« 新宿へ出かけて… | トップページ | 嫌~な花粉 »

四十九日と納骨

昨日、無事に母の四十九日を終えました。

20190302_115144_resized

暖かな春の陽気の中での納骨を終え、ひとつの区切りがついて安堵しているところです。

「家からお骨がなくなると寂しくなるわよ~」などとも言われていましたが、あまりそう感じる事もなく、一番寂しく思ったのは母を施設に預けた時だったと思います。

あの時の不安そうな表情をしながらギュッと私の手を握っていた母を思い出すと、今でも涙がこぼれてしまいます。

今は自然豊かな墓所で父と一緒になり、母も喜んでいると思います。

さて、そのお墓ですが、ジジの納骨の時には名前と没年月日くらいしか刻まず、何だか寂しいなと思って今回ヨシコちゃんにお墓のデザインをお願いしました。

ここの墓所は最後に亡くなった人の13年後に合葬される仕組みのため、限られた期間の自分たちだけの物です。

そのため周りの皆さまの墓石のプレートには様々な言葉やら楽し気な絵が刻まれています。

そこで考えたのが、猫の足跡

90227_104833_resized

ヨシコちゃんが、せっかくなら茶々丸の肉球の拓本を取ってトレースしようと言ってくれました

20190118_150331_resized_002

茶々丸の足の裏の毛を刈り、最初は朱肉でポンッとやるも、あまりうまくいかず結局ガラスを肉球にあてて写真を撮って、それをヨシコちゃんに渡しました。

本当に歩いているように見せるように画像を反転させて、足跡が右左交互になっているこだわりです

残念ながら茶々丸は一緒に入れないお墓ですが、本物の足跡で「茶々丸もずっと一緒」という気分の、とても楽しいお墓です

まだまだ早いけどカネゴン家の名前も入れて、素敵なお墓が完成しました

20190302_161718_resized

               本当にそれでいいの?

いいんだよ、お前も大事な家族だからね

そして、今日は茶々丸11歳の誕生日です…おめでとう~

|

« 新宿へ出かけて… | トップページ | 嫌~な花粉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今日は、わざわざありがとう!
色々と気を使ってもらって申し訳ないくらい。
墓石寸法のドタバタもあったみたいだけど
なんとか収まって良かったよ。
これで♀カネゴンご実家とカネゴン家と茶々丸が
ずーっと一緒で、程よい距離感の
二度目の二世帯住宅(?)が完成だね。

茶々丸も、お誕生日おめでとう
まだ11歳なんだから、あと10年以上はカネゴン家を楽しませてあげてね。

投稿: ヨシコ>カネゴン | 2019年3月 3日 (日) 14:15

とっても素敵なデザインの墓石が出来上がっだね。
茶々丸くんがお墓参りのために、お散歩しているみたいだよ♪
親身になって相談に乗ってくれる良いお友達がいて、羨ましい限り。ヨシコさんのアイデアが素晴らしいわ!

カネゴン家が選んだ墓所の制度は合理的でいいね。
自分の実家のお墓の事を姉と話し合っても、中々良い案が浮かばないんだよね。
頭の痛い、難しい問題だよ。


茶々丸くん、お誕生日おめでとうヽ(´▽`)/
プレゼントは何だったの?

投稿: わんこ | 2019年3月 3日 (日) 16:37

こちらこそ素敵なデザインありがとう
カネゴン家だけのオリジナルだからね
お墓参りに行く楽しみもできたよ
茶々丸もとうとう初老の年齢になっちゃったけど、
まだまだ元気で皆を癒してもらいたいわね


投稿: カネゴン>ヨシコちゃん | 2019年3月 3日 (日) 19:12

ヨシコさんは工業デザイナーだけど、センスが良いのでお願いしたのよ
昔のお墓は厳かな感じがして、それなどと比べると猫の足跡なんて
って顔をしかめる人もいるかもしれないけど、そうよ
茶々丸がお墓詣りに散歩に来たのよね
跡取りが居ない気軽さからできたお墓なんです
茶々丸は、日々我儘し放題だから、お誕生日に特別なんて物は、もうないのよね~

投稿: カネゴン>わんこさん | 2019年3月 3日 (日) 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四十九日と納骨:

« 新宿へ出かけて… | トップページ | 嫌~な花粉 »