« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

うつろい

母の四十九日も終え、あとは相続の手続きをするのみとなりました。

水曜日、親戚への挨拶も兼ね、母の古い戸籍を取りに栃木県まで行ってきました。

母が生まれた時からの戸籍ということで取り寄せた古い戸籍謄本は、戦前の「家制度」のものなので、私の曽祖父のさらにその父の名前まで載っていました。

生年月日も江戸時代という代物です。

私の叔父叔母の名前はもちろん、祖父の兄弟姉妹の名前などぎっしり書かれた戸籍を興味深く眺めながら、しみじみ血のつながりというものを感じました。

昨秋、実家を処分し、実家があった場所へはもう行くことはないだろうと思っていましたが、せっかく近くまで来たので寄ってみました。

20190327_122314 

もう新しい家が建って販売されていました。

目をつぶると、大谷石の塀に囲まれた、庭木のある古い実家が浮かんできます。

しかし現実には、そこには真っ白な壁の若い家族向けの家がありました。

「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」…ふと方丈記を思い出してしまいました。

 

もうすぐ平成も終わりになります。

そして私も2006年7月から続けてきたこちらのブログを引っ越しすることにしました。

離れて暮らすジジババへの手紙の目的も兼ねて始めたブログですが、茶々丸と一緒にいつの間にか随分長く続いてきました。

また「カネゴン家の休日」で継続しようかと思っていますが、取りあえず、長い間お付き合いありがとうございました。

新しい引っ越し先はこちらです。

http://kanegon804.blog.fc2.com/

230_192217

             今までありがとう  これからもよろしくニャ~

 

 

 

 

| | コメント (6)

おじちゃんと茶々丸

桜の便り届けられ、もう冬は終わったなと思っていたのに昨日の寒さは何ということでしょう。

外出するために、仕舞いかけていたダウンコートを引っ張り出し、昨日の夕食は鍋にしました。

数年前に実家の庭から掘り起こして持ってきたカタクリの花は、今年は1輪だけ咲きました。

20190322_082809

いつも2輪咲いていたのに、肥料が足りなかったかしら?


さてと…

おじちゃんが新聞を読んでくつろいでいるところへ、おねだりに来た茶々丸です。

21_0938372

    ねぇ、おじちゃん オヤツちょうだい

21_0938373

           ねぇってば~

0321_093235

    オヤツくれなきゃ、チッコ垂れちゃうよ

93837_

     うるさいッ!
         怒られた…



ブログの管理画面が新システムになり、記事の書き方がすっかり変わってしまって四苦八苦しています。

画像もパソコンではちゃんと見られるのに、スマホでは縦横比がおかしくなっています。

カラーの絵文字も無くなっちゃったし…😞←可愛くないッ!!

何よりも、この年齢になると、なかなか新しい事に慣れるのに時間がかかります。

ブログを書く事にめげそうになるけど、せっかくここまで続けてきたしねぇ。

真剣にブログの引っ越しを考えようかなぁ…

まあ、のんびりボチボチやっていこう…

 

| | コメント (5)

春がやって来た

春は猫とっても眠い季節のようで、茶々丸も家の中にいる時はオヤツをねだるか寝てるかのどちらかです。

先日の夜、久々に茶々丸のバンザイポーズが出ました。

20190310_215829

寝顔の写真を撮ろうと椅子に乗ったら気づかれて…

20190310_215838

                  アッ、やめて

その後は丸くなって、スピー、スピーとイビキをかいて寝ていました

20190317_094835

朝には少しでもお腹にお日様を浴びようと伸びきって、天敵の来ることのない家の中ではいつも安心しきって寝ています

ソメイヨシノにはまだ少し早いけれど、早咲きの桜があちこちで満開です

20190313_140545

花粉は辛いな~と思いながらも、外を歩くのが楽しい季節になってきました

20190313_152503

優しい青空と淡いピンク色が重なった景色をみると、春が来たなとウキウキした気分になり心も晴れてきます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

嫌~な花粉

2月下旬頃からすっかりインフルエンザは鳴りを潜め、今は代わりに花粉がバンバン飛んでいます

薬を飲んでも目は痒いし鼻はガビガビ、まだ鼻が詰まらないだけ良しとしなくてはと思いながらもイライラ感が募り、憂鬱な日々を送っています

洗濯物ももっぱら部屋干しです…

花粉症と無縁の茶々丸は春の陽気に誘われて日に数回は外へ出たがります

20190309_091249

朝日の当たるエアコンの室外機の上で呑気に毛づくろいなんかしちゃって…

20190309_090824_resized

ああ、何だかそのモフモフの中にいっぱい花粉をため込んでいそうよ…

ちゃんと花粉を払ってから家に入ってよね…って言ったって無理よねぇ

20190310_150112_resized

梅が終わり、沈丁花が良い香りを出してきました。

20190310_150057_resized

ミニ水仙も咲きそろい、だんだん春本番になってきました。

そろそろ庭の片づけ、花のプランタの準備もしなくっちゃなぁ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

四十九日と納骨

昨日、無事に母の四十九日を終えました。

20190302_115144_resized

暖かな春の陽気の中での納骨を終え、ひとつの区切りがついて安堵しているところです。

「家からお骨がなくなると寂しくなるわよ~」などとも言われていましたが、あまりそう感じる事もなく、一番寂しく思ったのは母を施設に預けた時だったと思います。

あの時の不安そうな表情をしながらギュッと私の手を握っていた母を思い出すと、今でも涙がこぼれてしまいます。

今は自然豊かな墓所で父と一緒になり、母も喜んでいると思います。

さて、そのお墓ですが、ジジの納骨の時には名前と没年月日くらいしか刻まず、何だか寂しいなと思って今回ヨシコちゃんにお墓のデザインをお願いしました。

ここの墓所は最後に亡くなった人の13年後に合葬される仕組みのため、限られた期間の自分たちだけの物です。

そのため周りの皆さまの墓石のプレートには様々な言葉やら楽し気な絵が刻まれています。

そこで考えたのが、猫の足跡

90227_104833_resized

ヨシコちゃんが、せっかくなら茶々丸の肉球の拓本を取ってトレースしようと言ってくれました

20190118_150331_resized_002

茶々丸の足の裏の毛を刈り、最初は朱肉でポンッとやるも、あまりうまくいかず結局ガラスを肉球にあてて写真を撮って、それをヨシコちゃんに渡しました。

本当に歩いているように見せるように画像を反転させて、足跡が右左交互になっているこだわりです

残念ながら茶々丸は一緒に入れないお墓ですが、本物の足跡で「茶々丸もずっと一緒」という気分の、とても楽しいお墓です

まだまだ早いけどカネゴン家の名前も入れて、素敵なお墓が完成しました

20190302_161718_resized

               本当にそれでいいの?

いいんだよ、お前も大事な家族だからね

そして、今日は茶々丸11歳の誕生日です…おめでとう~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »