ハノイ旧市街とバッチャン村

ベトナムにやってきて、様々な驚きがありましたが、一番のカルチャーショックは、タンロン城址のトイレでしたtoilet

これからハノイの旧市街に行くので、その前にトイレをという事で、ツアーの他の女性客も含め7~8人が女性用トイレに並びました。

見ると水洗トイレの個室がひとつしかありません。(それもいわゆる和式っぽい感じ…sad

その代わり個室の他に溝があるだけのオープンな場所がありました。

これは無理…thinkと皆一人ずつ個室の順番を待っていました。

そして、私が個室で用をたした後、トイレのドアを開けると、そのオープンな場所で用をたしている地元のオバちゃんがいて、ばっちり目が合ってしまいましたcoldsweats02

オバちゃんは何も気にしている様子はなかったのですが、こっちはもうびっくり、オロオロ、

慌てて手を洗ってトイレを後にしましたsweat01

そして気を取り直して、ハノイ旧市街へ…bus

昔ハノイを囲んでいたという城壁の門にやってきました。

20181124_110720

バスから降りて、旧市街を見て歩くという事でしたが、相変わらず車やバイクが多く、よそ見をしていたら危なくて、なかなかのんびり散策というわけにはいきませんwobbly

20181124_110759_jpg

通りごとに同業の商店が並んでいます。

Img_1039_2

ゆっくり見てみたかったのですが、すぐにバイクや車が来るので、そちらに気を取られ、どんなお店だったかでさえ、あまり記憶にありませんsad

20181124_110828

シクロと呼ばれる自転車タクシーも走っていましたが、よく、この車とバイクの洪水のような場所で走れるものだと感心しますdanger

Img_1044

歩道はバイクの駐輪場になっているので、車道しか歩けません…sweat01

Img_1041

そんな観光客をよそ目に、地元のオバちゃんたちはマイペースですcoldsweats01

Img_1050

丁度お昼時、お店の外で風呂の椅子みたいな物に座って食事をしている人たちがたくさんいました。

私らもツアーに付いていたフォーと生春巻きの昼食を食べて、ハノイ郊外にある焼き物の村バッチャンへ行きました。

20181203224706_002

日本でいうと益子とか笠間みたいな場所で、ベトナムの伝統的な陶芸、バッチャン焼きが作られています。

色々見て歩くのかな…と思ったら、実際に作っている工房を持っている、大きなお店一軒だけ立ち寄り、あとはバスの窓から見ただけでした。

20181124_135513

バッチャン焼きはとんぼ、金魚、ハスなどの絵柄が伝統的だそうで、工房では、職人さんがひとつひとつ絵付けをしていました。

20181204_144615_002

私も金魚とトンボの絵が描いてあるコーヒーカップ2客と鍋敷きを買ってきました。

さあ、あとはもう帰るだけです。

20181124_155400

ハノイ教会の近くにある、日本人に人気のアジサイというお土産物屋さんに寄って、ホテルに戻りました。

20181204212641_002

夕食は食べなくても良いか…というくらいお腹いっぱいでしたが、あとは日本に着く直前の機内食しかないので、ホテルのレストランのブッフェで各自好きな物を食べ、オバサンたちのベトナム旅行は終了しましたhappy01

ベトナムの暮らしぶりを見て、日本の昭和30年代のような、人々のたくましさを感じました。

帰りの飛行機には、たくさんのベトナムの20歳前後と見られる男女が「技能実習生」の腕章をつけて乗り込んできました。

付き添いの先生みたいな人もいて、昔の日本の集団就職のような感じに思えました。

おそらく大きな夢と希望を持っての来日だと思います。

今、国会で色々問題になっている技能実習生ですが、難しい事抜きに、ただこの子たちが元気で嫌な思いをしないで日本で働けたら良いな…と思ってしまいましたconfident

簡単な日本語はわかるようなので、頑張ってねと声をかけてしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

タンロン城址と地下司令部

3泊4日の旅行とは言っても、早朝成田に帰国というツアーなので、着いた日は夕食に出かけるだけ、翌日はハロン湾、本日はもう帰る日です。

それでも飛行機は夜中0時25分発なので、丸一日観光できます。

電気自動車に乗って、自分たちでハノイ旧市街に行ったり…などと考えていましたが、ハロン湾へ一緒に行った現地ガイドさんの勧めもあって、急遽ツアーで午前中はタンロン城址とハノイ旧市街散策、午後は焼き物の村バッチャンへ行くことにしましたbus

