あしかがフラワーパーク

水曜日、以前から一度は見てみたいと思っていた、あしかがフラワーパークの藤を見に行ってきました。

20180425_124120

樹齢150年越える大藤や白藤、大長藤が丁度見頃で、圧巻でした

 

混むのが嫌なので、最初の予定では7時の開園時間頃に着くように、朝6時前に家を出ることにしていました。

しかし、この日はあいにくの雨です…

延期しようかとも思いましたが、この先のゴールデンウィークの混雑を考えると、行けるのはこの日しかありません。

午後から晴れるという天気予報を信じ、雨の平日なら空いているだろうと、10時頃家を出ました。

6000台の無料大駐車場完備と広告のチラシにありましたし…

圏央道、東北自動車道を使って1時間半ほどで到着

フラワーパーク隣接の駐車場は、やはりこんな日でも満車で入れません

こちら、田んぼに作られた無料大駐車場です

Img_0170

ここから5~6分、水たまりをよけながら西ゲートへ向かいます。

Img_0171

幸い、雨は、傘が無くても何とかなるという程度まで上がってきました。

そして、園内に入った途端、甘い藤の香りが漂ってきて、大きな藤棚が目に飛び込んできました。

雨のおかげで、花がしっとり、生き生きして見えます

20180425_125622

1本の木からこんなに立派な藤棚ができるなんて、もう驚きしかありません

まるで藤のカーテンです

ここまでにするには、手入れ、管理がさぞ大変な事と思います。

20180425_115146

白藤のトンネルも素敵です。

最近は海外でも有名になっているようで、自撮り棒を持った外国の方もたくさんきていました。

カップルでポーズを作ったりして… カネゴン家はやりませんよッ

20180425_121527

夜になるとライトアップされ、これまた幻想的な景色になるようです

みんな椅子に座ってロマンチックに鑑賞するのかな?

インスタ映えしそう

Img_0192

藤以外にも、ツツジ、シャクナゲが満開でした。

ここは季節ごとに色々な花楽しめるようです。

Img_0225

午後になって、すっかり雨が上がり、暑くなってきました。

どんどん来園者も増え混んできたので、いくつか花の苗を買って茶々丸の待つ家へ帰ってきました。

20180422_110811

               最近、留守番が多い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

成田へGO

「あなたの街から」のバス旅行で、26日月曜日の「お寿司を食べ、いちご狩りをして、伊豆の河津桜を見る」というツアーを予約し、有休を取って楽しみにしていました

ところが、私の街から参加する人が集まらず、結局中止となりました

せっかく休みを取ったんだから、自分たちで行くか…

でも月曜日は、もしかして雪なんていう天気予報があったのと、高速料金が日曜日のほうが安い、ということもあって、日曜日に出かけることにしました。

 

…おや?景色が伊豆じゃない

圏央道を伊豆と反対の方向へ走っています

20180225_113113

成田空港まで圏央道がつながったので、どんなものなのか行ってみたのであります

圏央道の東北自動車道を越えた先に行くのは初めてです。

地図を見ると、東北自動車道手前の菖蒲サービスエリアから先は70キロ以上パーキングエリアがありません。

高速道路なのに、どういうこと??

走ってみて納得しました

東北道を越えた先は片側1車線の対面通行が続き、高速道路というより、信号機のない田舎の自動車道路という感じで、それほど交通量も多くなく、これではサービスエリアを作っても採算が取れそうもありません

