キンモクセイ

お彼岸です。

本来ならお墓詣りに行く時期なのですが、色々な事情によりジジの御骨はまだ仏壇の後ろにあるので、おはぎとお花を仏前に添えましたconfident

「暑さ寒さも彼岸まで」のことわざ通り、日中の暑さもおさまり、ここでようやく散歩に出かけようという気分になってきましたshoe

Img_2651

     どうせポケモンGOのイベントが始まったからだろ

どんな理由であれ、歩くことは良い事ですsign03

夏の間、車で移動ばかりしていたので、せっかく介護ダイエットで理想的な体重になったと思ったのに、いつの間にか元に戻り、再びズボンもパッツンパッツンになってきましたsad

今日はババが遅い朝食を済ませた後、再び寝てしまったのでsleepyそのすきに寄り道しながら、おじちゃんとスーパーへGOdash

20170923_125227

近くの公園にあるたくさんのキンモクセイが、秋本番を伝えるかのように、独特の香りを放っていて、気分よく歩くことができましたshoe

本日スーパーではペットフード20%引きの日shine

歩きであることも忘れ、茶々丸のために、ごっそり買い込んで帰ってきましたcoldsweats01

Img_2650

                       ご苦労ッsign01

午後からは、おババ様の病院へ

再び歩いて行きたかったのですが、さすがに時間がなく車でGOdash

20170924_145247

病院の屋上のキンモクセイも良い香りがしていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

寒いッ

寒い寒い、雨の日曜日rain 

長袖に着替えても寒く、セーターを着てしまいました。

Img_2627

             オレ様、フカフカ布団で丸くなるspa

Img_2633

                     なに? 

朝からずっとカネゴンの布団で寝ていた茶々丸ですが、午後になってお腹がすいたようで、階下におりてきましたcat

最近のオヤツは飼い主さんと一緒に楽しもうというタイプが増えてきました。

オヤツを食べたい一心で、後ろ足で立ったり、飼い主さんにじゃれ付くといったheart04可愛い猫の写真や動画が色々出ています。

茶々丸だって、できるよね… smile  

1img_2637

           そんなことしなくたって、必ずくれるもんup

1img_2644

                           ほらねsign01

いつも根負けして、結局茶々丸の口元に持って行くことになってしまいます…coldsweats01

夕食は、今シーズン初めての「おでんspa」にしました。

温かくて美味しいgood

まだ、たくさん残っているので明日また食べようと思っているのですが、天気予報によると明日は場所によっては猛暑日sunsunになるそうです。

「おでんspa」なんて食べたくないかも…sweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

秋の気配

このところ日向はジリジリ暑くてもsun日陰は涼しくて優しい風が心地よく、大分過ごしやすくなりました。

Dsc_4827

          朝日の当たる場所が気持ちいいよsunnote

Dsc_4831

        昼間はあんまりお日様sunに当たりたくないね

…でも、ここって、結構暑い場所だよcoldsweats01

Dsc_4841

              暑くなったらオマタ開きさッsweat01

Dsc_4847

Dsc_4845

            夜になったら皆でテレビを見るんだnotes

最近は毎年お彼岸頃まで、エアコンを稼働していたような気がするので、本来の9月の陽気がどんなだったか忘れてしまいました。

でもギンモクセイの香りがあちこちからしてくるようになり、間違いなく夏が終わり、秋になったようです。

昨日、久しぶりに裏の草取りをしたら、ミョウガがたくさんできていましたhappy01

おじちゃんは庭木の剪定をしてくれましたhairsalon

そして、いっぱい花芽の付いたロウバイの木も、きれいに床屋さんしてくれましたcrying

買い物途中の歩道で見つけた落ち葉…

20170910_122237

パッチワークが懐かしくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

晩夏そして愚痴

今年は梅雨に入った途端に夏sunが来て、梅雨が明けた途端に梅雨rainみたいになるという、とても変な夏でした。

体調を崩した人も多かったようです。

Dsc_4803

                   みんな元気かい?

