« ハロン湾クルーズ | トップページ | ハノイ旧市街とバッチャン村 »

タンロン城址と地下司令部

3泊4日の旅行とは言っても、早朝成田に帰国というツアーなので、着いた日は夕食に出かけるだけ、翌日はハロン湾、本日はもう帰る日です。

それでも飛行機は夜中0時25分発なので、丸一日観光できます。

電気自動車に乗って、自分たちでハノイ旧市街に行ったり…などと考えていましたが、ハロン湾へ一緒に行った現地ガイドさんの勧めもあって、急遽ツアーで午前中はタンロン城址とハノイ旧市街散策、午後は焼き物の村バッチャンへ行くことにしましたbus

途中、見かけたハノイ駅です。

20181124_090407

ハノイはベトナムの首都なので、さしずめここは日本で言えば東京駅という位置づけなのでしょうが、駅のすぐ近くの線路はローカル色満載です

20181124_090251

列車が来たら、危ないでしょう~dangercoldsweats02

こちらベトナム王朝の王宮跡、タンロン城址です。

20181124_094245

最近、遺跡が出土したということで、世界遺産にもなり、たくさんの出土品が公開されていました。

20181124_095426

タンロンとは昇龍という意味だそうで、古い階段に立派な龍の彫刻がありました。

20181124_101002

タンロン城の入り口付近で、土を掘っているオバサンたちがいました。

発掘作業かな?と思ったら花を植える作業でした。

20181124_094008

その姿はいかにもベトナムらしく、カネゴンも庭いじり用にベトナムの三角帽子を買おうかなと思っちゃいました。

でもスーツケースには入りそうもないし、東京の電車の中で被って帰る度胸も無かったので、諦めましたcoldsweats01

このタンロン城址の中に、いくつかの地下へ行く階段がありました。

20181124_102156

公開されている場所を下りていくと、会議室がありました。

Img_1029

ベトナム戦争時の地下司令部室です

Img_1026

ベトナムは古くは中国王朝に支配され、その後フランスの植民地となり、やっと解放されたと思ったらベトナム戦争という苦労の多かった国です。

今でも地下通路は遠くまで張り巡らされているようですが、それは秘密だとガイドさんが言っていました。

すぐ隣には微妙な関係の中国があり、兵役もあるというこの国の複雑な事情がちょっと垣間見えたような気がしました。

さて、次のハノイの旧市内へ行く前に、トイレに寄って行かなくっちゃsmile

|
|

« ハロン湾クルーズ | トップページ | ハノイ旧市街とバッチャン村 »

おばさんたちの旅行」カテゴリの記事

コメント

確かに、ハノイは思ったより汚い?coldsweats01
綺麗な場所と、雑然とした場所が表裏一体な感じだね。

ベトナムといえば、私たちの世代はベトナム戦争だものね。
ロシアの時もそうだったけど、戦争の歴史と傷跡が
今も消せずに残っているんだね。
平和ボケの日本から行くと、カルチャーショックだよねぇ。think

投稿: ヨシコ>カネゴン | 2018年12月 4日 (火) 18:01

ハノイの街はかなり雑然としていたけれど、一般的なトイレや、ゴミの散らかり方は、
案外ヨーロッパよりきれいな気がするかも…think
ゴミ収集車も走っていたしね。
ただ近代的なホテルと街の中のギャップはとても大きかったよ。

日本も忘れられない戦争があったけど、人々の生活を見比べてみると
やっぱり日本は平和ボケだわcoldsweats01

投稿: カネゴン>ヨシコちゃん | 2018年12月 4日 (火) 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183477/67443415

この記事へのトラックバック一覧です: タンロン城址と地下司令部:

« ハロン湾クルーズ | トップページ | ハノイ旧市街とバッチャン村 »