途中、見かけたハノイ駅です。

20181124_090407

ハノイはベトナムの首都なので、さしずめここは日本で言えば東京駅という位置づけなのでしょうが、駅のすぐ近くの線路はローカル色満載です

20181124_090251

列車が来たら、危ないでしょう~dangercoldsweats02

こちらベトナム王朝の王宮跡、タンロン城址です。

20181124_094245

最近、遺跡が出土したということで、世界遺産にもなり、たくさんの出土品が公開されていました。

20181124_095426

タンロンとは昇龍という意味だそうで、古い階段に立派な龍の彫刻がありました。

20181124_101002

タンロン城の入り口付近で、土を掘っているオバサンたちがいました。

発掘作業かな?と思ったら花を植える作業でした。

20181124_094008

その姿はいかにもベトナムらしく、カネゴンも庭いじり用にベトナムの三角帽子を買おうかなと思っちゃいました。

でもスーツケースには入りそうもないし、東京の電車の中で被って帰る度胸も無かったので、諦めましたcoldsweats01

このタンロン城址の中に、いくつかの地下へ行く階段がありました。

20181124_102156

公開されている場所を下りていくと、会議室がありました。

Img_1029

ベトナム戦争時の地下司令部室です

Img_1026

ベトナムは古くは中国王朝に支配され、その後フランスの植民地となり、やっと解放されたと思ったらベトナム戦争という苦労の多かった国です。

今でも地下通路は遠くまで張り巡らされているようですが、それは秘密だとガイドさんが言っていました。

すぐ隣には微妙な関係の中国があり、兵役もあるというこの国の複雑な事情がちょっと垣間見えたような気がしました。

さて、次のハノイの旧市内へ行く前に、トイレに寄って行かなくっちゃsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ハロン湾クルーズ

ハロン湾は入り江にたくさんの奇岩がそそり立っている世界遺産です。

Img_0980_2

中国の桂林の景色に似ているらしく、海の桂林とも呼ばれているようです。

Img_1005

今回は、シーフードランチを船上で頂きながらのクルーズですship

1

料理としてのお味はと言えば…まあこんなもんでしょうsmileという感じで、適当に食べて船のデッキにでてみました。

天気は快晴sun 海風がとても気持ち良いです。

123_125451_jpg

角度によってはゴリラに見える岩やら、鶏に見える岩などがあり、次と観光船がやってきます。

0990_jpg

天気が良くてクルーズ日和でしたが、案外この水墨画のような景色は、霧がかかっていたほうが神秘的な雰囲気になるのかもしれませんconfident

20181123_130455

途中、ハロン湾に浮かぶ島に上陸して鍾乳洞探検ですshoe

Img_1000

100段くらいの階段を上らなくてはいけない…という事で、ちょっと心配でしたが、途中、平らな所もあり、少しずつ上っていったので、思ったほど大変ではありませんでした。

20181123_134149

鍾乳洞だから寒いかもと上着を持っていきましたが、日本鍾乳洞と違い、外との気温差はほとんど感じられませんでした。

20181201202113_002

所々ライトアップされ、なかなか綺麗な場所でした。

そして再び4時間ほどの時間をかけてハノイ市内に戻り、夕食はツアーに付いていたオシャレなベトナム料理を頂きましたrestaurant

123

どれも美味しく頂きましたが、昨日のレストランのようにワイワイ騒ぎながら訳の分からない物を食べる方が面白いかもしれませんsmile

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ハノイの朝

ハノイ2日目はオプショナルツアーを利用して世界遺産のハロン湾へ行くことにしました。

ハロン湾へはバスで4時間くらいかかるので、集合時間に合わせ、5時起床 6時朝食という事になりました。

寝坊しないように目覚まし時計clockかけて…おやすみなさいnight

旅の興奮などでなかなか寝付けなかったカネゴンですが、ようやく眠りについた頃、wakeの部屋から「5時だよ~happy01」のモーニングコールがありましたsign04