 

そして9月になって空には秋の雲が出始めました。

Dsc_4812

天気が良いので、午前中はババとすぐ近くのドラッグストアへお買い物moneybag

ヤクルトとキャラメルとトイレットぺーパーくらいしか買ってきませんでしたが、

「し~らない、ま~ちを歩いてきたよnote ジジにも見せたかったup」と歌いながらシルバーカーを押して上機嫌notes

知らない街じゃないでしょう…coldsweats01

家に戻ると、「こんな天気の日は天国が見えるのよ、ああ、眠くなっちゃった、寝ようっとsleepy

ちっと待って 今、昼食作ってるんだからまだ寝ないでよ…coldsweats02

マイペースで幸せなオカタですsad

Dsc_4819

                オレ様、トカゲが気になるぜimpact

午後からは歩いてポケモンやりながらbleahお義母さんの病院へGOdash

まだまだ日差しは暑いものの、カラッとした秋を感じさせる風は心地よく、久しぶりのウォーキングですshoe

お義母さんは咳風邪をひいていて、夜眠れてないらしく、椅子に座ってお休み中sleepy

起こさないでそのまま戻ってきましたshoe

そういう私も9月になった途端、毎年恒例、秋の鼻炎になりましたsweat01

鼻は痒いわ、くしゃみはでるわ、何とかして~~wobbly

昨日土曜日、ババがデイサービスへ行っている間に、おじちゃんの運転で空き家の実家へ行ってきましたcar

以前ババを連れて行った時、いつも車の中から「美しい関東平野upshine」と言っていた景色です。

20170902_141210

もうババを連れて行くことはないだろうし、いずれ家を売却してしまったら、私も行くことがなくなるんだろうなと思うと、ちょっと感傷的になってしまいます。

しかし現実は…

20170902_122607

庭の草は、6月末にシルバー人材に頼んできれいにしてもらったのに、もうすでにボーボーsad

庭木も電線に届くほどに伸びてしまいました。

急いで、またシルバー人材にお願いしなくっちゃ…think

 

そしてまたまた本日…

ババは夕方になって不穏になり、何度も塩を舐めに台所にやってきました。

さすがにちょっととdanger塩を取り上げたら、ものスゴイ勢いで怒ってangry布団を被って寝てしまいましたimpact

その1時間後、何事もなかったかのように機嫌よく台所にやってきて、こっちが必死に揚げ物をしている最中に…

「アンタはこれからの人生、自分らしく楽しく生きなくてはいけませんよ、しっかりねsign03

「はいはいsweat01

「それでは、明日という日があることを信じて、お休みなさ~いnote

ちょっと待って、今、夕食を作ってるんだからまだ寝ないでよ…coldsweats02

もう、ホントに幸せなオカタだわannoy

Dsc_4808

                         オレ様も寝るsleepy

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ジジの田舎のお葬式

今年は本当にお葬式の多い年です

週末、亡きジジの本家でお葬式があり、おじちゃんに留守をたのみ新幹線で福島まで行ってきましたbullettrain

本来なら日帰りで告別式に参列したかったのですが、ババのショートスティの日程の関係で、土曜日、お通夜のみの参列ということにしました。

ジジの田舎は郡山から在来線に乗った場所にあり、お通夜が終わってからトントン問題なく鉄道subwayを乗り継げば何とか終電trainに間に合いそうだったのですが、どこかでトラブルでもあって野宿する羽目になっても嫌だったので、郡山の駅前に宿を取っておきました。

20170826_134340

ホテルを予約するにあたって、駅前のビジネスホテルはなかなか空き室がなく、ひとつ空いていた場所が普段より5000円近く高くて、びっくり…coldsweats02

この日は須賀川の花火大会impactshinenightがあったようで、浴衣を着た人たちがたくさん駅でウロウロしていました。

納得…think

先にホテルに荷物を置いて、着替えて出かけましたが、ジジの田舎への在来線は1~2時間に1本しかなく、会場に着いたのは、通夜の時刻の1時間以上も前でした。

さすがにまだ親族も来ておらず、ひとりポッつ~んcoldsweats01

120170826_154239

しかし、すごい花輪の数sign01 写真に納まりきれませんcoldsweats02

さすが、田舎のお葬式sweat01

そのうち親族たちがマイクロバスやら車やらでやってきました。

亡きジジは実家と付き合いが深かったのですが、私は親と一緒に数回しか行ったことのない場所です。

そして、ほとんどがもう遠い関係の親戚です。

その親族席の数は70名分以上ありましたsign01

皆、ジジのことは覚えていて、私に話しかけてくるのですが、私には誰が誰だか、どういう関係なのか、さっぱり…wobbly

ただ、ジジと同じような顔つきの人や、自分で言うのもなんですが、何だか私に似てるんじゃないかと思う人が何人かいて、ああ私の親戚なんだなぁと、妙にひとり納得していましたcoldsweats01