やっとたどり着いたパーキングエリアも自販機とトイレのみです。

トイレが近いおじちゃんは、せめてもう一か所トイレ休憩所を作ってもらわなきゃ困ると言っておりました。

2時間で成田空港へ到着

昔、首都高を抜けて行ったときと時間はほとんど変わりませんが、カネゴンでも運転できるほど単調な一本道でした

20180225_131710

成田空港でお昼を食べて、飛行機を見て…

でも海外旅行に出かけるわけではないので、今ひとつテンションは上がりません

いや、行くぞ、絶対行くぞ~~ 一人でも行くぞ~

せっかく成田まで来たので、今まで行った事のなかった成田山新勝寺へ寄ってみました。

20180225_142134

さすが関東の名だたる寺院だけあって、なかなか立派な総門です。

20180225_143747

急な石段を上って、仁王門をぬけると…

20180225_142557

テレビでよく見る、お相撲さんや有名人が豆まきをやってる場所に着きました。

…って豆まきの場所じゃなくて、大本堂なのですが、バチ当たりなカネゴンはどうしても白鵬やら海老蔵が豆まきをしている姿を思い浮かべてしまうのです

20180225_143335

豆をまいてる人はこんな景色に見えるのね…

20180225_144123

初めて来て分かったことなのですが、成田山新勝寺へは長い参道が続き、鰻屋をはじめ、煎餅屋、お菓子屋さんなど、たくさんのお店が並んでいました。

特にウナギは昔から利根川や印旛沼で捕れていたようで、成田のウナギは有名だったのです

老舗の鰻屋さんでは整理券まで配っていました。

全く下調べをせずに来たので、びっくりです。

成田空港でお昼になんかしないで、ここで鰻を食べればよかった…

行き当たりばったりの旅も楽しいんでしょうが、やっぱりカネゴン家はある程度調べてから行動しなけりゃダメね

代わりに、おじちゃんの好物の煎餅を買い込んで帰ってきました

20180217_162413

  騒ぐだけでウマイものが手に入るオレ様

| | コメント (6) | トラックバック (0)

京都初詣

この連休、叔母の一周忌で京都へ行ってきました

今回はババが施設に居るし、「一周忌は自宅で行い、平服でどうぞ」という事なので、気楽に出かけられます。

おじちゃんは茶々丸とお留守番

せっかくなので、京都駅前のビジネスホテルに泊まることにして、前日に伏見稲荷大社へ行ってみることにしました。

外国人がたくさんの、かなりの混雑を覚悟して行ったのですが…

20180106_133054

…やはり大勢賑わっています

でも、お正月も終わったせいか、お参りするのに、それほど並ばずに済みました。

時々着物を着た若い女性も見かけられ、ちょっと遅れた初詣という感じです。

あの騒々しい国の方々は、たまに見かける程度で、「雰囲気ぶち壊し」という事もなくホッとしました。

いつもはチャッチャと形だけのお参りしかしないのですが、さすがに今回は「カネゴン家の平穏無事」をしっかりお願いしました

実は伏見稲荷を訪れた本当の理由は、千本鳥居を見たかったからなのです…

コマーシャルなどで見た、朱塗りの鳥居のトンネルを是非一度通ってみたかったのです。

でもさすが人気の場所で、大勢の人がいて、とても静かな雰囲気でというわけにはいきません

20180106_134914

千本鳥居は2列あって、混雑を避けるために、行きは右側、帰りは左側の鳥居を通ることになっています。

20180106_135004

伏見稲荷は山なので、千本鳥居を抜けても、山の上まで鳥居は続いています。

2018_2

今回は一人だったうえ、午後だったので、途中で戻ることにしました。

20180106_140620

千本鳥居を外側から見ると、やっぱりぎっしり連なっています。

千本鳥居から先へ進む人の多くは、帰路は再び千本鳥居を通らず近道で下りてくるようです。

そのため帰り道用の千本鳥居は、行きよりもずっと人が少なくなっています。

20180106_141225

お陰で、ちょっと人が途切れた隙に、「いかにも静かな千本鳥居」の写真を撮ることができました

20180106_141904

             おぬしは何しにここへ来たんじゃ

その後、満員電車で京都駅に戻った時は午後3時…

せっかくなので、駅から徒歩20分くらいの所にある東寺へ行ってみました

20180106_152559

ジジの一周忌に御経をあげに来たお坊様から「真言宗の総本山である東寺の立体曼荼羅が素晴らしい」と聞いており、また、ここでジジの仏様に手を合わせるのも供養になるかな、と思ったのです。

20180106_155646

何度か新幹線の車窓から見たことのある五重塔も趣きがあります。

桜が咲いていたら、もっと綺麗だろうな…

写真撮影は禁止でしたが、大日如来を中心に21体の仏像が並ぶ、立体曼荼羅は予想以上に立派で圧巻でした

夕方4時近かったせいもあって、観光客もそれほど多くなく、拝むのも忘れて正面に座ってしばらく見とれていました。

是非また訪れてみたいお寺でした

20180106_174459

そして翌日…

叔母の家のすぐ近くに晴明神社があったので、ちょっと覗いてみました。

20180107_101812

昔、叔母の家に遊びに来た時には気づかないほどの神社でしたが、あの陰陽師が有名になってから、随分と賑わってきたようです。

20180107_101337

そして最近は羽生結弦選手が2回も直々にお参りに来たようです。

20180107_101614

有名人の絵馬を集めて飾ってある場所の一番高い場所に、羽生選手の絵馬が飾ってありました。

熱心な陰陽師ファン、羽生ファンと思しき方々が結構いましたよ

ちょっとミーハー的な感じもしましたが、せっかく来たので、私もしっかりお参りさせていただきました。

 