もう朝か…真っ暗だけれど日の出も遅くなった時期だからねぇ…think

…と時計を見るとまだ3時impact

他の時計を見てもやっぱり3時、そして携帯の画面に「日本時間5時」と表示されていましたbearing

急いでwakeの部屋に連絡し、皆さま、あと2時間ぐっすりお休みになったようですsleepy

…が、カネゴンは目がランランと冴えてしまい、そのまま本当の朝5時を迎えてしまいましたsad

「ばかやろ~cryingsign01」と言ったら「昨日のパンナコッタのお返しよsmile」と切り返されてしまいましたcoldsweats01

朝食はブッフェスタイルで種類も豊富ですが、ついついかわり変わり映えしないものを持ってきてしまいましたbleah

白に黒いポチポチのドラゴンフルーツは初めて食べましたが、甘すぎもせず、特に癖のない味でした。

日本ではそうそう食べる機会もないであろうと、ベトナムにいる間、せっせと食べました。

20181123_061015

お願いすると、フォーも作ってくれます。

20181123_061854

おじちゃんは、ちっとも旨そうに見えないと言っていますが、見た目よりもずっと美味しい味でしたgood

急いで朝食を食べ、6時45分、ハロン湾に向かってホテルを出発ですbus

20181123_064545

バスはいくつかのホテルをまわってお客さんを拾っていくので、ぐるぐるまわって、ちょっとした市内観光になりました。

20181123_073250

ちょうど学校や通勤の時間帯だったので、市内はバイクや車でいっぱいです。

バイクは原付より少し大きいくらいですが、2人乗りは当たり前、「子供、父ちゃん、子供、母ちゃん」の4人乗りなんてのもいましたcoldsweats02

Aaa

クラクションを鳴らしながらのimpactバイク、車が入り乱れ、この国の交通ルールなんてどうなってるのかしら?と思ってしまいました。

ベトナムの緯度は日本よりもかなり南ですが、この時期朝夕は冷えるようで、バイクに乗る人たちは、ユニクロのダウンみたいなものを着ています。

20181123_075024

この数なので、空気も汚れているのでしょうbearing大多数の人がカラフルな布マスクを着けていました。

20181123_075208

そして、途中土産物屋さんでトイレ休憩をした後、昼頃ハロン湾の船着場に到着しました。

Img_0969

土産物やブランドのバッグなどが所狭しと売られていましたが、すべて偽物だそうですdanger

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Homeレストラン

1日目の夕食は旅行会社に勤めている友人☆さんのお勧めのひとつである「Homeレストラン」に行くことにし、現地添乗員に7時に予約をしてもらって、ホテルからタクシーで出かけました。

ランタンの飾りが綺麗な、ちょっとお洒落なベトナム料理店ですshine

20181128151556

何をどう注文したら良いのか…think

メニューの写真や英語の文字、片言の日本語が話せるスタッフを頼りに、あとはオバサンパワーで乗り切り、適当な物を頼んでみましたdash

サラダの後、何やら火のついた鍋と細麺や生野菜、そしてライスペーパーがやってきました。

鍋の中は鶏肉や野菜だったと思いますが、あまり覚えていません…coldsweats01

20181122_190426

いったいこれをどうするの?と思案していたら、お店のオネエサンが鍋の具材を煮詰めて、生野菜、細麺と一緒にライスペーパーで巻いてくれましたup

オネエサンが全部作ってくれると思ったら、ひとり1本ずつのみで、あとは自分たちでやれ…という感じで去っていきましたcoldsweats01

20181122_190746

やった~note  美味しい~delicious

オネエサンがやるように、うまく包めないcoldsweats01…でも味は同じで美味しく頂きましたgood

そして、こちらは似たような物に見えますが、たぶんブン・チャーと呼ばれる料理です。

20181122_192246

豚肉などが入ったスープに細麺などを浸けて食べました。

スープは何かは分からないけれど香草も入っていたような気がします。

揚げ春巻きもついていましたが、これはスープにつけなくても、しっかり味がついて美味しかったです。

あとは、よその人が注文したものを指さして、あれ頂戴、これ頂戴と色々たのんでみました。

20181122_194215

竹筒に入っていたのは、おこわのような感じでしたgood

昔、米不足でタイ米しか手に入らなかった時、どう調理してもまずかったのに、日本産以外のお米がこんなに美味しく食べられたのにはビックリでした。

20181122_195148

そして焼きエビ、もうお腹いっぱいです。

あとはデザートを注文しよう…という段階になり、パンナコッタという意見がある中、カネゴンが珍しそうな果物があったので注文してしまいました。

出てきたのがこちら…

20181122_200602

どうもザボンの仲間のようですが、ちょっと水分が抜けたグレープフルーツのような味でした。

とてもカネゴン一人では食べきれず、恨みを買いながらも、皆に手伝ってもらい、パンナコッタは無しになりました…coldsweats01

ビール一杯と散々飲み食いして、全部で約1840000ドン 日本円にして9200円ほどです。

一人当たり2300円というビックリの値段でしたsign01

 