生後3か月くらいの赤ん坊から、90歳近い年寄りまで、老若男女の一族が揃い、通夜振る舞いの賑やかな席に座ると、私はただただ「凄いなぁ~」と感心するばかりでした。

そして、あまりボロを出さないうちにと、私は少し早めに失礼させていただきましたbleah

軽いカルチャーショックをうけた私は、帰り道、「こういうところは、お嫁さんたちって、とても大変そう…think」「でも、何かあっても皆で助け合っていくのだろうなthink」などと一人考えながら、ちょっと、うらやましくもなりましたcatface

さて、こちら…

今日は暑さが戻ってきましたが、日陰に居ると過ごしやすい日でした。

Img_2623

茶々丸も木陰で涼んでいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ああ、気だるい

7月は「雨rain降らないかなぁ」なんてブログに書くほどガンガン暑かったのにsun8月になってなかなかお日様が顔を見せてくれませんcloudsad

猛暑にくらべりゃ、ましなのかもしれませんが、妙~に蒸し暑かったりで、気持ちも身体も気だるい毎日ですdown

洗濯物t-shirtも「クサくならないうちに乾かしたい」と、外に出したり、家の中に入れたり、色々やっていますが、なかなかカラッと乾きませんbearing

Dsc_4788

                ピッタリサイズの洗濯かご~note

Dsc_4796

おじちゃんが家の中で育てているシソとパセリとバジルですが、とうとうバジルの植木鉢にキノコが生えてきましたsmile

久しぶりに何の用事もない日曜日の午後…

Dsc_4798

                疲れた時は昼寝が一番だよsleepy

不穏なババがしょっちゅう「塩分、水分こまめに摂ろうsign01」と言いながら台所の塩を舐めにやってきたり、「入れ歯はどこいったsign02」と何度も何度も洗面所をウロウロするし、落ち着いて昼寝をする気にもなれず、ただただボッケ~downと過ごしてしまいましたcatface

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ジジの新盆

今年はジジの新盆です。

東京のお盆は7月と言われていますが、どうもお盆というと8月のイメージがあり、私の夏休みの関係もあって、自分の都合でカネゴン家のお盆は8月と決めましたbleah

とは言っても仏壇を初めて持ち、お盆の事などさっぱり分からないカネゴン家なので、仏壇屋さんに相談して、色々取り揃えました。

「東京のお盆は7月なので、早く購入しておかないと、種類が無くなってしまいますよ」と言われ、6月に購入し、押入れにしまっておきました。

そしてババの居ない隙をねらって、ネットで調べたり、お盆慣れ?している友人wakeに聞いて何とか飾りつけましたcoldsweats01

盆提灯がそれっぽくないけれど、最近はこういう物も有りらしく、狭い場所に置けるちょっと洋風タイプにしました。

そして、お坊様は本日13日の2時にお経をあげに来てくれることになっていたのですが…

20170813_123657

今日のババは午前中からとても不機嫌annoy 

「お坊様が見えるから、布団片づけようね」と言ったら不機嫌がピークに達してしまいましたimpact

仕方ないので、布団を茶の間に引っ張ってきたら「私の住む場所なんてもうないんだannoyああ死んでしまいたいimpactimpactimpact」と言ってフテ寝してしまいましたbearing