叔母の一周忌という名を借りて、伏見稲荷大社、東寺、晴明神社の三つの神社仏閣にお参りしたカネゴン…

今年は良い事がありますように

Img_0145

             オレ様のこともお願いしてきたろうなッ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スカイツリーと浜離宮

一度は上ってみたいものだと思っていたスカイツリーですが、「混んでいるんだろうな~」なんて考えているうちに介護が始まり、結局今に至ってしまいました。

あのジジババでさえ、ディサービスの旅行で上ったのに…

昨日水曜日、平日だし天気も良い事だし行ってみようと出かけてみました

おじちゃんとスカイツリーに行くのは、2010年10月に建設中に出かけて以来7年ぶりです。

ワーッ やっぱり高いわ

20171129_131333

午前11時頃、混んでいるかと思ったチケット売り場には、全く人が並んでおらず、その後もハイハイと手荷物検査を済ませ、意外なほどスムーズに天望デッキに到着し、その後もチャッチャと一番上までのチケットを購入し、あっという間に天望回廊フロア450に到着しました

Img_0056

おお高い足がすくむ…

長~いスカイツリーの影が地面に映っています。

冬のポカポカ太陽のおかげで、フロアは温室のように暖かく いや、暑いくらいでした

この日はいつもより気温が高かったせいか、天気が良い割には霞がかかり、遠くの景色は残念ながら、もやっていました。

Img_0069

富士山もうっすらと見えたのですが、撮った写真を見ると、やっと確認できる程度の物でした

きっとキリッと寒い冬晴れの日なら景色は最高なのだろうなと思います

スカイツリーに上って、ちょっとテンションが上がってしまったカネゴン家は、ソラカラちゃんのカチューシャを付け、あの「下が見えるガラスの床」の上で記念撮影なんぞしてしまいました…

20171129_215827

ちょっと恥ずかしい…

スカイツリーのフードコートで昼食のうどん(いまひとつ…)を食べた後、午後2時過ぎに吾妻橋船着場から浜離宮まで水上バスで隅田川を下ることにしました

浜離宮の紅葉が綺麗かもしれないと期待して…

Img_0081

船着場のそばの建物に映るスカイツリーもなかなか趣きがあります

Img_0088

吾妻橋船着場からの乗船はカネゴン家だけで、他のお客も次の浅草でほとんど降りてしまったので、あとはガラガラ、ほぼプライベートデッキ状態でした

Img_0091

やっぱりお出かけは平日が良いですね

Img_0100

ちょっと肌寒い感じもありましたが、天気も良くとても気持ち良いクルージングでした。

Img_0101

頭をぶつけそうな感じの橋の下をいくつもくぐり、40~50分ほどで浜離宮に到着です。

Img_0121

浜離宮は徳川将軍家の庭園で、都会の喧騒から離れた静かな場所です。

Img_0127

紅葉は期待したほどではありませんでしたが、池に映る「夕日を浴びた高層ビルと昔ながらの日本庭園」がとても美しく、しばし見とれてしまいました

ババが施設に居るので、もう帰宅時間は気にしなくて良いのですが、茶々丸様がお待ちですので、東京駅で夕食の焼き鳥を買って遅くならないうちに帰ってきました。

20171118_103059

出かけるときは、オヤツの補充を忘れないでよね

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おじちゃんの入院と秩父へドライブ

おじちゃんは2年前、人間ドッグで「心臓の血管が少し詰まってるかも」と言われ、カテーテル検査をしましたが、今のところ特に治療しなくても良いと言われ、様子をみていました。

このところ時々調子が悪いので、先週2年ぶりに受診したら、「詰まりがひどくなっている可能性が高いので、即、2泊3日の検査入院が必要」と言われてしまいました

「月曜入院 火曜日検査、水曜退院で、検査の時はなるべく家族は病院に控えていて」と言われ、慌ててババをショートステイに預け、私は急遽、月曜の午前中と火曜日に仕事の休みをもらいました