ところで、ベトナムのお金は桁が多すぎですimpact

日本円を両替してもらったら0がいっぱいついた6種類の紙幣がきました。

お顔はどれもベトナムの英雄ホーチミン氏で、いったん混乱すると、もう完全に訳がわからなくなりますsweat01

20181123_054637_2

0を2つ取って2で割ったのが日本の円…と教わったのですが、どうもカネゴンはどこかで桁の違うお札を出してしまったようでお小遣いがちょっと足りなくなってしまいました…crying

でも心の持ちようで何とでもなる金額だったので、旅の思い出にしましたcoldsweats01

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

オバサンたち集合

今回は11月22日(木)の朝に成田空港を出発、11月25日(日)の朝に成田空港へ帰ってくる3泊4日の旅です。

旅のお仲間は、いつもの女子寮仲間のオバサン4人notes

空港での集合時間が朝8時なので、wakeを除く3人は成田で前泊です。

ホテル日航成田のファミリールームを予約してあったので、夕方にチェックインしてガールズトークが始まりましたup

ハノイに着いてからの計画を立てるはずなのに、ガイドブックも開かず、久々の積もり積もった話で盛り上がってしまいましたcoldsweats01

20181121_160425

夕食はホテルのシャトルバスで成田空港へ行って牛タン定食を食べ…deliciousbeer

20181121_190323

ひたすら仕事をしているdashwakeより一足先に、すっかり旅行モードに入ってしまいましたcoldsweats01

翌朝7時半、空港でwakeと合流し、いよいよオバサンたちのベトナム旅行が始まりました。

20181122_072639

さっさと出国手続きをしたあと、朝食は、なんとラーメンnoodle

20181122_082314

カネゴン一人ではありえない選択肢ですが、みんなでワイワイの朝からラーメンspaは、とても美味しく頂くことができましたgood

そして朝10時、ベトナム航空の飛行機でハノイへ向かって飛び立ったのでしたairplane

(ちなみに下は、ハノイに着いてからの飛行機の写真)

Img_0944

ベトナム航空の客室乗務員の制服は民族衣装のアオザイです。

Img_0937

サービスや機内食はちょっと今ひとつ…という感じがしましたが、外国へ行くときにその国の飛行機に乗るというのは、飛行機に乗った時点からその国に行った感じがして私は好きですconfident