ああ新盆なんてメンドクサイ、こっちまで不機嫌になりそう…sad

お坊様は予定より30分早くいらっしゃいました。

「まあ、ババはフテ寝させときゃイイや、ちゃっちゃとお経をあげてもらって済ましちゃえ~」と不謹慎極まりない気分になっていたところが…

お坊様が家の中へ入って来た途端、ババの「よそ行きスイッチ」が入りましたcoldsweats01

「まあ、本日は大変ありがとうございますnote供養していただき、故人もどんなに喜ぶことかup

お経をあげている間は…

「これ誰のためのお経? 私のダンナ?」「戦争という時代を生き、特攻の生き残りで……」としゃべったり、泣いたりで、まあ家族だけの新盆で良かったわsad

お経が終わったらお坊様に…

「ああ私はここまで生きていて良かったnotes あなたも、これからは貧しい人、苦しい人たちのために頑張ってくださいsign01」と何度も何度も繰り返す始末sweat01

お坊様に説教してどうするのsign01

それにさっきまで、死にたいって言っていたじゃないのsign01angry

お坊様はちょっとガラッパチな感じの方でしたが、ニコニコ頷いてくれて、助かりましたcoldsweats01

ババの機嫌の良いうちにと、ジジの迎え火を焚くことにしました。

20170813_152350

新盆の白紋天は玄関に置くタイプにしました。

灯りをともすと綺麗です。お盆が終わったら処分するのがもったいないくらい…coldsweats01

20170813_143015

迎え火を焚くのを見ながらの会話…

「何してるの?」

「これで、ジジが帰ってくるんだよ」

「えっ、私を迎えにくるの?coldsweats02 嫌だ~sweat01

ああジジ~ 早くババを迎えに来てよ~~sad 

またまた不謹慎なことを考えるカネゴンなのでしたsmile

20170813_081203

               オレ様は勝手にさせてもらうぜ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

千人針

8月に入りました。

先日、親の家を片づけた時に、見つけてもらった物があります。

父が先の大戦に出征した時の、旗と千人針です。

小さい頃に見せてもらった記憶があったので、どこかにあるだろうとは思っていましたが、探し出せないでいました。

20170729_104546

家に残っていたものは、すべて処分してもらいましたが、さすがにこれは持って帰りました。

千人針には虎の絵が描いてあり、「五銭」と「十銭」が縫い付けてありました。

Img_2620

虎は千里行って千里帰る、死線(四銭)を越える、苦戦(九銭)を越えるという縁起を担いだ物で、実際には何の役にも立たないものですが、当時これを作った人はどんな思いだったんだろう、受け取った当人はどんな気持ちだったんだろうと考えさせられました。

おそらく祖母(父の母親)が千人針と一緒に渡したと思われるお守りも一緒にありました。

お守り袋の中には、何枚かの御札が入っていて、なぜかしら紐の部分には十字架まで付いていました。

20170729_104724

戦後、無事に帰ってきた時「お前、幽霊か?」と言われたと、生前父がよく言っていました。

おそらく母親は、特攻隊であった父を見送るときに覚悟はしていたものの、それでも、とにかく生きて帰ってきてほしいという気持ちで、神様にも仏様にもありとあらゆるものにお願いしたのではないかと思います。

これらの物は仏壇の引き出しにしまっておくことにしました。

 

もうすぐ終戦記念日です。

今、世の中は再びちょっと危ない状態になっています。

Img_2617

こんな幸せな時間が失われることがないよう、平和を祈るばかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

親の家を片づけた

梅雨が明けた途端sun梅雨ような天気が続いていますcloudrain

空き家になってからもうすぐ4年になる親の家を、金曜日、土曜日2日かけてやっと片づけ終えました。

ババをショートステイに預け、今回は私一人で、近くに宿を取って行ってきました。

金目の物dollar大切な物ringは、すべてこちらに持ってきたので、残っているのは思い出の品とガラクタばかりです。

ジジが使っていた部屋だけでも、この通り、まだまだスゴイ状態ですsad

20170728_124335

5月に少しリサイクルショップrecycleへ持っていったりもしましたが、交通費と昼飯代くらいにしかならず、ババの在宅介護をしながら少しずつ片づけるのもストレスがたまる一方なので、もう業者にお願いすることにしました。

とは言っても、どこに頼んだらよいのやら…think

ただ捨てるだけなら市内にある産業廃棄物業者に頼んで、何もかまわず片っ端から全部処分すれば、手っ取り早いし、費用も安いのでしょうが、両親が結婚してから60年、この家に住んでから40年の思いが詰まっている品々と思うと心苦しく、なかなか踏ん切りがつきません。