ところが病院の都合で、急に月曜日の午後に検査に変更となり、おじちゃんも私も病院も、あたふた、あたふた

月曜日、入院間もなく病院の昼食が運ばれてきたのに、食べて良いとかダメとか右往左往

念のため朝食は食べてこなかったおじちゃんは「腹減った~

結局、「緊急の患者が入って検査が遅れそうだから、食べなきゃ持たないでしょう」と半分食OKになりました

検査が遅れそうという事は… 

私は代わりの人がいないから、3時半までに仕事に戻んなきゃダメなのよ~

結局おじちゃんが検査室に呼ばれたのと同時くらいに「すみません、何かあったら職場に連絡ください」と言い残して、病院を後にしました

なんて冷たい女房…

結局、心臓の詰まりは2年前と大して変わらなかったようで、生活も今までのままで良い、あとは念のため後日ゆっくり検査しましょうということで、翌日火曜日退院となりました。

 

退院の予定が水曜だったので、ババも水曜の夕方までショートステイです

私も水曜日は仕事休みなので、このラッキーな水曜日久しぶりにおじちゃんと秩父へドライブに出かけました

20171004_105457

途中の小松沢レジャー農園でぶどう狩り…30分食べ放題って言ったって、そんなに食べられるわけないし、だいいち甘い美味しいブドウを30分も食べ続けていたら血糖値あがるわ

ということで、ぶどう狩りはせずに、買うだけにしました。

平日の午前中とあって、お客はほとんどいなく、お店の人が「食べて、食べて」と試食を色々出してくれて、それだけでお腹いっぱい

20171004_164804

結局おじちゃん好みの、巨峰系のブドウと、私好みの皮も食べられるマスカット系を買って帰りました。

いっしょに柚子ジャムと原木シイタケも購入、これまた美味でした

秩父へは数年前にお蕎麦を食べに来たような気がすると思って、ブログをさかのぼってみたら、2007年4月以来、10年ぶりだったようです

20171004_114148

その時に行った老舗のお蕎麦屋さんは平日にも関わらず、相変わらず混んでいました。

味はと言えば…お蕎麦は美味しかったけど、普通の盛り蕎麦だけで良かったかな

次回、違うお店をチャレンジしてみましょう

 

その後、秩父神社に寄って…

20171004_121127

出来たばかりの頃はどんなに煌びやかだったんだろうと思わせる建物です

20171004_121309

日光東照宮の「眠り猫」の作者、左甚五郎の「つなぎの龍」

20171004_121845

日光東照宮は「見ざる聞かざる言わざる」ですが、こちらは「よく見て、よく聞いて、よく話そう」という「お元気三猿」です

短い時間でしたが、ちょっぴりリフレッシュして帰ってきました

20171001_204952

             オレ様のことも忘れないでくれよな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

築地へGO

金曜日からババは2泊3日のショートスティへ出かけました

楽しいディサービスと違い、どうもショートスティは嫌いらしく、色々ブツブツ言っていましたが「1泊だけだから」と誤魔化し、あとは施設に丸投げして何とか行っていただきました。

今までは仕事のある日にショートステイだったり、その日に合わせて用事を片づけるなど、なかなか自分の楽しみをすることができませんでしたが、この土曜日は天気も良かったのでホント何年か振りにおじちゃんと都心に出かけ、今話題の築地へ行ってきました。

実は私もおじちゃんも長いこと東京都に住んでいながら、一度も築地へ行ったことがありませんでした。

それに豊洲への移転はどうなるか分からないけれど、今のうちに行っておかなければ、築地を知らずに終わってしまう事になりかねません。

せっかくなので、築地の雰囲気を味わうためにも、場内市場でお寿司を食べようと朝早く出かけました

早いと言っても、築地に着いたのが9時、市場としてはむしろ遅い時間です

20170128_090041

こんな場所に部外者が入って良いのかしらと思えるほど業者の車や特殊車両が忙しそうに動き回っている中を轢かれないように気を付けながらネットで目星をつけていたお寿司屋さんを探します。