そして約6時間の飛行の後、ベトナム時間の午後2時過ぎ、ハノイのノイバイ空港に到着しました。

そして現地添乗員にホテルに連れていってもらい…

忘れないうちに、お部屋でいつものお決まりの写真を撮りましたup

20181126150853

セルフタイマーを使った素のままの写真は、何歳になっても気取らない女子寮時代そのままなので、どこでとった写真よりも一番好きな写真ですhappy01

一休みして、夕食に出かけます…

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

おばさんたちハノイへ行く

女子寮の友人たちであるオバサンたちは、香港以来6年振りの海外旅行でベトナムハノイへ行ってきました

20181123_075021

すごい数のバイクと車がクラクションを鳴らしながら走り抜けていく様子にキャーキャー言ったり…coldsweats01

123_115615

世界遺産のハロン湾で食事をしながらクルーズしたり…ship

123_125451_jpg_2

フォーを食べたり…

20181123_061854

春巻きを食べたり…

20181123_190043

さすがに昔のような夜遊びは出来ない年齢になりましたが、3泊4日のベトナムの旅を楽しんできました。

明日からまた仕事…ブログはゆっくり更新していこうと思います

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

オバサンたちと還暦祝い

ここ2~3日梅雨寒rainが続いていますbearing

ずっとクリーニングに出そうと思いながら袋に入れてたまま、ほったらかしていたセーターを引っ張り出し、「ラッキーnote」なんて思っているカネゴンですbleah

このところ、知人宅にお呼ばれしたり、高校の同窓会があったりと何かと忙しい日々でしたdash

そんな中、水曜日には例の女子寮仲間のオバサンたちが集合しましたhappy01

目的は秋の旅行airplaneの相談なのですが…smile

場所は奇しくも3月にカネゴンの誕生祝いで出かけた丸の内の「モナリザ」ですup

120180613_132510

「今日は皆の還暦祝いですnote」と言ったら、食前酒barとケーキbirthdayを付けてくれましたwink

女子寮時代から、集まると止まる事を知らないおしゃべりなので、なかなか肝心の旅行の話にはなりませんcoldsweats01

おしゃべりの内容は歳と共に少しずつ変わってきました。

学生の頃は先輩たちに怒られながらも、夜中の1時、2時まで、それぞれの部活の事、歌番組の事で盛り上がっていました。

卒業後は、お互いの仕事の情報交換や愚痴を言い合い、明日への英気を養っていました。

最近はご多分に漏れず、介護と自分の健康になってきました。

それぞれ皆、背負っているものがあり、自分で解決していかなくてはなりませんが、おしゃべりというものは、十分そのためのエネルギーになるものですsign01

ババにこの写真を見せました。

10年前だったら、全員の名前はもちろん、私が忘れていたような思い出話をしてくれたものですが、「誰だろうね?」と言って、かろうじて私だけを認識してくれましたsad

20180616_075936

     結局、旅行行くの?   こら、おNEWのスーツケースに乗るなpout

はい、11月に3泊4日でベトナムへ行ってきますdash

でも、その前にカネゴンは来月ちょっくら、ほぼ一人旅してきますbleah

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

オバサンたちの40周年記念旅行

大学の女子寮で一緒だった4人組のオバサンたちは、出会いから40年を迎えましたshine

一頃は毎年のように遊び歩いていましたが、カネゴンの介護生活が始まった頃からしばらく途絶えていました。

今年は40周年ということで、ジジの具合が悪くなる前から日にちを調整し、ジジババのショートステイの予約も入れ、土日に久々の豪華温泉旅行を計画していました。

行き先は湯河原温泉spa

2009年にも行った2度目のお宿です。

ところがここでジジが亡くなり、まだ四十九日も過ぎていません。

行ってもいいのかな~thinkとちょっと迷いましたが、ジジもきっと「行っておいでsign01」と言っているに違いないと勝手に想像しbleah出かけることにしました。

Img_2342

                      呆れたヤツだannoy

さすがに色々と忙しかったり、心に少し迷いもあったので、今回は宿だけ参加ということにしました。

Img_2353

久しぶりの再会に乾杯して、御馳走を食べ…delicious

20161119_210907

さらに旅行を手配してくれた旅行会社の友人からの差し入れの40周年お祝いケーキbirthdayまでも食べ…delicious

Img_2349

ゴロゴロしながらお喋りし…notes

Img_2367

朝はまたまたお腹いっぱい御馳走を食べ…coldsweats01

(ちなみに、他の3人はさらに1日目も2日目の昼食にもお腹いっぱい豪華洋食restaurantを食べたらしい…coldsweats02

Img_2364

温泉に入り…spa

Img_2368_2

気の置けない仲間たちと過ごした一日は、私にとって3年半ぶりの旅行ということもあって、とても楽しいものでしたgood

Img_2372

残念ながらババがショートステイから帰ってくる時間もあるので私は奥湯河原の紅葉mapleをちょっとだけ見て、先に電車trainで帰ってきました。

Img_2376

                 cat留守中、こちら異常なしッsign01

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

オバサンたちと浅草へ

昨日、例の学生時代のおばさんたちとの食事会が浅草のあの「金の○○○ビル」でありました。

しかし、なんとカネゴンとした事がカメラを忘れてしまった~coldsweats02

1dcf00005

それでも何とか携帯で写真を撮ってはみたものの、まあ今回は写真を諦め、オシャベリに徹することにしましたbleah

スカイツリーの見える22階のラナリータでイタリアンのランチの後、人力車で30分程浅草下町界隈を回ってみました。

この日はスカイツリー開業1年とあって、浅草は大賑わいですup

Dcf00001

重い組のカネゴンとosagidanger 軽い組のwakeとekkoさんnote

イケメンのオニイサンが上手に人混みを縫って、元気よく案内しながら走ってくれましたdash

雷門、仲見世、浅草寺は何度も行ったことがありますが、今まで知らなかった下町界隈が見られ、なかなか面白いものでしたgood

 

Img_0310_2

               今日は何だか一日眠たいよ‥sleepy

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|