

投稿: カネゴン>わんこさん | 2018年12月 5日 (水) 22:12

このブログでベトナムの街や人々の生活が伝わって来たよ!happy01
確かに昭和の日本のたくましさを感じるね。
貧乏でも希望がある時代の方が、金持ちでも希望のない時代より幸せかも。
日本で希望を育ててあげられると良いね。

バッチャン焼きの鍋敷きは、壁に飾ったらとても素敵になったよ!scissors

投稿: ヨシコ>カネゴン | 2018年12月 9日 (日) 12:44

旅に出ると、視野が広がり、今まであまり関心がなかったことにも興味が出るわねup
これからも私にとっての生き甲斐と言ったら大げさかもしれないけど、楽しみになりそうだわhappy01
バッチャン焼きの鍋敷きは、私も使ってみたけど、カチャカチャして滑るし、鍋敷きより飾りのほうが合うかもねwink

投稿: カネゴン>ヨシコちゃん | 2018年12月 9日 (日) 15:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/67445753

この記事へのトラックバック一覧です: ハノイ旧市街とバッチャン村:

« タンロン城址と地下司令部 | トップページ | 12月になって »