結局あれこれネットで調べて、評判がよさそうな遺品整理業者のエバーグリーンというところにお願いすることにしました。

作業の人が7人で丸2日かけて整理し、リサイクルrecycleできる物できない物に分別し、片づけてくれることになりました。

20170728_124444

押入れの中、箪笥の中の物を全部出して、テキパキ仕訳けています。

私はほとんど何もすることなく、時々要るか要らないか確認するだけです。

残しておきたいな、と未練が残るものも多くありましたが、我慢weep我慢sweat01写真だけ撮っておきました。

まだ使える足踏みミシンです。

20170728_124701

私が小学生の時までは、たいていの服はババがこれで縫ってくれました。

幼い頃、私はよくこの足踏みの所に潜って遊んでいたものです。

20170728_124730

ジジババが結婚の時にお祝いでもらったという柱時計ともお別れです。

ミシンも柱時計も、また誰かに使ってもらえそうです。

普通なら捨ててしまうような普段使っていた食器なども、海外で必要としている国があるからと、丁寧に包んで箱にしまっていました。

もちろん、これらの物は買い取りはしてもらえませんが、海を越えた向こうの誰かが再び使ってくれると思うと、心が安らぎますconfident

20170728_170406

一方、廃棄する物を積み上げた部屋は、ゴミ屋敷のよう…coldsweats01

20170729_100844

「廃棄する家具は、小さくすれば廃棄代が安くなるけれど、思い出の物を切り刻むのが嫌でしたら、そのまま出しますよ」と言ってくれましたが、これには未練なく「小さくお願いしますsign01」と即答しましたbleah

20170729_102026

こんなものまで出てきましたcoldsweats02

昔、ジジが山の仕事をしていた時の熊の毛皮です。

昭和30年代前半のものだと思いますが、今の時代なら、ありえない~sign03

20170729_095623

2日目の午後、産廃業者のトラックが何往復かして、ようやく片付きました。

20170729_130034

家の中の掃除もしてくれ、すっかり綺麗になりました。

20170729_134516

リサイクルできるものは、エバーグリーンのトラックに積み込み、業務終了です。

アルバムや個人情報の物も持って帰って、会社のほうの焼却場で処分してくれることになっています。

アルバムも懐かしいものがたくさんありましたが、我慢して処分することにし、何枚か写真を撮っておきました。

 

鬼籍に入ったジジと、ボケちゃったババの婚約時代の写真…smile

20170728_151337

とても幸せそうに笑ってるけど、60年後に娘がこんなに大変な思いをしているなんて、夢にも思っていなかったでしょうよimpact

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

アブラムシ退治

毎日暑い日が続きsunうんざりしていましたがsad今日は朝から曇りでcloudちょっと涼しくホッとしました。

かなり前から梅の木に大量のアブラムシcoldsweats02が大量発生していて「殺虫剤を撒かなきゃthink」と思っていたので、こんな日cloudがチャンスですflair

「言われてやりたくないpout」とブツブツ言いながらも、おじちゃんが頑張ってくれましたgood

Dsc_4763

                オレ様、庭にいちゃいけないの?

Dsc_4773

                  なんでだよannoy

Dsc_4769

茶々丸にかかったら毒だからねdanger

1dsc_4782

                 鍵あけてでも出てやるsweat01

…と張り切っても所詮無理よsmile 諦めて二階でフテ寝していましたcat

そして、間もなく雨rainが降り出しました。

せっかくの薬剤が流れてしまわなきゃ良いのだけれど…weep

午後からは義弟夫婦がお義母さんのお見舞いに来て、皆で病院の喫茶室でケーキcakeを食べましたdelicious

今日のお義母さんはとても頭がはっきりしていて、ケーキ代は私のお金から払ってねと言ってくれましたnote ごちそうさま~happy01

一方、うちのババはボケボケsad

義弟夫婦がジジにお線香をあげに寄ってくれましたが、なんと亡くなったのは「カネゴン家のおじちゃん」ということになってしまいましたcoldsweats02

おい、おい、私のダンナを殺さないでくれ~impact

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