20170128_100626

そして、やっと探し当てたお目当てのお寿司屋さんの前は、外国人も含めてごった返していました。

どこが行列の最後なのかもわからないし、いつ入れるかもわからないので断念…

20170128_090047

ちょっと離れた場所に行ってみました。

こちらの「龍寿司」もネットで良い評価がでていたので、6、7人待っていましたが、ここで並ぶことにしました。

20170128_090056

30分ほど待って中に入ると、そこは10数人ほどが座れるカウンターがあるだけの手狭なお店でした。

ぎっしり満員状態だったので、写真を撮るのもどうかと思い、おとなしく座ってメニューの写真にあった「菊」を2人前注文しました。

握ったものが全部まとまって出てくるのかと思ったら、無口な板前さんがガリと一緒にポンと一貫だけ目の前に出してくれました。

あれッ箸がない…

恐る恐る聞いてみたら、江戸前の寿司は手で食べるとのこと。

ガリも手で食べて良いらしい…

さすが、粋だね江戸っ子だね~

そして、その寿司のまた美味しい事

出てくるごとに、パクパクあっという間に完食ッ

どうしてももう一回マグロが食べたくて、追加で注文

120170128_094641

やっとスマホで写真を撮ったものの、すでにガリは、かけらだけ…

ああ~でも美味しかった

おじちゃんは、お酒も飲んでご機嫌でした。

20170128_105941

築地の場外市場の方へ向かった頃には、すでに11時近くになっていました。

春節が始まったという事もあってか、中国などの海外の人も含め、人人人でごった返していました。

これはもう無理ッ 夕飯のおかずになるような物を少し買って、帰ることにしました。

20170128_110551

せっかく来たので、築地本願寺を見て…中でちょっと休憩させていただきました

20170128_110954

あとは東京駅まで歩きましょう

20170128_120833

おや、歌舞伎座があった

これも初めて見るわ。

いつか歌舞伎も見てみたいけど、素人でも楽しめるかなぁ

20170128_123856

そして銀座の歩行者天国に出ました。

人でいっぱいの銀座というイメージを持っていたのに、ポケモンで遊べるほどのガラガラの状態に驚きです。

その後、見違えるほど綺麗になった東京駅八重洲口にびっくりしたり、すっかり「お上りさん」と化したカネゴン家の一日でした

 

そしてババの留守中茶々丸は

おじちゃんに茶々丸のためだけのコタツを入れてもらい

28_094641

何と、ちゃっかりババの座布団を占領する…という贅沢三昧でした

Img_2468

ジジの梅も見頃となりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

万座温泉

このところスキーは二の次ですが、滑った後の温泉の心地良さが忘れられず、今年も万座へやってきました。

Cimg8023

茶々丸のために、たくさん御馳走を置いて、1泊2日のスキーいや温泉旅行です。

Cimg8020

途中浅間山も良く見え、今年も雪晴れのスキーを楽しめそうな予感です。

お昼近くにホテルに着き、午後1時から3時間程滑ろうと張り切ったまでは良かったのですが‥

晴れているもののリフトに乗っている間の寒いこと寒いこと、指先の感覚なんてすぐに無くなってきました

その後、雪も降ってきたので、2時間位でギブアップ、翌朝ゆっくり楽しもうと早々に切り上げ温泉に直行しました。

Cimg8026

先日、たまたま見たテレビ番組で、硫黄泉が高血圧に効果があり、万座温泉の硫黄濃度が全国一だと言っていました。

高血圧気味のおじちゃんには、なかなか良さそうです

しかし、この厳寒の中、露天風呂に入ったカネゴンは‥‥

血圧の高い方、いくら効果があっても吹雪の露天はやめましょう

Cimg8036

翌朝は吹雪でした

午前中滑ってから帰るつもりでしたが、もうそんな根性ありません

昔なら、ちょっとでも滑って行こうか、って言っていたのですがね

早々に茶々丸の待つ家に帰る事にしました

Cimg8045

9時半過ぎ、車の外気温表示は-12℃でした

家に着くと、爆食、爆●●ながらも、問題なく留守番していた茶々丸が、元気に出迎えてくれました

Cimg8055

茶々丸も温泉にどうぞ    オレ様、不機嫌なのわかるよね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

温泉でリフレッシュ

「大人の休日倶楽部パス」を使って木曜日に日帰りで平泉まで行きましたが、このパスは4日間有効です。

金曜日は仕事で出かけられませんでした

そして土曜日、再び新幹線に乗ってやってきた場所は福島でございます

ジジババの家を通り越してきてゴメンナサイ

Cimg0088

福島駅から宿の迎えのマイクロバスに乗り、向かった先は土湯温泉郷の野地温泉

以前、どこかのバスガイドさんから、とても良い温泉だと聞いていた場所です。

Cimg0069

カネゴンが仕事を再開して3週間ですが、やはりこの歳での転職は思った以上に気苦労やら戸惑う事も多く、ドッと疲れが出ていたので、一泊二日でちょっと骨休めにやってきたのです。

Cimg0046

温泉に入り、ハルゼミが鳴くブナ林を散策してマイナスイオンをたっぷり浴びて、お蔭さまですっかりリフレッシュできました。

Cimg0066

熊が出るので散策には熊鈴をお忘れなく

せっかくここまで来たのですが、宿の送迎バス以外の移動手段はほとんどない場所なので、今回は温泉だけで、他はどこへも行きませんでした。

Cimg0028

それに宿にあった、こんな物を見てしまったら、福島駅からも、もう一直線

夕方3時には愛しい茶々丸の待つ家に戻ってきていました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中尊寺の金色堂

木曜日に、13,000円で新幹線を含め4日間列車に乗り放題という、JR東日本の「大人の休日倶楽部パス」を使って、ちょっくら日帰りで中尊寺の金色堂を見に行ってきました。

Dsc_8684

あの弁慶、義経が最後に落ち延びた奥州平泉でございます

10時半過ぎに平泉に着きましたが、この「大人の休日倶楽部パス」のせいか、平日なのに大勢の人が来ており、中尊寺へ行くバスも混んでいたので、駅前にあった面白そうな乗り物に乗ってみる事にしました。

ベロタクシー‥

後部座席に2人までのお客さんを乗せ、前の席でオニイサンが自転車こぎをするという人力車よりちょっと近代的な乗り物です。

Dsc_8729

歩くと30~40分かかる中尊寺まで、2人で1000円です。

オニイサンは観光案内をしながら、電動アシスト付きとはいえ必死に自転車をこいで連れて行ってくれました。

Dsc_8683

車にしろ、ベロタクシーにしろ、乗り物が入れるのは表参道の月見坂入り口までです。

ここから長い坂を歩いて登って、中尊寺本堂、そしてその奥に金色堂があります。

Dsc_8693

金色堂の中は撮影禁止でしたが、金箔で覆われたお堂の中には、パンフレットの写真にあるように、螺鈿やら蒔絵やらが施された見事な仏像や台座、柱がありました。

Iojpg

私は高校の時に一度見た事がありますが、その時は「ただキンピカしてるだけじゃないか」という印象しか持ちませんでした。

しかしカネゴンもここでやっと少しは本物の良さをわかる年齢となりました。

やっぱり凄いそしてその美しいこと

奥州藤原三代の栄華が見事に残されていました。




Dsc_8707

そして帰りに寄った広大な毛越寺も、奥州藤原家が作った浄土庭園です。

本堂の他に建物はあまり無く、主に庭園と遺跡だけとなっています。

Dsc_8720

芭蕉の「夏草や兵どもが夢のあと」の句碑がありました。

まさにその通り、さすが芭蕉です‥

夏草が茂り始めてきた平泉の世界文化遺産を見ながら、ちょっぴり遠い昔に思いを馳せる事ができた一日でした。

Dsc_8740

        ふ~ん‥でもオレ様に関係ないや 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

だらけた猫族

木曜日、カネゴン家は富士サファリパークへやってきました。

Dsc_8279

おじちゃんは、ライオンに襲われて車に傷がついたらどうしようと心配していましたが、当のライオンたちは夜行性の動物のせいか‥

Dsc_8251

          ‥だらけてる

Dsc_8248

       ‥寝てる

Dsc_8245

  コチラに至っては、何をか言わんやです。

Dsc_8255

  トラだって、この通り‥

Dsc_8270

キリンさんは青春してるっていうのに

Dsc_8283

車で一回りした後、2.5キロほどのウォーキングサファリに行ってみました。

サファリというより、新緑のハイキングってな感じです。

ここでライオンの餌やりができます。

しかし、だらけたライオンたちは係のオニイサンがいくら呼んでも、肉を見せても、全く動く気配はありません

「高いお肉にしたら来るかしらね?」とカネゴン。

「そんな物、食べさせたら、高い肉しか食べなくなります」とオニイサン。

茶々丸と同じだ

「のんびり寝てるんなら、無理して餌やりしなくてもいいわ」と帰ろうとしたら、オニイサンは「いえ、働いてもらわなくては困るんです」って言いながら、ジープに乗った係の人に「ライオン、こっちに回してください」と無線で連絡してくれました。

Dsc_8309

ってな事で、渋々やってきたライオンが、迫力なく、オヤツの肉を食べてくれました

「はい、ご苦労さん

Dsc_8375

         猫族は寝るのが仕事だよッ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